BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP清水朝巳の腐探検 ≫ 清水朝巳の腐探検 (2) 宇都宮線にて part2 ※R15?腐要素あります※

清水朝巳の腐探検 (2) 宇都宮線にて part2 ※R15?腐要素あります※

お腹が空いたので、東京駅のコンビニで買っておいたサンドイッチと野菜ジュースで軽めの朝食を食べながら各駅について感じた事を記していく。

上野駅。
美術館や動物園などでよくテレビに出てくる場所。
かなり昔だが、上野動物園に家族で行った事があったのを思い出す。

赤羽駅。
Liveをするのに、好まれてる地域だ。

さいたま新都心駅。
早いね、もう埼玉県に入ったんだ。
少し寝てたかも…(汗)。

土呂駅。
土に、呂と書いて、「とろ」と読むんだ。
へえ、初めて知った。
なんか物知りになった気分だ。


その次の駅である東大宮駅から、男子高校生が4人乗ってきた。
3人は長座席に座るなり直ぐ寝てしまったが、一番端っこに座った子は起きてて、隣の子に膝を貸している。
膝枕。
腐の提供ありがとう。

しかも、私の向かいの席で。
その起きてる子は優しそうな表情で、膝を貸している子の髪を弄っている。
ぐふふ。
ああ駄目、涎が出そう。

色んな事を書き連ねている私のノートに、その二人の事を事細かく書いていく。

久喜駅。
電光掲示板を見て書いていく。
へえ、久しく喜ぶと書いて「くき」と読むんだな。

朝早く起きたのもあり、サンドイッチも食べきってしまったせいか、眠気が襲ってくる。
少しの間、寝ていたみたいだ。
ハッと気が付いた時は栗橋駅に着いていた。

その栗橋駅を過ぎると緑が多くなった。
民家もまばらだ。
郊外になるのか、遠くに家が密集しているのが見えた。

古河駅。
古い河と書いて「こが」。
うん、地理の勉強になるな。

いつの間にか寝ていたのだろう、東京駅から一緒に乗ってきたサラリーマンの人が降りた。
1時間に2本しか運行してないからね、乗り過ぎると大変だよね。

その古河駅を通ると、一気に両側に緑が広がった。
あー、画材道具を置いて来ちゃったな。
しょうがない、カメラで我慢するか。

野木駅を過ぎると、今度は緑ではなく畑が広がっている。
所々に温室が見える。
何を作っていたのだろう。

色んな駅名や地名があるんだね。
イントネーションが違うだけで、全く違う言葉の意味になる。

ふと見ると、目の前の高校生は舟をこいでるみたいだ。
まあ、朝早かったから眠いよね。
膝枕をして貰ってる高校生はスヤスヤと寝ている。

ふふっ。
いいね、いいね。
このあどけない寝顔。


アナウンスが聞こえた。
え、この小山(おやま)駅って、新幹線が停まるの?
左手の方を見ると、本当に新幹線の高架が見えた。
JR線と並行に走っている。
それに、新幹線は見えないが、走ってる音は聞こえるので良しとするか。
って、私って何様。
あはは。

その次の小金井駅。
アナウンスに耳を傾けてると、ここからは開閉ボタンを押しての乗降になるみたいだ。
自動ドアに慣れている人間にとっては焦るよね。

自治医大駅で、欠伸をしていたお姉さんが降りた。
そして、最終駅になりますと言うアナウンスで目の前の高校生男子が膝枕させてた子に、屈んで起きろとでも言ってるのだろうか。その子は少しして起きてきた。
ぐっすりと寝ていたみたいだ。
膝枕をしてもらってた子は相手の子に微笑んで何か言ってるみたいだ。
その膝を貸していた子も同様に微笑んで何かを返している。

その笑顔も良いね。
お蔭で久々の腐に出会えて嬉しかったよ。
ありがとね。







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


目の前に座っている男子高校生から可愛い腐を感じ取ったせいか、ご満悦なアサミコーチ、いや朝巳ですね♪


関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ