BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP18禁!ネコの事情 ≫ 18禁!ネコの事情 (22)

18禁!ネコの事情 (22)

※レモン&リンゴ※


リンゴの目の前に、優しそうな男の人が座ってきた。
 「リンゴちゃん、いらっしゃい。話は聞いたよ。今日から、ここでよろしくね」
女の人が、奥に向かって声を掛けてる。
 「レモーン、こっちおいでー」

少し待ってると、レモンがリビングに姿を現した。
 「ニャー、ニャニャッ…。ブニャ!」(呼んだ?何が用…、なにっ!!)

レモンは驚いてる。
 『リンゴ、お前…、なんだ、その恰好はっ』
 『あ、一人で来るつもりだったから…』
 『だからって…』

レモンはリンゴの身体にくっ付いてる荷物を解こうとしていた。
それを見たのか、誰かが手伝ってくれる。
 「ああ、ごめん。忘れてたよ」と言う声がして、リンゴの身体から荷物を解いてくれた。
すかさずリンゴが「ありがとう」と擦り寄って行く。


オトウが声を掛けてきた。
 「レモン。今日からリンゴちゃんも、ここで一緒に暮らすから、仲良くな」
 「ンニャッ…」(何、一緒だと?)

 『せっかく、離れたと安心してたのに…』
 『だって、あそこ寂しいんだもん』
 『男が”もん”って言うなっ』


ケイの兄が言ってくる。
 「レモン。リンゴと遊んであげろよ」
 「ニャー、ニャニャニャッ…。ニャァー」(分かったよ、分かりました。ほら、付いて来い)


リンゴはレモンの後を追う様に付いて行った。

 『いいか、俺は仕事してるんだ。そこで丸まって寝てろ』
 『でも』
 『良いから。俺は仕事中なんだよ』
そう言い放って、レモンはタワーに上った。
お客さんが出入りするたびに、レモンは挨拶してる。
 『いらっしゃい』
 『ありがとございましたー』


小さくて可愛い手が商品を手に店から出ようとしているのが目に映る。
 『そこっ!』
 『って…』
尾で叩いたレモンは、そいつに近寄って行く。
 『盗みは駄目だろ』
 『少しぐらい良いだろ』
 『こちとら、お客さんの買ってくれてるお金でエサ貰ってるんだ。泥棒なんて見逃せない』

フーッ!とレモンは闘志を燃やし、今にも噛み付きそうな感じだ。
 『わ、分かったよっ…』
 『もう来るなっ!』


レモンの言動は荒いが、それでもリンゴはレモンの仕事ぶりが見れて嬉しい。
相手にしてくれなくても良い。
レモンは男らしいし、僕に無いものを持っている。
こうやって見ているだけで良いんだ。
だって、時々、後ろを振り向き僕を見てくれるんだもの。

 「よーしよし、レモン良い子だ。よく盗みを見つけてくれたな」
 「ニャニャニャッ」(これ位、朝飯前だよ)


褒められ、自信を持つレモン。
ほら、また僕を見てる。
嬉しいな。
このまま、ずっと見ていたい。

すると、何時の間にかレモンは近寄ってきた。
 『え、な、何?』
 『ほら、こっち来い』
 『何処に…』
 
レモンはタワーの方に向かってる。
まさか、タワーに登れと…?
 『レモン、まさか…』
 『怖いか?』
 『こ、怖くないっ』
そう、まだあの木の上よりは断然に怖くない。
するとレモンはニヤッと笑い、こう言ってきた。
 『なら登れよ』

一段、登る。
 『ほら、もっと上だ』
もう一段、登る。
 『何トロトロしてるんだ。さっさと登れよ。一番上に』
 『一番上?』
 『怖くないんだろうが、なら登れるよな』

その言葉に、僕は決めた。
まだレモンが居る、付いてくれてる。
だから、迷わず言ったんだ。
 『登ってやるっ』
 『よっ、さすがリンゴ。男らしっ』


一番上に登った。
ふと下を見てしまった。
駄目だ…。
へたり込んでしまった。
 「大丈夫かあ?レモン、意地悪してやんなよ。ここは、お前の特等席だろ」

だが、レモンはその声をスルーしてリンゴに向かって言ってやる。
 『良い眺めだろー』
(眺めなんて分かんない。本当に意地悪だよな…)

そんな僕に、レモンは呆れた声で言ってきた。
 『下を見るからだろ…』

その言葉に納得してしまった。
たしかに、思わず下を向いてしまったのは僕だ。
スーパーの誰かが助けてくれた。
 「ほいほい、君はこっちね」と言って、僕はさっきまで居た床に戻され、安心しきって伸びをしたほどだ。
そんな僕にレモンは言ってくる。
 『ちぇっ・・。なんで安心してんだよ』
 『意地悪』
 『サンキュ』


もう、何も言えなかった。
それでも、気にしてくれてるのが嬉しかった。







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

自分の気持ちを自覚したリンゴ。
レモンと仲良く出来るかなぁ~
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ