FC2ブログ

秘書の育成研修 (6) 

 シャリンッと音が鳴る。
 「あれ…」
 「珍しい…」

 「しっ]
 と唇に人差し指を当てて黙れと無言で言ってやる。

 「何ですか?」と聞いてくるが、こっちこっちと手招きして奥に入り2階へと上がる。
 自室に入った高瀬は、やっと安堵の溜息を吐いた。
 「はあっ…」

 その高瀬にバイトKは声を掛けていた。
 「どしたの?」
 「今、岡崎と峰岸が来てる」
 「ええっ」
 「何で…」

 「2人とも何か知らないか?」
 「ううん、まったく」と首を振るバイトKと、
 「まったく何も」と返すバイトYだ。

 その2人に高瀬は言ってやる。
 「掛け持ちしてる事バレるなよ」

 うんうんっと力強く頷いたバイト2人はどうするか悩んだ。
 「今日は休もうかなあ」と言ってるバイトKこと桑田政行に、
 「今日は何の打ち合わせでしたっけ…」と聞いてくるバイトYこと山岡だ。

 高瀬は溜息を吐いていた。
 「帰っても良いぞ」
 「え、良いの?」

 「俺だって帰りたい」
 「高瀬さんは、ここでしょう」

 「まあ、高瀬の気持ちは分かるけど」

 バイト2人は、高瀬の私室でジッとしていた。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


そう、奥に逃げ込んだ男性は、社長秘書だけでなく常務秘書をもしていた高瀬でした。

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

ますみ  

二人合わせてKYだっっ( ´艸`)
この際、着ぐるみでも着てシラを切りとおすのも楽しいかも!

・・・出来るかな?

2018/09/26 (Wed) 21:28 | REPLY |   

福山ともゑ  

Re: タイトルなし

ますみさんへ

> 二人合わせてKYだっっ( ´艸`)
そのようなツッコミがくるとは思いもしませんでした。
高瀬のTを加えるとKYT、空気読めないトリオ。
あははっ(≧∀≦)

おおっと危ない、三人に睨まれるわ…


> この際、着ぐるみでも着てシラを切りとおすのも楽しいかも!
>
> ・・・出来るかな?
見つからなければ良いのよね
どうでしょう?


2018/09/27 (Thu) 00:12 | REPLY |   

Leave a comment