FC2ブログ

秘書の育成研修 最終話 ※エピローグ・弐※

※ 岡崎視点※


 トントンッとノックされる。
 誰だろうと小窓を開け見ると利根川専務が立っている。
 「専務、どうされたのですか?」
 「もう上がりだろ」
 「常務と、お約束でも」
 「いや。岡崎君、君にだよ」
 「え、私ですか?」

 なにやら怖い位に笑みをたたえている。
 「先週、私に何をしてきたか覚えてる?」
 「先週、ですか?」

 (先週って何かあったっけ)
 そう考えこむと、専務の声が聞こえてくる。
 「君は、私の股間を蹴り上げてくれたよね。私はしっかりと覚えてるよ」
 「ああ、あの時の…」
 (ああ、あの研修が終わった時の事か)

 「落とし前を付けて貰う」
 「え、落とし前って…」
 (はあ、何を考えてるんだ。そっちがチカン紛いな事をしてきたからだろ)

 「今週の金曜日、岡崎君は私をマンションまで送る事」
 (送迎しろって事か)

 思わず応じていた。
 「送るだけならいいですよ」
 「それじゃ、金曜よろしく」
 「はい、分かりました」

 何を考えてるのか分からないが、送るだけでいいなら可愛い見返りだな。













 (終わり)
 
 



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


長かった夏休みも終わりました。
ありがとうございました<(_ _)>

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment