BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長(31)※もう、離さない…※R描写あります。ご注意を。

恋人は副会長(31)※もう、離さない…※R描写あります。ご注意を。

※少しだけNL描写あります。抵抗ある方は・・・って、あります?※

借りた竹刀で、まずは玄関と思しきの入り口。
竹刀を構え、玄関の窓があっただろうと思われる箇所の端。
そこからは、灯りが漏れている。
まずは、そこを突いた。

ガッシャーン!

ふんっ、ビンゴだ。
バタバタバタッと音が聞こえてくる。
玄関の脇は道路だ。
そっちの方に身を隠しては少し待った。

バタンッ!と音がした。
でも、こちら側には来ない。
覗いてみると、入り口は空きっぱなしで、住人は向こうに走ってる。
まあ良い、先にコウキだ。
中に入ると、わりと小奇麗になっている。
上から音が聞こえる。
灯りだと思っていたのは、懐中電灯だった。
その懐中電灯が置かれている所は、階段の下。
その階段を上がっていくと、音だと思っていたのは声だと分かった。

 「ふふっ…。若い子って良いわね。あぁ、気持ちいい。
ねえ、もっと動いて…。動くのよ、動きなさいっ!」

パシッ!

 「いっ…痛いっ、何する…」
コウキの声だ。
あの女はコウキに何を…。

そう思ってると、音が…足音が聞こえてきた。
 「あいつじゃないなんて…。誰だったんだ?人ん家、壊しやがって…」
サワダが戻って来たのか。
ちょうど良い。俺は、今は階段を上りきったところだ。
位置的には、こっちの方が有利だ。
しかも、俺は非常ーに腹が立っている。

階段を上がってくる音が響いてくる。
竹刀を持った腕を、前に突き出して待った。
少し経つと、何かに当たった気配がした。

すると。

ダダダーン…。
何かが落ちた音がした。
電気が点いてるのは階段の一段目だけだからな。他にも点けろよ。
 「う…な、なんだ今の…」
サワダが落ちた音だったのか。
暫く待つと、息遣いが下から聞こえてくる。
はあ…、はあ…、はあ…。

竹刀を縦に構え、面を取る位置に持って来た。
息遣いが迫ってくる。
あと一歩だ。
はあ…、はあ…。

(面っ!一本!!)と、心の中で叫び、竹刀を振り降ろした。
 
 「っ…」
ズダダダーンッ…。

 「なに、煩いわね。おちおちエッチも出来ないじゃない。」
あの女の声が、階段の方に向かってくる。
 「サワダ?私は、あの子をモノにしようとしてるのよ。邪魔しないで!」
誰がさせるかっ。
そう思い、竹刀を横に振った。
 「ぐっ…なに、サワダ。もう少し待ってて、代わってあげるから。」
もう一振り、横に振った。
 「うっ・・」
 「貴様っ、人の母親殺しといて、今度は、あいつを自分のオモチャにするつもりか…」

 「その声、マサ?やっぱり、私の元に…」
 「よく人の面を見るんだな」
 「マサ…え、誰?」

その女の髪を引っ張ると取れた。
ああ…ヅラか。
 「な、何するのっ!私の…」

俺は、それを階段の下に落としてやった。
 「そんなに大事な物なら、自分で取りに行けよ。」
俺を睨みながら、マッパの女は、自分のヅラを取りに降りてる。
その背中を竹刀で触れてやった。

ダダダーンッ・・・。

 「っ…」

まだ欲求不満だが、早くコウキを取り戻して警察に行かないと。
時間切れになりそうだ。
さっき声のした辺りに行くと、ベッドが見える。
ベッド脇には懐中電灯で灯りを点けている。
その灯りに照らされたベッドには、コウキが横たわっていた。
 「コウキ。コウキ大丈夫か?遅くなってすまない。助けに来た。」
 「ふっ…、ふくっ…」
 「ん…、服は何処ですか…か?」

小声だが、コウキの意識はしっかりとしてる。
 「意地悪っ。副会長…」
 「コウキ…」
 「ふっ…、ふっ…」

 「大丈夫だ。もう大丈夫だ。」


俺は、コウキを思いっきり抱きしめた。

 


☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
そして、今回も、場所は拉致られた場所のpart4・・・の続きですね。

やっとのことで、コウキを抱きしめることが出来たフミオ。
そして、対決はどうした?_?


1周年記念SSを書くため、人気キャラ投票を実施しております。
ご協力お願いします(o*。_。)o







※※※

ランキングに参加してます。プチっと押してくださると嬉しいです↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ