BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP夏休みは沖縄旅行(利根川&高瀬) ≫ 夏休みは沖縄旅行 後半(28) 桑田専務&瀬戸常務編

夏休みは沖縄旅行 後半(28) 桑田専務&瀬戸常務編

※桑田専務&瀬戸常務※


いきなり瀬戸の声が耳に飛び込んできた。
 「桑田専務、どうやって行きますか?」
その問いに、桑田は不気味な表情で返してやる。
 「実は…、No.1以外の小屋は、場所を知ってるんだよ」
 「ええっ!ほ、ほんとですか?」
 「声が大きい」
 「あ、すみません…」

声のボリュームを落とし、瀬戸は聞いていた。
 「来られた事あるのですか?」
 「何度か」

桑田専務は瀬戸常務に選択肢を与えてやる。
 「道中を楽しみながら小屋に行くのと、小屋に行き、ゆっくり遊ぶのと、どっちが良い?」
 「うーん…、両方って言ったり」

桑田は決めたみたいだ。
 「それなら、No.2の小屋にするか」
 「はい」
 「私は道を知ってるから、瀬戸君が先頭ね」
 「え…、は、はい、分かりました」


普段は皆を統括していく重役リーダーという肩書と重みを感じながら仕事していた。
副社長が社長になると、自分は副社長の座が待っている。
それは、坊ちゃんがアスリートしてた時から言われてた事だ。
だが、坊ちゃんは常務になり、社長秘書をしていた高瀬は辞めてしまった。
明智が会社を辞めたのも想定外だった。
何をしでかしたのかは知らないが、明智が辞めたお蔭で重役の均衡は崩れてしまった。
峰岸は坊ちゃんに取られるし…。
今回のパートナーは瀬戸だから、まだ許せてるんだ。
これが坊ちゃんだったら、私は勝手に一人で小屋に入って行っただろう。


先頭を歩いている瀬戸は、バカな事は言えない、冗談も通じない相手とパートナーになったお蔭で緊張していた。
変な冷や汗が出そうだが、専務の前を歩いてるのでバレる事はない。
No.2って、どう行けば良いのだろう?
こんな簡単な地図だと、真っ直ぐ行けば良いのだろうか。
まあ、桑田専務は道を知ってるみたいだから、間違えたら何か言ってくるだろう。

ああ、駄目だ。
喉が渇いた。
それに暑いし、まだ安藤島の方が良かった。

それもそうだろう。
瀬戸は終わりの方しかゲームに参加しなかったのだから。
あの時の皆の過酷さは分からない。
水分補給しながら、瀬戸は歩いていた。


桑田専務は何も言ってこない。
こっちから言わないと何も返してこない人だ。
全然、楽しくない。
安藤専務の方が良い。
でも利根川専務でも良いな。
煩いし意地悪だけど扱い易いからな。


どれ位歩いただろう。
もう、しんどくて歩きたくない。
そう思っていたら、水音が聞こえてきた。
その音に近付く様に歩を進めた。
音からして、これは沢とかではなく滝かな。
ヒンヤリとする場所に導かれるように歩いていた。
ガサガサと繁みを掻き分け、現れてきたのは小ぶりの滝。
 「涼しい…、気持ちよさそうだ」

その滝に近付き覗いてみると、水は澄んでいる。
嬉しくなって、顔を洗っていた。
一口、口に含み口の中をゆすぎ土に掛ける。
ああ、さっぱりした。
リュックを下ろして中からハンドタオルを取り出し、滝水に濡らし軽く絞ると顔に当てる。
 「あー…、気持ち良い」


桑田は声を掛けようとしたが、瀬戸の姿は見えない。
 「瀬戸…?あれ、あいつ何処行ったんだ」
自分の目の前を歩いていたのに、何も言わずに何処かに行ったのだろうか。
こんな別行動を取る様な奴ではないのに。
それとも暑さにやられて、どこか途中でへたばってしまって、無意識に通り過ぎてしまったのか。
 「うーん…、もう少し待ってみるか。ったく、あいつは」

もう少し行くと滝がある。
そこで休憩して探しに行こう。
そう思っていた。

その滝に向かって繁みに入っていく。
その繁みから出て滝に向かって数歩歩くと、誰かが倒れているのが目に映った。
近付くと、瀬戸だった。
 「瀬戸君、さっさと行かな」

瀬戸の顔を覗きこんだ桑田は、瀬戸の身体を揺さぶっていた。
 「寝るなっ!瀬戸っ!」



重い瞼を開けた瀬戸は、今にも死んでしまいそうな感じだ。
そんな風に思わされる声で、返していた。
 「少しで、良いので…、休ませて、下さい…」
 

その言葉を聞いて桑田は安心した。
 「生きてるのか、生きてるんだな。ああ、良かった…」








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


そして、五組目は桑田専務&瀬戸常務。

皆さん、出そろいました~

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ