BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長(16)※抜けがけ・・・※

恋人は副会長(16)※抜けがけ・・・※

宮田副会長は生徒会室に戻った。
だが、先ほどのやり取りが頭から、耳から離れない。

コウキ、松井弘毅。
俺より身長は低いが、ユウよりは高い。175か176位だろうか…。
大人しく真面目で、頑張り屋な奴。
天然な所も見受けるが、根は大人しく優しい。
ピアノも上手で、俺と同じ絶対音感を持ってる奴だ。
仮入部の初日に、オヤジの笑えないギャグに、唯一笑っていた。
しかも、初見でアノ曲を弾いてるのを耳にした時は驚いたが、その反面嬉しかったな。
あの後テルが来なければ2人っきりだったのに…。
テルが俺を探しに軽音の部室へ来たので紹介したら、コウキは本当に嬉しそうにしていた。
そんなコウキを目の前にして、俺は嫌な気持ちがしたんだ。
 『伝説のイケメンボーカル・テル』
そう言われてテルも苦笑しながらでも嬉しそうにしていたし。
でもテルはマサと恋仲だ。
コウキは、どう思ってるのだろうか…。


あー。
くそっ…、気になって仕方がない。
仕事にならない。
本来なら総会を機に軽音部とは切れないといけないのに…。
でも、七夕祭の事もあり、まだ切れない。
なにしろ今年は主催校だからな。

コウキ…。
最近は、すぐにアイツを思い浮かべてしまう。
期末試験の勉強を生徒会室で、と言っては生徒会室に押しかけて来たし…。
コウキに勉強を教えるのは良いが、これが1人だけではないからな。
他にも3人がくっ付いてきてた。
まあ、この4人には生徒会メンバーになってもらうから、と顧問や教師連中には了解を得ているから良いのだけど。
2学期に入ると、引き継ぎをしていかないといけないな。


ユウは「キスをした」と、あいつに言ってた。
あいつは「コウキが中1の時、上半身にキスマークを付けた」と返していた。

コウキは、どう思っているのか?

あー。
もうっ、クサクサする。

何の為に、俺が軽音に行ってるのか、あいつは分かってないだろうな。
俺の頭の中の大部分を占めてるのはコウキなんだから。
そろそろ気持ちを言って、このイライラとかモヤモヤをすっきりさせたいな。

そう思うと、覚悟を決めた。
宮田副会長は、その覚悟を行動に移した。

コウキがチャリ通学なのは、本人から聞いて知ってる。
だから、場所はチャリ置き場だ。
一緒に帰ろう。

チラッと腕時計を見ると、16時半になろうとしている。
メアドは知ってる。
勉強を教えてた時に互いに交換していたからだ。
メールを送り、先に自転車置き場に向かった。




※※※

ブー…、ブー…。
あ、iPhoneが鳴ってる。
メールだったので無視しようと思えば出来る。
だが、無視できなかったコウキはメールを開けて見ていた。
それには、たった一行だけだった。

 『今すぐに会いたい。自転車置き場で待ってる。』


え…!
目を瞠っては、何度も読み返していた。
送り主は、宮田文雄副会長。
それに…生徒会室ではなく、自転車置き場?
こんな時間に?


コウキは、部長に急用ができたからと言っては、早く帰らせてもらった。



☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
生徒会室で、宮田副会長は悶々とイラついてる模様。

そして、行動に移した。
メールの相手はコウキ。
ドキドキ(*‘∀‘)

※※※

ランキングに参加してます。プチっと押してくださると嬉しいです↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ