FC2ブログ

俺はノーマルだ。お前と一緒にするな! (31) R18! 性描写あります。抵抗ある方はスルーしてください。

 ふいに顔を持ち上げられる。
 「ほら、もっと声を聞かせろ」
 「っ……」
 「啼け、喚け、よがれっ」
 「あ……」

 「もっとだっ」
 「やめろー!」

 「違うだろ。そこは”もっと”と強請るもんだ。ほらっ」

 強く腰に打ち付けてくる。
 「いっ……」
 「痛い筈は無い。お前のは滲み出てるぞ」
 そう言いつつも、俺の先っぽを触ってくる専務の手は優しい。
 「め……」

 その手が指が先端に触れてくる。
 爪を立てられる。
 「んんっ」
 「顔が見たいな。こっち向け」

 誰が見せるもんか。
 しかも専務は俺の頬を舐めてくる。
 「め……」
 「見せろ」
 「か………、た、すけ」
 「違うだろ。俺を呼べ」
 「やだ……」
 「岡崎、俺を呼べ」

 専務の声は段々と掠れてきている。
 やめろ、そんな声だなんて聞きたくない。
 聞かせるな。
 「お、俺は……、くぅ……」
 「お前は、俺のだ」

 専務の動きは激しくなっている。
 「俺は、俺は変態じゃないっ。誰か、誰か居ないのかっ!」
 「居たとしても、こんな格好見られたらどうするんだ?」
 「罰を受けるのはどっちだ?」
 「専務と秘書。はたして、どっちの言葉を信じるかな」
 「何を言って……」

 専務は力を入れてくる。
 「ああ、イク……」

 そう言うと、腰を捕まえられた。
 「やめっ……」

 叫んでいた。
 「嫌だ――!
 誰かっ!
 誰か、助けてー!」




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



助けはくるのか?

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment