BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP清水朝巳の腐探検 ≫ 清水朝巳の腐探検 (4) ※ソフトな性描写有ります。温泉上がりの一時※

清水朝巳の腐探検 (4) ※ソフトな性描写有ります。温泉上がりの一時※

フロントで温泉に入りたいと言うと、タオルを貸してくれたので、風呂場へ行く。
こじんまりとしたホテルに、これまたこじんまりとしたお風呂。
泊り客以外の一般客でも利用OKのお風呂。

温泉と言うより、本当にお風呂という物だった。
それでも、露天風呂まである。

汗を流し、人肌の温度より少し熱めの丁度良いと感じられる温度に設定された、お湯。
一度、身体を洗おうと湯船から出た。

5人ほどで一杯になるほどの洗い場の一つに座ろうとした。
その時、誰かに腹部を触られた。
 「っ…」
 「へえ、凄いな。腹が割れてる」
 「いきなり何なんですかっ」
 「いや、素晴らしい身体の持ち主だなと思ってね」
 「本気で水泳をしていれば、誰でもこうなります」
 「へえ、凄いなー」
これは嘘ではない。
なにやら話したそうにしているが、無視していた。


風呂から出ると駅へと向かった。
腹が空くがコンビニどころか売店もない。
まあ、40分ほどだし我慢するか。
なので飲み物だけ買ってホームに立った。

チリンッ♪

と、可愛い鈴の音を出して電車は宇都宮駅へと向かった。



宇都宮駅の近くにあるギョーザ店。
朝とは違う店に入り、生ビールを注文してチャーハン、味噌ラーメン、ギョーザも注文する。

プハァッ。

ああ、生が上手い。
次いで味噌ラーメン、ギョーザ、チャーハンとやってきた。
普段は飲まないアルコールは、飲んでもグラスに3杯ぐらいだ。
グラスに注がれた生は、本当に上手い。

さて、食べよう。
味噌ラーメンとギョーザと炒飯の他にも枝豆とそら豆も注文して、それらを食べ終わるとニラ炒めが美味しそうに見えたので、それと湯豆腐とサラダボールも注文して食べた。
それ等の皿を片して貰って8杯目の生を飲んでると声が掛かった。
 「おや、先程の」

ん?
顔を向けるが、そいつが誰なのか分からないので無視して焼売を食べていた。

そいつは苦笑して言ってくる。
 「先程、日光のお風呂では、いきなり触ってしまい、大変失礼致しました」

その言葉で思い当たった。
さっきの触り魔か、と。
挙句の果てには、こう言ってきた。
 「御一緒させて貰って良いですか?」
と聞きながら、返事を待たずに座ろうとする。

チラと他の席を見ると、開いてる席はたくさんある。
 「開いてる所にどうぞ」

そう言うと「失礼」と言って、目の前に座ってしまった。
 「おたくねっ」
 「志水です。志水浅海(しみず あさみ)。志水さんでも、浅海さんでも構わないですよ」

にこやかに言ってくれるが、本当に腹立つ野郎だな。
 「空いてる所に行け、と言ったはず」
 「だから座りました」

本当に腹立つ野郎だな。
そいつを放っといて目の前の焼売を平らげる事に集中した。
すると店主がやってきた。
 「お客さん、すみませんね。従弟が勝手に座って」

なるほど、こいつは店主の従弟か。
なので言ってやる。
 「日光で温泉に入ってると、勝手に身体を触ってきたんですよ」

その言葉に店主は驚いて従弟に言っていた。
 「浅海、お前はっ」
 「良い身体してたよ」
 「だからって…、本当に申し訳ありません」

 「生、もう一つ追加お願いします」
 「え、は、はい。お待ちください」

目の前に居る奴にしてもらおうかなと思いついた。
そいつは、これから食べるつもりでメニューを見ている。

追加の生がきて、そいつは自分の食い物を注文した。
その生を飲み切り、焼売だけでなく一緒に付けられてたオニオンスープも平らげた。
 「はあ、美味かった。満足」

目の前に居る奴は嬉しそうに食べている。
少し休憩して、そろそろ出るかと思いタイミングを計る。

うん、今時分かな。
そう思うと、そいつの顔を見て言ってやる。
にこやかに。
 「御馳走様」

そう言うと、伝票をそいつの右手の方へと滑らせると、早足で入り口に向かった。


店先に向かいながら店主に言ってやる。
 「御馳走様でした。お代は迷惑料として払ってくれるそうなので」
 「そうですか。これに懲りずに、またどうぞ」

ありがとうございましたー。


外に出てドアを閉め切る時にチラッと奥を一瞥すると、伝票を見ているみたいだ。
その内、慌てて立ったのを見届けると、ドアを閉め切り外に出た。

私はザルなんだよ。
それに顔に出ないからな、御愁傷様でした。


他人の金で飲み食いすると、最高に美味いよな。
今日は自分の金を出す事も無く懐も温かい。
兄貴に土産でも買って帰るか。


宇都宮駅に着いた。

行きは何も考えずに東京からJR線に乗ったが、帰りはどうしよう。
すると、タイミング良く湘南新宿線に乗れることが分かった。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


さすが朝巳です。
しかし、よく食べ、よく飲んだねぇ。。。

志水浅海さん、相手が悪かったねwww


関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
アサミ繋がりっっ!! ( ´艸`)
こっちの浅海さん、特技はな~~に? 

次の展開に、ワクワク!
2017年09月08日(Fri) 13:23
Re: No title
編集
ますみさん

 「いらっしゃい、ようこそ。
私は、凄く、すんごく嫌なんですけどねぇ…」

はは、朝巳は本当に嫌がってる様です。

まあ、漢字は違っても、2人とも同じ読みですからね、

清水朝巳と、志水浅海。

浅海の特技は、何なのでしょうかねえ?
何にいたしましょうww


2017年09月09日(Sat) 19:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ