FC2ブログ

俺はノーマルだ。お前と一緒にするな! (12) 性描写あります。連投失礼します!

 いきなり乳首を噛まれた。
 「いつっ」
 「痛みは快感に変わる」

 その言葉に利根川を睨んでやる。
 すると自分の中で何かが膨らむのが分かる。
 「え…、嘘だろ…」
 「そんな顔で睨まれても効果はない。煽るだけだ」

 手加減しない。
 そう言うと、利根川は俺の腹を強く吸ったり舐めたりしてきた。
 俺は声が漏れそうだったから、枕を手放せなかった。
 歯を食いしばっても枕を噛んでいても、そんな俺を嘲笑うかのように利根川は勝ち誇った声を出してくる。
 「良い格好だな。ベテラン秘書も人間だ」

 何も答えないと、次々と言ってくる。それは、普段から思っているのだろう。
 挙句の果てにはこうだ。
 「何か言ってみろよ。枕を人質に取れると思わない事だな」

 誰が思うかよ。
 
 「言わんと、3回目もいくぞ」

 冗談じゃない。
 1回だけでも嫌なのに、なんで、そんなにもされないといけないのか。
 でも、今の俺には声になってないのが分かる。

 枕を取られる。
 「ふ…、イイ表情だ。もっと乱れさせてやる」

 俺の中で利根川のは益々膨らんだ。
 「め…」

 利根川は実に楽しそうな表情をしている。それは、獲物を手にした悦びからくるものだ。
 こいつの秘書をしてたからこそ分かる表情だった。
 「岡崎、声を出せ」

 利根川が動くと、俺の身体も動く。
 「く…」

 掠れ気味な声が耳元で聞こえてくる。
 「もっと聞かせろ」
 「ふ…」

 何かにしがみ付きたい。
 「俺にしがみ付い取れ」
 「あっ」

 2度目のフィニッシュを迎えた。
 だが、利根川は動かない。
 「声を出さないと感じてるのかどうか分からんぞ」
 
 るさいなと思っていると、利根川は言ってくる。
 「それでは、2回目も終わったという事で」

 終りか、やっと終わったんだな。
 そう思ってた。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment