BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長(23)※副会長のニヤつきの図※

恋人は副会長(23)※副会長のニヤつきの図※


その日の昼休み。俺はiPhoneを起動してみた。
もしかしたら、と思ったからだ。
着信通知がある。副会長からだ。
 『土曜日なら空いてる』
一行レスだったが、それでも俺には嬉しかった。
なので、返信した。

ブー…、ブー…。
iPhoneが振動している。
メールの着信だ。コウキからだ。
 『土曜日、何時に来られますか?』
そういえば、場所を知らないな。

ブー…、ブー…。
はいはい、副会長からかな。
そう思い、iPhoneのロックを外した。
 『10時に。場所を教えて欲しい。』

ブー…、ブー…。
ロックは外したままにしている。たぶん返信は直ぐに来るだろうと思ったからだ。
コウキからのメールには住所が書かれてあった。
それと、もう一つ。
 『添付しても良いですか?』
その問いに返信した。

ブー…、ブー…。
あ、着た。副会長からのメールは、簡単に予想がついてた。
予想通りの『OK!』との文字だ。


ブー…、ブー…。
そんなに待たないうちに返信が着た。
 『添付有り』とタイトルに書かれてあり、クリックした。
すると、コウキの手書きで、学校からの道順の地図だった。
高校からのと、なぜか中学からの道順もあった。

その時、ふと気が付いた。
この地図って…。
あいつ、昨日はどうやって帰ったんだ?
帰り道、分かったのだろうか…。

その時、昼休み終了の予鈴が鳴った。
 『ありがとう』
それだけ打って、送った。




放課後。
いつも通りに生徒会室に行く。
俺の頭の中には、一つの事しかなかった。
 「コウキの家に行く」
そう思うと、口元が自然とニヤつくのが、自分でも分かった。


 「失礼しまーす。」
ドアが開き、声が聞こえた。
 「あれ…なんか機嫌良さそうだね。今朝は、珍しく走って来るし…。
なにか、あったの?」
テルだ。
 「ああ。」

 「え…なに、それだけ?」
 「別に言う必要ないだろう。」

まあ良いけどね…、と呟きながらテルは、封を渡してくれる。
 「これね、言われてた松岡靖男の資料。それを見て、俺は驚いたよ。
あいつはヤリマンなんだね。
1人の人間に固執しない。抱いたら、すぐ次のを見つけるらしい。」

テルの言葉を聴きながら、封を開けては読んでいった。



☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
メールでの、二人のやり取りです。

ニヤケテル副会長に、高田書記の一言。
(〃∇〃) てれっ

※※※

ランキングに参加してます。プチっと押してくださると嬉しいです↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村 
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ