FC2ブログ

秘書の育成研修 (43) 決めた!

※徹視点※

 優介の護身術を選んだのは、優介と一緒に居れるからだ。
 悪役に扮したのに、蹴り上げてきて…。
 うー…、痛かったなあ。

 でも、師匠とジャージの人の組み合いを見て感動した。
 師匠の空手の連発を見た時は震えがきた。
 七連発と八連発。
 しかも2人だけなのに異種混合だったし、俺には異種は無理だなあ。
 やっぱり、六段を取る。

 意気込みが強まった。

 なのに、優介の奴はあ…。
 俺の気持ちを知らないくせに、異種混合でさせやがって。

 しかもあのジャージの人にも投げられるわで、本当に参ってしまった。

 皆が皆、少林寺や合気道ならなんとかなるだろうけど、異種混合ができる人って憧れるなあ。
 やっぱり、強い人とやりたいよな。
 師匠の道場に通ってる人って、夜の部では、ほとんどが三段四段以上の人だから相手に不服は無いんだよね。同じ伍段の人もいるし。でも、土日の昼間は仕事で来れない人が半数。それでも、親の道場よりは人数が桁違いに多い。
 親父の得意とするのは柔道で、だからこそ柔道を習いに来る人が多い。師匠は空手と手刀を得意としているが少林寺と合気道も師匠級の段を持っているので、空手だけでなく少林寺と合気道を習いに来る人も多い。
 それは、各道場の色の違いだ。

 
 どうしよう。
 このまま師匠の道場にしようか。
 そうなると親の道場を破門にならないと、来れない。

 どうすれば破門にさせて貰えるかな。
 今のままでは無理だから、どうすれば…。

 サキ姉に相談しようか。
 いや、サキ姉から卒業するんだ。
 いつまでも頼らない。

 そうだ。
 長髪だったのをバッサリと切った、あの時を思い出せ。
 大学生になってまでサキ姉の人形になりたくなかったから切ったんだ。
 そして大学の4年間、家を出て一人暮らしをしたんだ。
 
 バイオリンを奏でていた時は被れと言われ鬘を被っていたが、遅かりしの反抗期だった。

 サキ姉。
 俺は、今でも思ってるよ。
 俺なりに人生を暮らしていくんだって。

 決めた。
 俺は、サキ姉から抜け出す。
 シスコンから卒業してやる。
 サキ姉もブラコンから卒業しろよな。


 親父には正攻法で理詰めで言ってやる。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


覚悟を決めた徹でした。
はたして、シスコンから卒業できるのか?
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment