BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPあの夜の約束(健志&優) ≫ あの夜の約束 (11)

あの夜の約束 (11)

学校が夏休みに入ってすぐ健志さんは言ってきた。
カナダの大学に行く、と。

 「はあ?なんでカナダ…」
 「4年間待てるか?」
 「よ、よねん…」
 「日本だと6年間だけど、外国では4年間なんだ。4年間、一人で大丈夫か?」

健志さんは本気みたいだ。
 「優、俺は家を出るつもりだ。隆一も居るし、一つ所に二人は要らない。
4年後、お前が…、お前が、まだ俺を思ってくれるのならカナダに連れて行く。
だから考えて」
 「健志さん…」
 「ヨシは居るから」
 「ヨシ兄より健志さんの方が良い」

それでも縛り付ける事は出来ない。
頭の中では分かってるのだ。
でも、それでも何を言って良いのか分からない…。

そんな俺を見て、健志さんは言ってくる。
 「ま、あと1年あるから返事はまだ良い」

1年なんて、あっという間だよ。




しかし、外に出たいんだけど…。
学校から書類で外出禁止令を貰ってるので今月末までは何処も行けない。
仕方ない、夏休みの宿題でもして気を紛らわすか。

暫らくしてると頭の中がこんがらがってきた。
俺って、本当に数学苦手だなあ…。
なので、英語に手を付ける事にする。


すると声が聞こえてくる。
 「お、夏休みの宿題か。感心だな」

振り返ると、ヨシ兄が居た。
 「ヨシ兄、会いたかったっ」
 「そう言って貰えると嬉しいな」
にこにこしながら、ヨシ兄は俺を抱きしめてくれる。

そんな時、お母ちゃんの声が聞こえてきた。
 「おやつですよ。二人でどうぞ」
 「ありがとう、お母ちゃん」
 「ありがとうございます。頂きます」


ヨシ兄と二人でおやつを食べていると、言ってくる。
 「優」
 「何?」
 「お前を襲った7人は退学になった」
 「そう…」
 「タケシから聞いたよ、カナダに行くってな」
その言葉に、ビクッと微かだが身体が反応し揺れる。
何も言えないでいる俺に、ヨシ兄は続けてくれる。
 「優、お前達が恋人だという事も聞いた。
驚いてタケシをぶん殴ってしまったが…」
 「ヨシ兄が殴ったの?」
 「ああ、そうだよ。俺の大事な従弟に手を出したんだ。それを今迄黙っていたんだからな」
 「ごめんなさい…」
 「お前が謝る事じゃないよ」

そう言って、俺の頭に手を置き優しく微笑んでくれる。


何を思ったのか、ヨシ兄は部屋を横切りベランダに近付いてる。
 「なあ、最近は行ったり来たりしてるのか?」
 「いや、してないよ」
 「本当に?」
 「うん。だって俺こう見えて65kgあるんだ。玄関から行く事にしてる」
 「へー、そんなにもあるんだ。それじゃ、枝が折れるよな」

そう言いながらヨシ兄はベランダの手摺りに足を掛けようとしている。
 「ヨシ兄、やめて」
 「大丈夫。俺は40kgだから、心配ないよ」
 「意地悪っ」

ヨシ兄は、こう言ってくる。
 「懐かしいなー。あの頃はよく行き来してたよな。危ないからダメ、と怒られていたもんだ」
 「そうだね。で、でも本当に危ないから」
 「ま、見てな」
 
そう言って、ヨシ兄の身体は浮かぶ。
 「ヨシ兄っ」


ハラハラして見てるとヨシ兄は、あと1本で健志さんのベランダに着く、という手前で枝が折れてしまい落ちてしまった。

ずざざっ…、と音がした。


思わず叫んでいた。
 「ヨシ兄っ、大丈夫っ」
返事が無い。
もしかして…と思うと、急いで1階に下り庭に行く。
 「ヨシ兄っ!ヨシ兄、大丈夫?」
 「うん、大丈夫だよ」


声が上から降ってきた。
 「何煩くしてるんだと思ってたら、隣の元宗従兄弟かよ…」

俺は、その顔を見て驚いた。
 「な…、その顔どしたのっ」

ヨシ兄が返事をくれる。
 「俺が殴ったからな」
 「あ、そういえば言ってたな…。んとに、ヨシ兄はバカ力なんだから…」



8月に入ると外出禁止令解除の知らせが学校から封書で届いた。
やっと外に出れる。
心配だからと言って、健志さんとヨシ兄が日替わりで付き合ってくれるが1週間もしないうちに窮屈さを感じてしまい、夏休みが終わるまでお母ちゃんの店を手伝う事にした。





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ