BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP年齢も国籍も関係ない、欲しいのは一言だけ(勉の父編) ≫ 年齢も国籍も関係ない、欲しいのは一言だけ 後編(2)

年齢も国籍も関係ない、欲しいのは一言だけ 後編(2)

離婚して一人暮らしをすると、皆こうなるのだろうか。
俺は一人暮らしだけど、分からない。
だけど、お父ちゃんは40歳前に結婚したのだから、一人暮らしが長かった筈だ。
俺が生まれ3人家族になり、双子も生まれ5人家族になった。
それが4人になり、今では一人暮らし。
死別ではなく、離別だ。

それじゃ、あの双子はどうなるのだろう。
ごめんね、お母ちゃん。
黙って出てしまって。
ごめんね、二人の妹。
何も言わずに、写真も抜き取ってしまって。

もう会う事はない。
ただ、お父ちゃんの表情はすっきりとしていた。
だけど、こうなるまでに色々と思う事はあっただろう。

お母ちゃんは浮気相手と同棲して1年後には再婚したみたいだし。


俺は結婚とは無縁だけど、好きな人と一緒に暮らしていけたら良い。
そう思っている。




声が聞こえてくる。
これは、誰の声なんだろう。
 「勉、どうした?」

抱きしめられる。
ああ、温かくて気持ち良い。
 「勉…」

見上げると、心配そうな表情をしている明だった。
 「なんか、色んな事でパニクッてるんだ…」
 「こればかりは仕方ないよな」

俺は言っていた。
 「お父ちゃんは、居場所が無いから、ここに戻って来たんだって」
 「うん」
 「俺が、ここに戻って来たのは…。
日本には居場所がなく、明が居なかったからなんだ」
 「え…」
 「明、好きだよ。俺は、結婚したいとは思わない。だけど、一緒に暮らしていたいんだ」
 「勉、ありがとう。俺もだよ」
 「一緒に」
 「うん、一緒に暮らしていこう」


俺は明に抱きしめられキスされる。
こんなにも人の温もりが欲しい、と思ったことは今迄に無かった。

でも、俺は大丈夫だ。
ここには明が居る。
それにクリスとフライトも。
他のフラットの住人は契約が切れると出て行く。
だけど、この3人は側に居てくれる。

それにバケットの店もしてるし。

お父ちゃんは本当に大丈夫なのだろうか。
仕事が在宅ワークだなんて。
でも、一時は退職してたんだよな。
すぐ復職したけど…。


お母ちゃん、双子の妹。
3人共、元気でね。












にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

息子勉の思いですね。
勉君、色々な経験をしていきながら、人間は成長するもんだよ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ