FC2ブログ

category: 君と交えた、このレアな日に感謝!(3周年記念特別SS)  1/7

3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 ~お・ま・けの「け」~

その翌日、日本からジェットが着いた。入禁を取り消して欲しく緊張しているユタカと、巻き添えを食らったマサとタカも一緒だ。すんなりと入国出来た二人に対し、ユタカは入れないでいた。 「うー…」すると、そのジェットの持ち主の昌平さんが声を掛けてきた。 「博人が、こっちに向かって来てる」 「え、何で」 「私に会いに。だから謝るのなら良い機会だよ」少し待つとタラップの向こうから声が聞こえてきた。 「昌平」その...

  •  0
  •  0

3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 ~お・ま・けの「ま」~

ジュンヤは私を踏んだまま言ってきた。 「言っただろう、私はモデルだと。世界のトップモデルだと!ステージに上がったら、皆が皆、敵なんだ。その敵に、背を向けてステージ上を歩くんだ。私が何十年もトップの位置におれたのは、学生時代に文武両道とモデルを兼業でやってきたからだ。その敵に一瞬でも隙を見せる事は出来ない。その隙を作らない。それが一番なんだ」そう言うと、もう一言付け加えてきた。 「いいか、お前がパー...

  •  0
  •  0

3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 ~お・ま・けの「お」~

ユタカは、自分が巻き添えにした事に気が付くまでに時間は掛からなかった。そういう事かよ、あのクマ野郎。友を独り占めに出来る算段だよな。だけど、私一人だけでなく3人も置いてくれたお蔭で、力が湧いてきた。飛行機代を持つ気は無いが、それでも手続きはしないといけない。さっきからやってるのだが、通らない。何故なんだ。皆、パスポートは持ってるし、就業ビザも持っている。不備は無い筈だ。他にどうする事も無く、サトル...

  •  0
  •  0

3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 あとがき

いつも読みに来て頂きありがとうございます。ブログの3周年を記念しての小説『君と交えた、このレアな日に感謝』は如何でしたでしょうか?当初は10日間ほどのSSにするつもりでしたが、1ヶ月の短編となってしまいました。先に、友明に言われちゃいましたが…。数あるBL小説の中で、当ブログにアクセスして頂きありがとうございます。出会いというのは、本当に嬉しいものです。感謝しております。だけど、生きてる人間としては、感謝...

  •  0
  •  0

3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 (30)※最終話のおまけ的なレアもの part3 は、この人※

ジェットに乗って1時間後、パースに着いた。あー、誰も邪魔者が居ない。こんなに羽が伸ばせる日が来るとは思いもしなかった。博人さんとベッドに横たわっていた。 「博人さん…」 「ん、もう1回」 「ひろ…」 「完全な二人きりだ。怖いか?」 「全然怖くないよ。もっと早くにこうしてれば良かったと思ってる」 「同じく」言っていた。 「ねえ、博人さん。私はね、この60年に一度のレアな日というのが、自分にどんな影響を与え...

  •  0
  •  0