サドなアイツと俺 (33)

背中の痛みも取れ、寝返りも楽に打てるようになった8月中旬。
トニーは、なんの前触れもなく言ってくる。
 「で、俺達、恋人になったんだよな」
 「は?」


いきなり、そう問われ何も言えなくなった。
(なんで、どこをどうやればそんな言葉になるんだ…)


トニーは嬉しそうに言ってくる。
 「この間、お前は俺に大好きと言ってきたし。
俺は、お前しか見てないからな。
ふふんっ。
相思相愛という事だな」


この間、という言葉で背中の痛みを作った日を思い出した。
 「あの時か…」
 「そうそう、あのぽろりっと口から出てきた言葉だよ。
俺は忘れてないぞ。
あの時は背中が痛そうで何もしなかったんだ。我慢してた。
でも、今日は違う」
 「え、でもトニーから何も聞いてないよ」

不気味な微笑を作ってくるトニーに嫌な予感がする。
 「俺はね、ジュンの事を小さい頃から見てたのは知ってるだろ。
女の子より可愛く、お前に寄って来ようとする奴等をボコっていた。
小さい時は、思ったことをズケズケと言ってた。
その度に泣いていたジュンの泣き顔が可愛くて、その泣き顔見たさに虐めてた」
 「サドやろう」
 「サンクス」
 「褒めてねえよ」
 「無視せずに言い返してくれるのが嬉しいんだよ。それにあの頃は泣いてばかりで何も言い返してこなかっただろ。あれが不満だったね。何か言い返してこいよ、って何度思ったことか」


その言葉にフランス語で言ってやる。
 『本当にサドだな』
 『メルシィ』
と、返ってきた。

今度は中国語で毒付いてやる。
 『意地悪野郎は寝てろよ』
 『なら、一緒に寝るか』

と中国語で返され、ベッドに連れて行かれそうになる。
今度は日本語で。
 『変態野郎っ』
 『お前に言われたくない』

あれ、なんで日本語出来るんだ?と思い、今度はドイツ語で。
 『鞭でシバイてやろうか、この悪戯っ子』
 『出来るもんならやってみろ、この甘ちゃん野郎』

なんでドイツ語まで出来るんだ?


俺の顔に出てたのだろう、トニーは流暢なドイツ語で返してくる。
 『フランスと言えばドイツ語は必須だからな。
それに、お洒落なフランス語よりドイツ語の方が性に合ってるんでな』


それを聞きムカついた俺はイタリア語とロシア語で毒付いてやる。
トニーは黙っている。
でも、意味は分かったのだろう、こう凄んできた。
 「何語なのかは知らんが、お前…、それで俺に勝ったと思うなよ」
 「へへんっだ!
俺の周りは医者だらけだ。フランス語、ドイツ語、中国語、日本語のエキスパートばっかりだ。
イタリア語とロシア語も教えてもらったしな」


鼻を鳴らし言ってやる。
 「泣き面見せてみなよ。それが嫌なら自分の部屋に戻れば?」
トニーも鼻を鳴らし返してくる。
 「良い根性してるな。
昔とは違い、腕がなる。
お前を押し倒して、心だけでなく身体も貰うからな。
この意地っ張り野郎、覚悟しやがれっ」



今度は神経を周りに張り巡らせる。
下の部屋に響くだろうが問題ない。
なにしろ、下の部屋はトニーの部屋だ。
注意される事も無い。












にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

さあ、今度はジュンもその気満々!
気を張り巡らし。。。
いざ、敵は目の前のトニー。
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

ますみ  

No title

わーいわーいじゃれ合いだー! (にしか見えないワタシ♡

口撃(言葉)はそのうち口攻(チュウを含む)になって、
寝技もそのうち✖✖に~~。。 腐

・・・ってなるんですよね? ね?

2016/12/18 (Sun) 10:20 | REPLY |   

あさみ  

Re: No title

ますみさんへ

まるで子供同士のじゃれ合いですね(*≧m≦*)ププッ

>口撃(言葉)はそのうち口攻(チュウを含む)になって、
>寝技もそのうち✖✖に~~。。 腐

え・・・

>・・・ってなるんですよね? ね?

え、え、え・・・
なる、の、かな・・・?

 「何、うろたえてるんだよ。絶対になるっ!ならせて見せるっ!」(byトニー)

なにやらトニーは鼻息荒く息まいてますが・・・

ごめんなさい。
明日は朝早く出掛けないといけないので、更新お休みさせて貰います。
ごめんちゃいm( __ __ )m


 「ちっ…、仕方ねえな…。明後日まで、お楽しみってか。。。」


 「ふんっ、トニーなんて返り討ちにしてやるっ」(by強気なジュン)


2016/12/18 (Sun) 22:41 | REPLY |   

Leave a comment