FC2ブログ

秘書の育成研修 (23) 

 DVDの内容にショックを受けたのか、さすがの峰岸も何も言えなかった。
 お蔭で、40分間、最後まで通しで見てしまった。
 「あ…、もう1回。もう1回、一部の方だけでも良いかな…」
 
 返事は無かったが、皆は頷いてる。
 あの嫌味好きな冴木も固まってる位だ。
 流石、常務をしていただけの事はある。
 明智常務、いや明智さん、ありがとうございます。

 しかしテストって、どんな風にしよう。

 元々、東響大学で理事長をしていた”手袋”こと明智元常務の父親は、英国の執事養成学校に通って桑田家の執事になった人物だ。しかも、得意なのは英国英語とフランス語。
 喋れと言われればドイツ語とイタリア語も喋れるオールマイティな人物だ。
 その人が作った心得だ。
 その心得を元に、山岡の母は作ったのだ。


 一部を見終わった峰岸は一時停止にする。
 「時間の都合上、テストをします」
 「テスト?」
 「心得を見ながらで良いので、そうですね…。上二役の秘書。それぞれ誰か一人ずつ代表としてやって下さい」

 上二役の秘書とは、社長秘書と副社長秘書の事を指す。
 ちなみに役付き秘書とは、専務や常務の重役秘書を指す。
 そして、長付きとは、部課長秘書の事を指す。

 その上二役の秘書は1人として動こうとはしない。

 動きの無い上二役秘書に溜息が出る。
 仕方ないなあ…と思い、山岡は名指しする。
 「塩田君」
 「は、はいっ」
 「立って、前に出よう」


 このDVDが手元に届いてから何度も見てるので分かっている。
 時々、心得を見ながら山岡は塩田を育成していく。
 
 「さすが山岡君」
 「副社長秘書してるだけの事はあるなあ」
 「そろそろ専務のメインになるんじゃないかな」

 峰岸さんの声がマイクから聞こえてくる。
 「2人ともありがとうございます。それでは第二部の方です」






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


段々と、『俺様ボス~』シリーズの登場人物がさらけ出されていきますね~
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment