FC2ブログ

category: 小林兄弟  1/11

弟と兄 ~あとがき~

No image

いつも読みに来て頂きありがとうございます。 『弟と兄』は、如何でしたでしょうか?書きたかった設定なんです。弟が兄を襲う、というのが。兄が弟を、というのは色々な方が作品に出されてますが、弟からの愛というのを書きたかった。だけど、今迄は、その勇気が出てきませんでした。設定はずっと前からあったのですが、下書きとしてちょこちょこ書いていたのを繋げた話です。そして、三角関係の相手として登場したのは、サッカー...

  •  0
  •  0

弟と兄 (50)最終話※R18!性描写有ります。18歳未満&抵抗ある方はスルーして下さい※

No image

※祐樹視点※R18!!性描写有ります。18歳未満&抵抗ある方はスルーして下さい。ケーキを四分の1食べた俺は、兄を食って乱れさせてやった。明日は入学式だが、ここからなら徒歩5分圏内で行ける距離にあるから9時に起きても集合時間の9時40分には十分に間に合う。兄の部屋に行き、ベッドに横たわる。 「明日は、入学式なんだろ?」 「うん。でも大丈夫だよ」 「そっか…」俺は言っていた。 「先月のお兄ちゃんの誕生日の時は俺...

  •  0
  •  0

弟と兄 (49) ※道夫視点※描写…、有ります?

No image

※兄、道夫視点※ 「目、瞑って」そう言ってくるから、ああ、祐樹の方からしてくるんだな。素直に解釈して目を瞑った。唇を指で開こうとしている。言えば、開いてやるのに。そう思っていたら、祐樹の唇が触れてきた。何かが押し込まれてくる…。そんな感じだ。祐樹の舌か。いや、これは固形…?ガリッと音がする。 (ん、ガリッて何だ…?) 祐樹のご機嫌な声が聞こえてくる。 「うん、美味いわー。この人形菓子」その声に目を開く...

  •  0
  •  0

弟と兄 (48) ※祐樹視点※

No image

※祐樹視点※兄は、いや道夫さんは俺を抱きしめ、耳元で囁くように言ってくれる。 「誕生日おめでとう。これからはずっと一緒だよ」 「ありがとう…。俺、本当に嬉しい」なので、背伸びしてキスしてやる。兄はくすくすと笑ってくる。 「何?」 「ん、背は伸びないなとおっ…」踵で兄の足を踏ん付け、ゴリゴリとしてやる。 「ゆーうーきー……」 「ふんっだ、これでも180超えてるんだよっ」それを見下ろすだなんて、190以上あ...

  •  0
  •  0

弟と兄 (47)

No image

今年の大学の入学式は4月3日の月曜日だ。本来なら4月2日にするのだが、今年は日曜日という事もあり3日にするらしい。その前日の4月2日にスーツを受け取りに行った。そして、その日は俺の誕生日でもある。40歳になった兄と俺の年の差12歳が、11歳になる日なんだ。そう、兄の誕生日は3月15日で俺の誕生日は4月2日。スーツ姿の俺を、兄に見て貰おうと思っているのだ。大学の入学オリエンテーリングの時、入学者対象にスーツの割引券が...

  •  0
  •  0