archive: 2014年07月  1/6

【友達と親友の線引き】第4話 一代決心

No image

その次の日。やっぱり意地悪言われたりした。おかーちゃんと約束したのを思いだし、泣くのを我慢した。おしばい…。「…んで?」「ん?何かきこえたか?」「いーや。カでも飛んでるじゃない?」「ブーン、ブーンってね」 今度は、大きな声で言った。「なんで?」「は?」「なにが?」「ってか、コイツの声。初めてきいたー」「なんで、僕なの?なんでいじめるの?なんで?」「ケッ!」「どした、今日は泣かないのな。」「…つく。そ...

  •  0
  •  0

【友達と親友の線引き】 第3話 母の温もりと子守唄

No image

次の日。やっぱり、近所のアイツ等に囲まれ意地悪されたりしてた。でも、何も言えなかった。それでも、泣くのは我慢した。逃げるように帰った。泣きたかったから。「あら、トモ。お帰り。」「おかーちゃん、ダッコ!」「エーン、エーン…」「よしよし、我慢して帰ってきたのね。」おかーちゃんに抱っこされながら、寝ていた。目が覚めると、お母ちゃんは服が違う。「どしたの、どこか行くの?」「ううん。濡れちゃったから乾かして...

  •  0
  •  0

【友達と親友の線引き】 第2話 約束

No image

「次にトモ。あなたの番よ。こっちにおいで。」?「大事な、お話だからね。おいで。」おかーちゃんについて行った。おかーちゃんの部屋だ。「なに?」「トモ。約束してほしいの。これは、難しいことだけど、トモなら出来ると思ってるの。」おかーちゃんは、人差し指を出した。「まず、ひとつめ。外では泣かないで。泣きたくても我慢して、家の中で泣いて。おウチの中なら、いくらでも泣きなさい。泣き止むまで、お母ちゃんが抱っこ...

  •  0
  •  0

【友達と親友の線引き】 第1話 その頃は、4歳児

No image

「アアーン、アアーン…うっ…、ぇっぐ…」「やーい、やーい。この泣き虫、ちび虫。」「女に守られるなんて、男のプライドが許せんけどなー」「そうそう、弱虫だよなー」「アーン、アーン…」「アンタ達!誰が、泣かせてもイイって言った?」「でたぁー、オニババ」「オトコオンナだー」「キャハハハッ!」「あんたも、泣くんじゃないっ!」「ふ… ぅ…」キッ!「アンタ達もアンタ達だ。なんで泣かすの?」「ギャハハッ!」「ベロベロべ...

  •  0
  •  0

「幻想」

まだまだShadeに慣れてないころで、グリグリと線を動かしてました。だって、このソフトVer7.5だよ。最近は10超えてるよね。たしか、e-onからのメールには書いてあった筈。...

  •  0
  •  0

友達と親友の線引き

No image

ノンジャンル【友達と親友の線引き】(2014/7/28~2014/8/2)BLではなく、ノンジャンルです。主人公は大学2年になる直前の19歳、福山友明。彼の幼い頃の話しから始まります。1・2・3・4・5・6・あとがき...

  •  0
  •  0

【君と一緒に…】 あとがき

No image

夏、真っ盛りですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?梅雨も明け、暑くてたまらないですが、夏バテとか大丈夫ですか?この度は、「BL風味の小説」ブログにお越しいただきありがとうございます。コメントも、メッセージも、ブログ拍手も頂き、とても嬉しかったです。ありがとうございますm(_ _)mそれにお詫びもしなければいけません。丸々1話分アップし忘れてしまい、申し訳ありませんでしたm( __ __ )m前フリ無しのいきなりのエッ...

  •  0
  •  0

【君と一緒に…】最終話 これから何処へ…

No image

「おばさん、お願いがあります。」「どしたの?」「東京に行くことになりました。勝手な事だと承知してますが、保証人になってください。」「東京?」「はい、あの学校はクビになりました。」「やっぱりねー。あれだけ騒がしたのだから、なるよね。で、東京に行って、どうするの?」「卒業した大学で教鞭を取ります。先日、東京に行った際に話はつけて来ました。採用通知も頂いてます。」「そっか、そういえば東京の大学だったよね...

  •  0
  •  0

【君と一緒に…】第56話 そして、俊平は…

No image

治からの返信を見て、今日からか・・・と、複雑な心境だった。治のおばさんからの不意打ちをくらってしまい、今日は何もする気力がない。でも、今日は学校に行かないといけない。入学式だし、何かしらの辞令もおりるからな。この顔で教師紹介されてもなぁ・・・副担、外されて良かったかも。学校へ行くと教員室へ顔を出し、すぐに校長室へ向かう。他の教諭達は、「・・・え。その顔、どう…」と言ってくれる。西田なんて、笑ってる...

  •  0
  •  0

【君と一緒に…】第55話 4月6日、治の心中

No image

そして、俺を乗せた俊平の車は、東京へ向かった。本当は1人、しんみりと特急に乗って行きたかったのだけど・・・デート気分で東京までのドライブを楽しんだ。寮の最寄りの駅まで2時間もかからなくて、あっという間に着いた。これから、ここで寮生活が待ってる。俺は、4月6日からこの学校で、特待生として頑張る。俊平はと言うと、お母ちゃんの姿を見かけては、すぐ回れ右して帰ってった。昨日のことがあるからな。ぶん殴られるの...

  •  0
  •  0