FC2ブログ

ぼっちのクリスマス (11) ~R18!連投失礼します。18歳未満&抵抗ある方はスルーして下さい~


本当に、テクニックが良くなったみたいだ。
気持ち良い。
だけど、そこばかりしないで欲しいな。
 「ね、トニー…」
 「ん」
 「そんなに丁寧にしなくて良いよっ」
 「分かった」

トニーの身体が離れた一瞬、俺はトニーの上に覆い被さってやった。
 「お、おいっ」
 「今度はトニーの番なの」
 「まだイッてないだろうが」
 「俺は、される方で無く、する方なの」

そう言うと、トニーの尻の穴に指を入れてやる。
なにしろ、さっきのトニーの愛撫で、自分のは溢れ出てヌルヌルしていたせいか、それを握っていた指もヌルヌルとしていたからだ。
トニーの声が、苦しそうな喘ぎ声になった。
 「ぐっ…」
 「さあて、今度はトニーを虐めてあげるね」
 「は、あぅ…」

トニーの穴の中に遠慮なくズブズブと挿し込んでいく。
 「あ…、ああっ」

締められる。
 「ん、きつっ」

暫らく待ってると、緩んできた。
ゆっくりと、確実にイイ所を突いてやる。
 「あ、あ、ああ…」
 「イイ顔してんじゃん」
 「い、う、な…」

抜き差ししていた人差し指を、1本ずつ増やすのがもどかしくて3本にして差し込んでやった。
 「あー…」

トニーのモノは膨らんできて、先端に触れると滲んできた。
さっきトニーにされた事をしていた。
裏とか筋を丁寧に舐めてやる。
指は、トニーの中に挿し込んだままで。
 「は。あ」

舌を使って、トニーのを丁寧に扱いてやる。
ちょろちょろと出ているモノを先端と一緒に舐めてやる。
ビクッと身体が揺れた。
トニー、感じてくれてるんだ。
そう思うと、指を抜いて自分のを当てがった。
 「ジュン…」
 「ん、貰う」
 「お前のだろうな」
 「もちろん、他には持って来てないよ」
 「なら、良い」
 「ん…」

たまにローターを持ってきてトニーの中に突っ込んでやる事があるので、聞いてきたのだろう。
大丈夫だよ。
それに、今日はドイツから戻って来たばっかりだからね。







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


R18!の連投、失礼しました<(_ _)>
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment