BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP桜咲き、春一番で桜散る(2017年春) ≫ 桜咲き、春一番で桜散る (4)※R18!性描写有ります。18歳未満&抵抗ある方はスルーして下さい※

桜咲き、春一番で桜散る (4)※R18!性描写有ります。18歳未満&抵抗ある方はスルーして下さい※


ヨシに、アキと会えれば良いのだけど無理そうかどうか教えて欲しいと言われ、コウジはアキの様子を透視していた。

 「どんな感じだ?」
 「んー…、飲んだくれてる」
 「わははっ…、なら無理か」
 「なんなら、連絡して」
 「いや、良い。こっちは、こっちで飲んで楽しもう。お前とも久しぶりに会えたんだから」
 「ありがとうございます」


ふと見ると、優は、健志に凭れかかっている。出来上がっていそうだ。
 「健志、連れて帰るか?」
 「こいつ、見かけより重いんだよ」
 「普段は飲む方なのかな?」 
 「いや、あんまり飲まない」

コウジは優を背負うと思ってるのか、背を向けて座り込む。
が、健志は、その行動を遮っていた。
 「コウジさん、しなくて良いですよ」
 「え、でも」
 「叩き起こせば直ぐだから」

ヨシの声が低く呻ってきた。
 「ほう…、叩き、起こす。ね」
 「目の前でして見ろ。とでも言いそうだな」
 「やってみろ」

ヨシの考えは容易に思い付く。
なにしろ、可愛くて可愛くて目に入れても痛くないぐらいの、可愛い存在なんだから。
 「分かったよ。ま、ヨシが言ったんだからな。怒るなよ」
 「ああ」


そう返事を貰った健志は、優の両頬を両手で挟み持ち唇に触れた。
 「!!」

 「ま、待って下さい」
 「何をだ?コウジ、どけ」
 「いいえ、どきません」

 「健志、お前はあ…」
 「ヨシさん、あなたは先程、健志さんに『怒らない』と、答えられてましたよ」
 「あれは」


ヨシとコウジは目の前で広げられている行為について言い合っていた。
健志は、甘々な従弟コンプレックスから離れて欲しいという思いがあったので、これでもかと優の口内を貪っている。
 「ん…」
 「すぐ…」

 
暫らくすると口が離れていく。
 「え、それだけ?」
 「優…」
 「もっと、して欲しい」
 「良いのか?」
 「うん、良いよ」

だが、違う声が邪魔してきた。
 「良くなーいっ」
 「あれ、ヨシ兄。まだ居たの?」
 「ま、まだって…」
その言葉にヨシはショックを受けた。
が、優はお構いなしだ。
なにしろ、目の前に居る恋人の首に腕を回して、こう言ってくれるからだ。
 「健志さん、ホテル行こ」
 「え、ヨシを放っといて良いのか?」
 「うん、良いよ」
さらりと即答した、その言葉にも傷ついたのは無理はない。
ヨシは、コウジからホテルのバーに連れて行かれ、飲んだくれていた。
うじうじと、自分の思いをコウジに愚痴っていた。


そして、そのホテルの上に部屋を取っていた健志と優は寝っ転がっていた。
 「今日は、良い気分だね」
 「ああ、ライブに行って気分がリフレッシュしたよな」
 「健志さん…」
 「優、ヨシに謝っておけよ」
 「何を?」
 「あんな風に見えても、ヨシは、お前を大事に想ってきてる。
俺よりも、あいつの方が」
 「分かってるよ。だけど、邪魔されたくない」
 「まあ、それは俺もそうだけどな」

それじゃ…。

二人は見つめ合い、お互いがお互いを求めていた。

 「あぅっ…」
 「す、ぐ」

酔いも手伝ってか、優の穴開けは容易く、一気に指が2本入る。
 「ぅ…」

優の中は熱く、もう我慢できなさそうだ。
優の声も色っぽくなってきてる。
 「くぅ…」
 「優、イッていいぞ」
その言葉を耳にした優は、イッていた。
 「あ、んんっ」

 「あ、たけ・・し、さ…」
腕を健志の背に回し抱き付いていた。


健志は、ふと思い出した。
あの日、あの時。
夜空に、お星さまに誓った言葉。
それと同じ言葉を口にしていた。
 「優」
 「なに?」
 「良いか。絶対に一人で知らない所に行かない事」
 「うん、約束する」
 「僕は、優ちゃんの横に居るから」
 「うん。これからは、たけちゃんに言う事にする」
そこで気が付き、健志は優の額を軽く小突いてやる。
 「誰が、たけちゃんだよ」
その言葉に、優も言い返していた。
 「あはっ…。そっちこそ。誰が僕で、誰が優ちゃんだよ」

 「約束だ」
 「うん」


二人は約束の指切りをし、おでこをコツンと合わせて微笑んでる。
 「優。もう1回だ」
 「ん、優しくしてね…」
 「ああ」












そして、その日。
違う場所でも、宴が行われていた。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


あれ、アキとコウタのエッチでないって?(-_-;)
すみません、健志と優のエッチでした。。。

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ