BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP18禁!ネコの事情 ≫ 18禁!ネコの事情 (25)  ※ 告白 ※

18禁!ネコの事情 (25)  ※ 告白 ※

だが、そうは問屋が卸さない。
たまたま見かけたトマトはレモンに言いに走ったのだ。
 「レモンッ、レモン何処だ?」
 「煩いなあ…、これから仕事なんだよ」
 「リンゴが危ないっ」
その言葉にレモンは反応し、店先に並んでる果物売り場の前に飛び出した。
 「リンゴを掻っ攫う奴は、何処のどいつだ?俺のエサ代を奪うなっ」
 
その言葉にトマトは溜息を吐いてくる。
 「そっちのリンゴじゃないっ」
 「じゃあ、どっちのリンゴだよ」
 「ドクとリューがリンゴを連れて行ったんだ」
その言葉で、レモンは溜息を吐いた。
 「あのミケのリンゴか…。ああ、驚いた」
 「まったく、こんな時に…」
 「で、何でリンゴ?」

そこでトマトは思い出した。
 「ああ、そうだ。今、この時期、あの二人は発情期だっ」
 「え、という事は…、リンゴを襲ってるって事?」
 「だと思う…」
 「何処だ」

(嘘だろ。あいつを掘って良いのは俺だけだっ)
そう思いながら、レモンは走り出した。



トマトを先頭にして走り着いた場所は、いつもの遊び場だった。
リンゴを真ん中にしてドクとリューも一緒になって丸くなり寝ているのが目に映った。
 「トマト、このバカ。どう見ても、寝てるじゃないかよ」
 「シた後だったり」
 「まだ言うか」


レモンとトマトは3人をペシぺシと叩き起こそうとしていた。
 「起きてこないなー」と、トマトは諦めかけていた。
レモンはズルズルとリンゴの尾を引っ張っている。
とにかく、こいつだけでも助けると思っての行動だった。
後ろ脚を持ち上げると、レモンは確信した。
こいつ等…、よくもっ。

怒りに任せてレモンはドクとリューに蹴りを見舞っていた。
 「って…」
 「なんだー…」

目を覚ました二人は、トマトとレモンが居るのに気が付いた。
 「お、仕事終わったのか。待ってたよー」
 「昼寝してたんだ。な、リン…、あれ、まだ寝てるじゃん」

レモンは怒っていた。
 「お・ま・え・らー」

 「え、何々…」
 「どうかしたの?」

 「ブニャーッ!!」(許さんっ!!)
物凄い剣幕をしてレモンの怒りは爆発した。

 「何なんだよぉ…」
 「なんでレモンに…」

レモンは荒い息をしている。
 「お前等、リンゴのケツを掘っただろう」
 「え…」
 「え、じゃ、ないよっ。見りゃ分かるんだよ」

リンゴは目が覚めると、レモンがブチ模様のネコとシロネコの2人を殴ったり蹴ったりしているのを見て怖くなった。ガクガクと震え、座り込んでしまった。
そのリンゴを見て、レモンは言い放った。
 「青リンゴッ!お前もだ。こいつ等に勝手に付いてくんじゃないっ」

ブチ模様のネコは言ってくる。
 「レモン、俺たちは遊んでただけだよ」
シロネコも言ってくる。
 「そうだよ」

だが、レモンは容赦しない。
 「なんで、エッチになるんだ?」
 「そ、それは…」
 「リンゴは男だ。男相手にして、どうするっ」
 「そうだけど…」


何度か息を吸って吐いたレモンはトマトに声を掛けた。 
 「トマト、ドビーを呼べ」
その言葉に、ブチ模様とシロネコは怖気づく。
 「ド、ドビーだけは…」
 「お願いだ。ドビーだけはやめてくれ」

ドビーだけは敵に回したくない。
あいつは力もあるし、一派のボスだ。


だが、時は既に遅しだった。

ドビーは、トマトからレモンが呼んでると聞き、のっそりと立ち上がった。だが、次の言葉で飛んできたのだ。
 「リンゴをマワして、レモンは頭にきてる状態だ」と。


背後から低い声が聞こえてきた。
 「誰が、リンゴをマワしたって…」

唸るような低い声にビビったブチ模様のドクと、シロネコのリューは振り返った。
ドビーだ。
トマトの奴、行動が早いよな。
 「や、やあ、ドビー」
 「一緒に遊ばないか?」

ドビーは二人を見て、こう返した。
 「ふむ…、良いだろう。相手になってやらあー!」

レモンにも殴られ蹴られたりしたのに、ドビーにもこてんぱんにされてしまったドクとリューは、再起不能に陥ってしまった。


リンゴはドビーに首根っこを咥えられ、レモンの背に乗せられた。
そのままレモンの家までトマトも一緒に送ってくれた。
リンゴは、こんな状況なのにレモンの背に乗っかっている、触れていられるのが嬉しかった。
思わず口から漏れていた。
 「レモン、ありがとう。大好き」


その声がレモンに聞こえたのかどうかは分からない。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

レモンったら、お茶目だこと(*≧m≦*)ププッ

リンゴも、無事に助けられて良かったね♪
しかも何気に告ってるし。。。

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ