FC2ブログ

category: 秘書の育成研修  1/7

秘書の育成研修 (34) 

No image

 何処からか現れたお助け隊の人。 その人は銃を撃ちまくっていた。 かっこ良くて見惚れていた。 すると龍の口が開いた。 弾を飲み込むことができず、喉の奥につっかえてる感じだ。 「黒舌が伸びてきたっ」 「その舌を目掛けて剣を振りかぶれっ」 その言葉にヒロとタカが同時に剣を振り落とすと、少し口が開いた。  「もっとだっ」 それを見た俺は気力で立ち上がり、その舌にナックル拳を見舞わせた。すると、龍の口はも...

  •  0
  •  0

秘書の育成研修 (33) 

No image

 坊ちゃんの目の前に立ってるヨシはペンダントを受け取ると後ろに渡す。 そのペンダントの行方を龍は視線で追う。 ペンダントを受け取った人は声を大にして叫でくる。 「皆して撃て、放て、拳を見舞わせろっ」 それを合図に、真っ先にヨシは弓を構え矢を放つが掠った。 「下手くそ。それでも弓道部長かよ」 「そういう自分はどうなんだよ。剣はバッドじゃありません。万年野球少年が」 「へえ。ヨシは弓道してたんだ。カッ...

  •  0
  •  0

秘書の育成研修 (32) 

No image

 いた、あそこだ。 そこを目掛けて飛び込む。 Mr.Sは驚きで目をまん丸くしている。 「え、た、たか、って、ひろ…、ぼっちゃ…、とね…、ありがとうございます」 名前が出たのでMr呼びは止めて、そのタカ&ヒロ&坊ちゃん&トネで、ここからは改名する。 そんな時、声が聞こえてきた。 ”5人か。忌々しい数字だこと” 「何だこれ」とは、ヒロ。 「龍だよ」と答えたのは、Mr.Sことヨシ。 「小さいな」とは、俺。 「生まれたて...

  •  0
  •  0

秘書の育成研修 (31) 

No image

 いきなり大声が聞こえた。 と思ったら、Mr.Tが猛スピードで落ちてきた。 「っ…」 「はあ…、あっぶねえ…」 「良かったあ…」 Mr.Tの声が聞こえてきた。 「た、助かったのか…」 「そうだよ。しっかし落ちてくるスピードが速いし強いな」 「サンキュ、助かった」 と言いかけた時に、言葉を付け加えてきた。 それは俺に向かっての言葉だ。 「ありがとうございます」 「助かって良かったよ。君は一番の働き者だからな」 ...

  •  0
  •  0

秘書の育成研修 (30) 性描写あります!

No image

 くそぉ…、どうしてこうなった。 ここは一体、何処なんだ。 辺りを見渡すが誰も居ない。 俺、一人だけ。 声に出ていた。 「くそぉ…、絶対に生き延びてやる」 しかも坊ちゃんの姿も見えない。 俺の隣を登っていたのに。 Mr.AとMr.TとMr.Sの3人は軽々と登っていたので、もう着いてるのかなと思ってたら叫び声が聞こえてきた。 「わぁーっ」 「2回目ーっ」 「何で―っ」 その軽者3人が上から落ちてきた。 俺を通り越して...

  •  0
  •  0