FC2ブログ

俺はノーマルだ。お前と一緒にするな! (4) R15!性描写あります 

 急に耳元で声がした。
 「独り言は終わったか」
 「え、な、何でっ」


 危ない、危ない。
 いつの間に、こんなに近くに居たんだ。
 専務を押し退けて距離を取る。

 「おっと……、素早いな」
 「あまりにも近過ぎです」
 「近付いたのに気が付かなかったのだろう」
 「それでは失礼させて頂きます」
 「まだ半分残ってるって言ってるだろ」
 「たしかにマンションまでお送り致しました。失礼します」
 「待てって言ってるんだっ」
 「待ちませんっ」

 足で引っ掛けられそうになるのでジャンプして躱す。
 「よっと……」
 「む、何で……」

 えーとぉ、玄関ってどっちだ。
 中に入ったことが無かったから分からないけど、ここって広過ぎ。


 何かが後ろから…。
 くるっ!

 横道が両側にあるので左に曲がったら、金色に光り輝いている矢が真っ直ぐ飛んで行った。
 え、矢…?
 矢って、何?
 あの人、今度は飛び道具かよ。

 そう思っていたら気配を感じたのでしゃがみ込んでやる。
 その時に、専務の専務を確信持って蹴ってやる。
 「くっ…、かざ、きぃ」 
 「それでは」

 しゃがみ込んだまま横をすり抜けて左に曲がり、矢が突き刺さった壁に向かって左に曲がると玄関だった。
 おお、ゴールだ。

 だが、何かが迫ってきている気配がする。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ




”専務の専務”を故意に狙ったので、R15!性描写ありにしましたw

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment