archive: 2017年09月  1/3

夏休みは沖縄旅行 (16) 岡崎ver ~場所は南国~

所々に寄り、目指す島に着いたのは、シンガポールを出て3時間弱。安藤島は赤道直下で常夏だが、やはりこちらも暑い。なにしろSP(シンガポール)より北だが、ここから船で10分強ほど乗ると赤道直下になる。海の色が澄んでいて綺麗だ。遊泳出来るのは島々に囲まれた範囲内だが、それでもいつでも泳げるのは魅力的だ。現に、青年たちが泳いでる。船は大中小の島々を縫う様に、また寄港しながら、丘のある本島へ着く。この島の反対...

  •  0
  •  0

夏休みは沖縄旅行 (15) 岡崎ver ストーカーを撒く

No image

※岡崎視点※9月も半ばになると、日本もそうだが、南半球も暑い。帽子はあっても無くても同じだなと思い、全身に日焼け防止のオイルを塗りたくる。 「あっちー…」安藤島に行ったのは4月末からGWを挟んでの2週間だった。あれから4ヶ月か。あの時、サメに食させた3人は高瀬さんを狙って怪我をさせた。残りの2人は太平洋に連れて行くと言われてたから、すでに跡形も残ってないだろう。あと1人は、私の後を尾いてくる。あの時、こ...

  •  0
  •  0

夏休みは沖縄旅行 前半(14)

No image

※利根川視点※仕方ない、自分の秘書に聞くか。部屋に戻ると、山本から声を掛けられた 「専務、どちらに行かれてたのですか?」 「何かあったのか?」 「今日のスケジュールは頭の中に入ってるのかな、と思いまして」 「悪い…」 「まあ、元々は休暇中だったのですから、無理にされなくても良いのではと思いますけどね」 「そうだな。私が居なくても平気だからな」 「どうかされたのですか?」 「何が?」 「やさぐれてる様...

  •  0
  •  0

夏休みは沖縄旅行 前半(13)~そして、一人に・・・?~

No image

※利根川VS峰岸※利根川視点ドアを閉め切ると、言ってやる。 「知らないとは言わせない。あれがきっかけで高瀬は辞めたんだ」 「高瀬さんの事を聞きたいのですか?それならば、社長秘書の3人に聞かれた方が良いと思いますよ。彼等は、一緒に居たみたいですから」それは、最後の手段だ。そう思い、俺は峰岸に迫っていた。 「どんな事でも良い。何か知っているのなら」 「申し訳ありませんが、私は留守番だったので、よく知りませ...

  •  0
  •  0

夏休みは沖縄旅行 前半(12)~壁ドン!相手は・・・~

No image

※利根川VS岡崎※利根川視点岡崎は何か知ってるみたいだ。俺は岡崎の名を呼んでるのに、一向にこちらを向いてこない。重役フロアに下りると、階段脇にある部屋に押し込んで壁に押し付けてやる。 「岡崎、いい加減にしろ」 「何ですか?こんな所に押し込んで…。しかも、こんな図だなんて止めてもらえませんか?」 「あのGW旅行で何があった?」 「ったく、相変わらず人の話を聞いてませんね。腕を退けて下さい」 「知らないとは...

  •  0
  •  0

夏休みは沖縄旅行 前半(11) 特別出演者登場~

No image

その3日後、また起きた。 「くそったれっ」ジャージで無く、シャツとチノパンという姿だった。連絡を貰った山口コンピューター会社の社長である山口悟は、桑田コーポレーションに赴いた。1時間もしない内に、セキュリティ課から社長室へ連絡が入った。 「相手が分かったぞ」 『え、もう?』 「誰に言ってるんだよ。相手は、ここの国際課の中国人2人組だ。すぐ分かる。2人とも黒人だから。じゃ、先に行っとくぞ」そう言うと、...

  •  0
  •  0

夏休みは沖縄旅行 前半(10) 

No image

そんなある日、駐車場に下りた途端、ずるっと足が滑る気がした。何だろうと思い足元を見ると、泥に両手を付けていた。その直後、頭上から何かを掛けられた。何か言ってるみたいだが、言葉が分からない。これは、泥か。まさか、坊ちゃんの泥まみれは、これか。今は健康な肌色に戻っているので、真っ黒になってる俺に対象が移ったのか。何処のどいつだ。重役に、こんな事をして。しかも、坊ちゃんは社長の息子だ。それを知っての行動...

  •  0
  •  0

夏休みは沖縄旅行 前半(9)

No image

それから2週間ほど、同じ部屋で仕事をさせていた。そのせいもあって山本と玖和田は笑う事をしなくなった。一番良いのは、岡崎が話せば良いんだ。だけど、あいつは頭の回転もそうだが、こっちの思惑も分かってるみたいだ。こうなると峰岸に聞くか。坊ちゃんの部屋へと向かった。部屋のドアノブには『シエスタ中』と書かれたプレートが引っ掛かってる。それを無視してノックする。何も反応が無いが、ドアノブを回すと開く。だが、部...

  •  0
  •  0

夏休みは沖縄旅行 前半(8)

No image

最初に桑田専務の部屋だ。付いて来なくてもいいのに、山本は付いてくる。スーツに着替えた俺は、山本の後ろに居る。桑田専務の秘書は、一人しか見当たらない。その専務秘書に、山本は声を掛けた。 「桑田専務はいらっしゃいますか?」 「専務に用事ですか?伝言なら」 「いえ、利根川専務が来社されましたので」 「お待ちください」桑田専務の秘書は、専務室へと入った。声が聞こえてきた。 「ほう、もう戻ってきたのか」 「...

  •  0
  •  0

夏休みは沖縄旅行 前半(7)

No image

※利根川視点※羽田に着くと、そのまま会社に向かった。スーツの着替えは置いてるので、行って着替えようと思っていた。いつもなら、受付は背筋を伸ばし頭を垂れる。だけど、今回は違った。その手前で、警備員に止められたのだ。スーツ着てないと駄目なのか。そう思うと、怒鳴っていた。 「触るなっ!私を誰だと思ってるっ」だが警備員は、押し出そうとしてくる。  「一般人は」 「誰が一般人だ?私は専務だ。岡ざ…、いや山本を...

  •  0
  •  0