BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP君と交えた、このレアな日に感謝!(3周年記念特別SS) ≫ 3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 (10)

3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 (10)

元々、この大学で理事長をしていた桑田家の執事は、懐かしい顔を見て嬉しかった。
そして、まだ忘れられてないのが分かると、率先して動いたのだ。
元、東響大学理事長主任をしていた明智は、トレードマークの手袋を嵌めだす。
 「お、何をするつもりだ?」
 「今、ここに医学部の3人が来てます」
 「3人とは?」
 「マサ、王子、ジュンヤの3人です」
 「え、来てるのか?」
 「なっつかしいなー」
 「どこに居るんだ?」
 「この窓の下に」

そう言われ、4人は覗き込んだ。
 「おおっ!3人じゃなく増えてるぞ」
 「やっほー」
 「元気そうだな」
 「スズメも居るっ」


急に声を掛けられ、上を向いた6人はびっくり顔だ。
 「えっ、メガネ?」
 「ナイフが居る」
 「手袋も」
 「わーお、マッチョも居るじゃん」
 「あれ、拓海センセー、どうしたの?」

 「わりぃ、わりぃ、私は退散する」
そう言って、拓海教授はその場から離れた。
 (理事長室の前だったなんてとんでもない。さあ、誰か居ないかなあ…)


その時、理事長に話を持ち掛けられ驚いて声も出なかった。
ただ一人、タカを除いて。
 「お前等は何十年もしてないから無理だろ。ソロで良いのなら喜んで」

だが、目の前をボスが通っているのを見たら、皆は呟いていた。
 「う…」と絶句してしまったマサに、
 「ボスが」としか声が出てこないタカに、
 「浴衣だなんて」とジュンヤは驚いてる。

さすがのお喋りスズメも押し黙っていた。
 「え…」
ユタカなんて感激してる。
 「よく似合ってる」


 「ほう、これはレアものだな」と、理事長は嬉しそうだ。

複数の声が聞こえてくる。
ボス、ボス、ボス、ボス…、と犬や猫を呼ぶ様にボス呼びしてくる。
腹が立ち無視していた。
ここを上ると、全てが収まっている建物がある筈。
あのステージ横に置かれてるのは学長のだ。

ボスが向かってる所はあそこだ。
手袋を嵌めた元理事長主任は言っていた。
 「ボスは、その気満々だ。あの格好だと難しいが、まあ着替えるから良いか」

さあさあさあ、皆、先行ってて。

そう言われ、出来るかどうか…。
不安げな表情をしているのはスズメとユタカとジュンヤだ。
マサは一言だった。
 「まあ、一人乗り出しな」
タカの一言はこれだ。
 「私は免許更新してるから」



先に着いていた友明はシミュレーションルームに居た。
何か唸っている。
 「うーん…、メンテはされてるものの、どうやったらスタート出来るんだ?」


 「あ、ボス見っけ」と元気そうな声はスズメだ。
 「ほんと、その気満々だね」と苦笑気味に言ってくるのはマサだ。
 「もう着替え終わってるじゃん」と言ってるのはユタカだ。
 「理事長が来るってさ」とはタカだ。
 「これでショーをやって欲しいって」と言ってるのはジュンヤだ。
友明、ことボスは一言だった。
 「スタートの仕方が分からない」


その後、5人の理事長はサトルを連れてきた。
 「偶然にも、この入り口の前で会ったんだ」
 「だから話を持ち掛けたんだ」

ボスは振り向こうともせずに言っていた。
 「スタートしないんですよ」
ブレーカーは手動だからと言われ、隠されていた隠しブレーカーを2つとも上げると、特有の音が聞こえてきた。 


懐かしい。
もう何十年もやってない。
それもそうだろう。
卒業後、タカはアメリカで更新していたが、皆はしてないからだ。

ボスと右腕スズメと左腕サトルとマサとタカの勘が戻るまで5分も掛からなかったのに対し、ユタカとジュンヤはそれ以上掛かった。

ボスは博人にメールしていた。
 「ごめん。急なイベントショーに出演するから、後でね」


その文面に、博人は溜息吐いて呟いていた。
 「ったく、イベント好きな奴め…」





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

3shunen_banner_c.jpg

さあ、どんなイベントが始まるのでしょう~
((o(▽ ̄*)oワクワクo(* ̄▽)o))

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ