archive: 2015年02月  1/3

年上攻め×年下攻めカップル(31)※勉視点…再逮捕※

No image

俺は、何も言えなかった。明は、まさか俺のヤク漬けにされた身体に触れたのか?女警部の声が聞こえてくる。 「あんた達3人は、彼に何をしてたの?私がアジトに入った時、ハジメ、あんたは裸になっては、あの子の上に跨っていた。佑哉と誠も、違う部屋に居たけど、パンツ1枚だったよね。何をしてたの?」佑哉の母親が口を開いてきた。 「あ、明日香ちゃん。それって誘導尋問って言うのでしょ。そんな風に言って・・・」 「でも、...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(30)※事情聴取…※

No image

次の日は検査入院と称して、色々と検査された。警察も来た。事情聴取って言うけど、面識なんて無い。同じ学園の高等部と大学部だから、何かしらあるだろう。と言われても・・・。そもそも大学部どころか、高等部にも知り合いは居ない。唯一の知り合いは、天文部の部員達と明だけだ。警察なんて嫌いだ。ネチネチとしつこい。その日の夕方、明は父親と一緒に来た。学園長と担任も一緒だ。後ろに居る2人は誰だろう。俺はお父ちゃんが...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(29)※勉視点…俺が何をしたってんだ※

No image

目を開けると、白い天井が見える。だけど、プラネタリウムは見えないので、自分の部屋ではない。ここはどこだろう…。声が聞こえてきた。 「ああ。気が付いたみたいだね。」ナースを呼ぶ前に、ちょっと良いかな。 「うちの末っ子と仲良くしてくれてありがとう。あの子が、あんなにも必死になって守ろうとしている人は、どんな人物なのか。興味が湧いてね、自分の目で見たかったんだ。君は、見た目もそうだが…、中身も似ているんだ...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(28)※明視点…大団円に続け※

No image

ハジメを殴り倒したのは、5人仲間のうちの残り2人の男だった。こいつら3人とは違う、異質な雰囲気を持った2人だ。 「ヤクに手を出した奴とは、ツルみたくない。」 「同じく。明様を利用しては、それをヤクだと思い込ませては、売って金にしていた。立派な犯罪だよ。で…、これは今日の分だ。取り返してきた。」明日香さんは、その2人に言っていた。 「あんた達は違うと言うの?名前は?」 「穂高大樹(ほたか だいき)。そいつ...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(27)※明視点…ヤク絡み?!捕り物有り※

No image

俺は、アジトの玄関のドアを開けた。 「ほら、持って来たぞ。アイツを放してもらおう。」誠は嬉しそうに手を伸ばしてくる。 「へっへっへ・・・。これは腹が膨れるからな。早速、貰おう。」俺は佑哉に聞いていた。 「ハジメは?勉はどこだ?」佑哉は、俺の持って来た粉に手を伸ばしてきた。 「あの2人は、お楽しみ中だよ。」へへっ…。暇だから茶に入れて飲もうっと。俺は、部屋の中を見回したが、あの2人は居ない。まあ、こい...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(26)※明視点…酒饅頭を作成中※

No image

俺は、ハジメの姉に連絡して話した。ハジメの部屋探しをしたのか、その後、ハジメの姉は数人の男性と一緒に来た。 「ハジメの部屋から覚せい剤セットと数種類の粉が見つかったわ。明君。君は、何を知ってるの?」 「分かりません。でも、これだけは分かってる。ハジメ達は…、関係のない人間をダメにさせては、それを楽しんでるみたいだ。俺は、勉を助けたい。」 「明君・・・。」俺は、頭を下げていた。 「お願いします。明日...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(25)※明視点…俺が、守ってやる。もう少し待ってて※

No image

ドアを開けると、ベッドに誰かが横たわってるのが見える。そのベッドに近づくのに部屋の中に一歩、踏み出した。腕はベッドの脚と紐で結ばれてる人間がいた。もう一歩近づくと、そいつの両脚は広げられたままになっていた。髪の色もそうだが、体毛も黒ではない。色素の薄い人間に見える。また一歩近づくと、その人間が真っ裸の男だと分かった。もう一歩近づくと、表情とかが見えた。ベッドに横たわっている男は、うっとりとしては潤...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(24)※明視点…勉は…?※

No image

 「お!明様、やっと来たな。暇だったからツマンデいたんだけど…。アイツ、女より良い身体してるよな。」 「来るの遅いよ、明様。アイツは肌スベスベで気持ち良かったよ。」俺は、そいつらが何を言ってるのか、その言葉で大体分かった。 「貴様ら…。なに関係のない・・・。」 「関係は、大ありだろ。」 「そうそう。なにしろ最近は、放課後は一緒に下校してるし。」即答してやった。 「たまたま同じ時間に下校してた。ってこ...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(23)※勉視点…両親帰国※

No image

明は、残りの1週間は俺の登下校の時間に合わせて登下校するようになった。なにしろ、カギは取り返したのだからな。それから1週間後。両親が帰国してきた。2ヵ月間のフルムーン、お疲れ様でした。お父ちゃんとお母ちゃんは、見るからに嬉しそうだった。ニコニコ顔で言ってくる、お父ちゃんは 「フランスでは墓参りも出来たし、色々と話も出来たよ。」と。至福な表情のお母ちゃんは 「エーゲ海、ステキだったわよ~」と。土産も、...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(22)※R18!!性描写あります※

No image

※R18!性描写あります。抵抗ある方はスルーしてください※明の舌が、俺の塊を舐めては扱いてくる。生暖かいモノが、俺のに触れてる。ゾクゾクっとくる。 「あ、あ、あ・・・もう…だ、めっ・・・」 「まだだ」 「ふぅ・・・ぅ・・・」俺の中に入ってた指は抜かれ、今度は明の塊を押し付けてきた。デカそうだ。無理だ、あんなデカいモノ・・・。 「勉…お前は、俺のだ!」その言葉と共に、俺の中に入ってこようとしている、その...

  •  0
  •  0