BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 君と交えた、このレアな日に感謝!(3周年記念特別SS)

3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 ~お・ま・けの「け」~

その翌日、日本からジェットが着いた。
入禁を取り消して欲しく緊張しているユタカと、巻き添えを食らったマサとタカも一緒だ。
すんなりと入国出来た二人に対し、ユタカは入れないでいた。
 「うー…」

すると、そのジェットの持ち主の昌平さんが声を掛けてきた。
 「博人が、こっちに向かって来てる」
 「え、何で」
 「私に会いに。だから謝るのなら良い機会だよ」

少し待つとタラップの向こうから声が聞こえてきた。
 「昌平」
その声を合図に、昌平はタラップに向かって行き、顔を見せた。
 「おー、博人。久しぶりだな。連絡せずに悪いが、良いかな?」
 「もちろん、歓迎する」
 「サンキュ」

荷物を持ちにジェット機内に戻ってきた昌平はユタカに声を掛けた。
ほら、降りるぞ。
そうユタカに声を掛けると、昌平は荷物を手にすると先にジェットから降りた。



ユタカも荷物を持ち、昌平さんの後を追うがタラップを降りることが出来ない。
もう一歩踏み出せばパースの地面に降りれるのに、まだ入国許可がないので降りることが出来ないのだ。だから、その境の場所で立ち止まり、クマ野郎の背中を睨み付けていた。
が、中々言えないでいた。
早くしないと、一人だけ置いてけぼりにされてしまう。
せっかく昌平さんにも力を借りて、ここまで戻ってきたのに…。
なので、話し掛けると言うよりも叫んでいた。

 「ぁ、ぅ、ぁ…。ご、ごめんなさいっ!」
その叫び声に、皆は立ち止まり振り向いたのが視線で分かる。
 「ごめんなさい。
私は…。
私は、自分の気持ちが抑えきれずに、ヤッてしまった。
後悔はしてない。
だけど、これきりになるのは嫌だ。
だから、もうしない…、から。
ごめ…、なさ…」


屈辱?
いや、そんなものではない。
人に頭を下げる事が、こんなに難しいだなんて思いもしなかった。
他に、どんな方法があると言うのか。
あるのなら、誰か教えて欲しい。


近くに誰かが来た気配がした。
 「そこまでして友の側に居たいか?」
その声はクマ野郎だ。
その言葉に頷いていた。
 「あいつのどこが良いって?」
 「全部」
 「良い所と悪い所があるだろ」
 「でも、全部込みでの好きなんだ…」
どれほど待っても声が聞こえてこないので不安になったユタカは恐る恐る顔を上げたら、クマ野郎は苦笑していた。
 「その忠誠心には恐れ入る。だけど、あいつは人間だ。あいつの人間性を無視するような事がもう一度あれば、容赦しない。その時は、アンソニーの手を借りてお前をミイラにして太平洋のド真ん中に放り投げてやる」

アンソニーの手を借りてミイラにして放り投げる…。
いや、こいつならやる。
アンソニーも友が絡むとやるだろう。
そう思ったから、ユタカは両手を上げて降参の意を示したのだ。
 「もう、しません…。約束します。だから、友の側に居る事を許して…」


バーンズ。
本当に、君の孫は強いし、怖いね。
この私が負けを認めるなんて、今迄には無かったのに。
生まれてからこの60数年に、たった一度も本心からの謝りの言葉を口にした事が無かった。
なのに、このクマ野郎には叶わない。
さすがフォン・パトリッシュの直系だけある人物だ。

今日は、己の負けを認めてしまった。
本当に、レアな日だ。

友。
君と身体を重ねた事を、私は忘れない。


しんみりとしてたのに、なぜかクマ野郎はご機嫌だ。
しかも、こんな事を言ってきた。
 「まあ、お前の泣き顔を見ることが出来て嬉しいよ」
 「そりゃ、大事な人と別れさせられると泣くよ」
 「まあ、あの時の啼き顔も自然だったよな」
 「あの時って…」
 「私の指でイかされた時」

げっ…。


一瞬後、皆は笑い出した。
マサとタカは腹を抱えて笑ってるし。
挙句の果てには、一緒に来てくれた昌平さんとサトルまで笑ってくれる。
 「なるほどねー。博人の”お痛”が発動したか」
 「どおりで言い難そうな顔してるなあと思ってたんだ」


このクマ野郎。
何て事を、皆の居る前で言ってくれるんだ。
しかも、昌平さんの言う”お痛”って、何だよ。
 「ちょ…」
そのクマ野郎は人差し指をクネクネと曲げたり伸ばしたり回したりして言ってくる。
 「ん、もう1回して貰いたいって?」
 「違うっ」

誰にも言わなかったのに。
このクマ野郎。
皆に暴露しやがって…。
痛かったけど、何時の間にか快感になってたなんて事、誰が言うもんか。
口が裂けても言わないからなっ。


昌平さんは三男坊のサトルに「お痛って何?」と聞かれ、笑いながら話していた。
 「博人は医者だからね。
あいつのしばきは”お痛”なんだよ。
うちの族に居た頃から、あいつはサブリーダーだったけど、異名は”指使いドクター”だったんだ。
女を日替わりでとっかえひっかえてはヤりたい放題だったしな。それに、テリトリー争いとか族同士の戦いでは男女区別なく”お痛”を発動させてた」
そう言って、昌平さんは人差し指をクネクネと曲げたり伸ばしたりしている。


なっ…!
クマ野郎は昌平さんとこの族の一員でサブリーダーだったのか。
くそぉ、どおりで強いし自信満々だと思ってたんだ。
しかも、女を日替わりでとっかえひっかえだと・・・?
うー、だから私の性の方も分かったのか。
侮りがたし、クマ野郎。



その後、めでたく入禁も解け、入国出来て心底安心したユタカでした。
めでたし、めでたし。  











 (お・わ・り)  


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

3shunen_banner_c.jpg


良かったね、ユタカ。
とんだレアな日でしたね~
そして、ここで博人の過去が暴露されました。

いよいよ、次からは新作です!


スポンサーサイト

3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 ~お・ま・けの「ま」~

ジュンヤは私を踏んだまま言ってきた。
 「言っただろう、私はモデルだと。世界のトップモデルだと!
ステージに上がったら、皆が皆、敵なんだ。その敵に、背を向けてステージ上を歩くんだ。私が何十年もトップの位置におれたのは、学生時代に文武両道とモデルを兼業でやってきたからだ。その敵に一瞬でも隙を見せる事は出来ない。その隙を作らない。それが一番なんだ」
そう言うと、もう一言付け加えてきた。
 「いいか、お前がパースに戻りたいのなら、私たちの飛行機代を持って、ボスとクマ野郎に頭を下げる事だ。そうでないなら、私はお前を許さない」
 「ジュン・・」
 「私だって、私だって、ボスと同じホモなんだっ」


ついに仲間にカミングアウトしたジュンヤは、そのまま道場から、サトルの家から飛び出した。

仲間はバラバラになるだろう。
だけど、私には恋人がいる。
それに、私の事を分かってくれる人もパースに居る。
ボス、待ってて。
皆が居なくなっても、私だけは側に居てあげる。
そして、私と私の恋人で、ボスの服を作って癒してあげるよ。

3人を残して、ジュンヤは空港へ向かった。
親の力を借りるのは癪だが、背に腹は代えられない。
だが、まずは自分でやってからだ。
親の力を借りるのはそれからでも遅くない。


そう、パースへの入禁はユタカだけだったからだ。
他の3人には何の支障も無かった。
ただ、取り残されただけだ。
だから、一人一人だと戻れたのだ。
それをユタカに取りまとめさせたから戻れなかっただけの話だ。



ジュンヤが飛び出していった後に残った3人はユタカに言っていた。
サトルが先に口を開いてきた。
 「ユタカ、お前は油断したな。いいか、お前がいつも先陣なのは、それがあるからだ。
まだ分からないか。何を考えてるのか分からないが、腕より頭に磨きを掛けるんだな」
 「殺したくない…」
 「何だって?」
即答していた。
 「私が本気を出すと、皆を殺してしまう。そんな事はしたくないんだ」
 「で、ジュンヤに負かされたのか」
 「さっき」
 「さっきのはジュンヤが隙を見つけたので飛び込んだからだ」
ユタカの言葉を遮り、言葉を発してきたのはマサだ。
タカは、こう言ってきた。
 「お前ね、そうやすやすと人間を殺せると思うのか?」
 「私は…」
 「たとえ殺せたとしても、私たちは違う。そんなに簡単に死んでやらない。何年、仲間をやってるんだよ」

サトルの口から言いたかった言葉が、タカの口から発せられた。
自分の台詞を取られたサトルは溜息吐いて言ってきた。
 「ユタカ、本気で二人に謝るのなら手を貸してやる」
 「え…」
 「昌平に言って、ジェットでパースまで送ってやるって言ってるんだ」

その言葉に3人は驚いた。
 「出国出来ても入国出来ないんだと謝る事もだが、話も出来ないだろう」
その言葉にマサとタカは頷く。
 「そうだな、チャットとかだと出来ない話だよな」
サトルは畳み掛けてきた。
 「どうだ?」


そのままサトルの家で考え込んでいた。
数時間後、一本のメールがタカのスマホに届いた。
タカはスマホを開きメールアプリを起動させる。
ジュンヤからだ。
 「ジュンヤから、今シンガポールに居るって。で、後少ししたらパース行きに乗るってさ」
 「はあ?」と驚くユタカに、
 「あいつ、行動が素早いな」とマサは感心していた。


シンガポールから一日に1本しか出ないパースへの直行便に乗れてパース入りを果たしたジュンヤは、その足でボスに会いにクリニックに向かった。そこでクマ野郎、もとい博人から言われた。
 「私が入禁を掛けたのは、あのコンピュータバカだけだ」
 「え、そうなの?」

ジュンヤはユタカから知り得た事を話していた。
すると、博人は付け加えてきた。
 「それだけじゃない」
 「何が?」
博人は、友明の居る前で自分がユタカを指でイかせた事を話して聞かせた。

ぶははははっ…。

 「待って、待って。そんなの一言も聞いてない」と腹を抱え笑い転げるジュンヤと、
 「ったく、そんな事をしてたなんて…」と笑いながら呆れかえってる友明に、博人は言っていた。

 「まあ、あいつが本気で謝りたいと言うのなら、少しなら時間を割いてやっても良い」
 「しおらしくしてたよ。それに、私に負かされたのが意外だったみたいだ」
そう返すと目を輝かせて聞いてくる。
 「へえ、得意なのは何?」

その言葉に含まれる意味が数種類あるのに気が付き、先手を打ってやった。
 「あのね、私はモデルでありデザイナーなんだ。怪我したくない」
 「それは残念」


ジュンヤは、最後に付け加えて言っていた。
 「まったく、私をあいつ等と一緒にしないで欲しいな」






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

3shunen_banner_c.jpg

そして、3人を残して、一人だけ戻ってきたジュンヤ。
笑い転げてますよ。

3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 ~お・ま・けの「お」~


ユタカは、自分が巻き添えにした事に気が付くまでに時間は掛からなかった。
そういう事かよ、あのクマ野郎。
友を独り占めに出来る算段だよな。
だけど、私一人だけでなく3人も置いてくれたお蔭で、力が湧いてきた。
飛行機代を持つ気は無いが、それでも手続きはしないといけない。
さっきからやってるのだが、通らない。

何故なんだ。

皆、パスポートは持ってるし、就業ビザも持っている。
不備は無い筈だ。

他にどうする事も無く、サトルの家に行きアドバイスを請う事にした。
すると、サトルはコンピュータを操作して言ってきた。
 「パースから入禁食らってるぞ」
 
その言葉に驚いたのはユタカだけでなく他の3人もだ。
 「は?」
 「何それ」

 「いや、詳しくはユタカだけだ」
 「はあ?」
 「じゃ、他の3人は」

 「そう、他の3人だけなら戻れる」
その言葉で気が付いた。
 「あ…、あんのクマヤロー!」

何かしたのか?と聞かれたが言いたくなかった。
だけど、言わないと誰も納得しないだろう。
だから余計な事は言わない様にした。
クマヤローと喧嘩になって、叩きのめされた事だけを話したのだ。

だけど、4人共納得してないのは顔を見れば一目瞭然だ。
 「ボスに何かしたのか?」というサトルの問いに、即答出来なかった。
そう、サトルは伊達に6年間も左腕として君臨していたわけでは無い。
スズメと同様、文武両道だけでなく他にも磨きを掛けていたからだ。

4人の視線に耐え切れず、ボスに、穴に突き落とされた事を話した。
そこで黙っていたが、まだ納得してないのが分かる。
ので、仕方なく、小出しで話していた。

でも、あのクマ野郎に指でイかされた事は言えない。
だから、それ以外の事を話したのだ。


すると、サトルは立ち上がり一言だけ言い放った。
 「付いて来い」

その言葉に、4人はサトルの後を追い3階へ上がった。
そこは道場だった。

サトルはくるっと後ろを向き、ユタカに言い放った。
 「お前の性根を叩き直してやる」
 「え、サトル、お前が?」
 「そうだ。自分だけ抜け駆けして自分のモノにしたんだろう。裏切り者の卑怯者。私だって…、私だって、どれだけボスの近くに居たかったかっ!それを諦めて、日本に戻ってきたんだ。お前等に任せてなっ」


そう言うと、巻き添えを食らう直前に、マサとタカとジュンヤの3人はユタカをサトルの前に押し出して自分たちは道場の端っこに移動した。
そう、ユタカだけぶちのめされたのだ。
それを見たサトルは呟いていた。
 「仲間思いの良い奴等だよな」

そんなユタカに3人は返していた。
 「まさか、ユタカがボスに、そんな事をしていただなんて」と憤っているマサ。
 「私は男同士の、そういう関係は分からないが、クマ野郎の思いは分かるぞ」と返してくるタカ。
 「嫌がってる相手を無理矢理に犯したのか…。紳士面して、どこが先陣(たて)だよ。クマ野郎に殺されても良い位だ」と喚くジュンヤ。

サトルはニヤリとして言ってきた。
 「ユタカ、今度はお前がなるか」


ユタカには、その言葉の意味が分からなかった。
だからサトルに聞いていた。
 「何に?」
 「お前一人に対し、私たち4人が向かう。今迄、お前等が集団でクマ野郎にしてたようにな」
その言葉がGOサインとなり、マサとタカとジュンヤは動いた。
まさか、ジュンヤまで動くとは思っても無かったのだ。
それに、サトルの行動が、拳が違う。
手刀の重みが今迄とは違う。
 「ぅ…」
 「私は、ここで師匠だけでなく鍛錬や修行もしてるからな」と、見透かしたように言ってくるサトル。マサとタカも同じく「クマ野郎とタイでしてる事あるから」と言ってくる。
それに、ジュンヤの動きには目を瞠った。
 「なんで、ジュ…」
 「私はモデルだ。いいか、モデルには無駄な動きは必要ないんだ。自分を華美に魅せる為、俊敏に動けるように筋肉も付けておかないとやっていけないんだ。ステージ上だけでなく、バッグヤードも戦場なんだ。
私が学生時代、単位を落とさずに卒業して、モデルをやっていたのは、ボスが居たからだ。ボスが言ってきた言葉は、今でも覚えてる。”自分のやりたい事をやれば良い。両立は難しいけど、本人がそれでもやりたい、という強い思いがあれば出来るんだ”ってな。
知ってたか?ボスが夜間で栄養学を取って勉強していたのを」
 「知ってた」
 「尾行して知ったんだろう」
 「お前は違うってか?」
 「ああ、違う。私のすぐ下の弟が、同じ時間帯で同じ栄養学を取っていたからな」

そう言うと、ジュンヤは私を蹴り上げざま、私を引きずりながらのバク転をしてきた。
その間に、3人から攻撃を受けていた。
今の様なのは躱すことが出来ない。
こいつら、本気なのか。

敵として、自分に向けられてるのが感じ取れた。
これだと、先陣どころか後ろになってしまう。
それだけは避けたい。
しかし、殺したくない。

その時、気が付いた。
弱くなってる、と。
イタリアに居た時、銀の殺し魔ダークとして畏れられていた。
あの時は、絶対に生きて日本に戻るんだという強い思いがあったからこそ、やってこれた。
今では腑抜けている。
生死を分けた戦が無くなったのもあり、本気を出す機会が無くなったのだ。
だから、温くなっていたのか。

だが、殺したくない。
どうすれば良いんだ…。

一瞬の迷いが生んだ、その隙。
とんでもない奴に負かされた。
 「ぐっ…」

ジュンヤだ。





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

3shunen_banner_c.jpg

ユタカをめぐるマサとタカとジュンヤの、お話です。
なにやら、入禁という言葉が。。。
入国禁止の入禁という意味です。

3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 あとがき


いつも読みに来て頂きありがとうございます。

ブログの3周年を記念しての小説『君と交えた、このレアな日に感謝』は如何でしたでしょうか?
当初は10日間ほどのSSにするつもりでしたが、1ヶ月の短編となってしまいました。

先に、友明に言われちゃいましたが…。
数あるBL小説の中で、当ブログにアクセスして頂きありがとうございます。
出会いというのは、本当に嬉しいものです。
感謝しております。
だけど、生きてる人間としては、感謝の気持ちとそうでない気持ちが交差してるのは当然の事。

流星群にちなんで、皆を一所に来させたのは良いけれど、それ以降は別々になってしまいましたが。
松井弘毅は父親との男同士の結束力を深めては、
元宗優は、パートナーである西條健志と家で眺めて、
数日後には、ちゃんと弘毅の父親は優と健志をカナダまで送ってくれた事でしょう。
2人の妹が出てきましたが、この2人は結婚するのでしょうかね?
 「相手を見つけようとしないのに、するわけないでしょっ」(by 優の妹と健志の妹)
健志の双子の片割れの隆一君は、優との事は諦めたのでしょうかね?
怖くて、聞けないです。。。


今作では…。
今迄に無しえなかったカップリングでエッチさせました。
桑田政行は博人先生に。
長年に渡り心の底にしまい込んでいた蓋が開き、政行は博人先生を押し倒しエッチしてたのにも関わらず、形勢逆転されてしまい博人の指でイかされてしまいました。

雅治は拓海センセーに。
拓海センセーは言ってましたが、本当なら治が高校に編入してきた時に手を出したかった。
だけど、このレアな日に結ばれた。しかも、ポリシーを破って、ナマ出しで。
そして…、拓海センセーは、どこに行ったのでしょうかね?

友明は豊に。
豊は、半世紀にも及ぶ片思いが溢れ出てしまい、ナマ出しで幸せ絶好調気分。
しかも、投げ飛ばされるというオチに。
豊の本心からの言葉を聞いた友明は、縁を切るのでしょうかね?

そして、豊は博人に。
博人の指が大活躍ですね。
博人に思いっきり投げ飛ばされコテンパンにされてしまったが、その後、博人の指でイかされたのを、豊はどう思ったのでしょうか…。


楽しく書かせてもらいました。
そして、巻き添えを食らったマサとタカとジュンヤの3人は飛行機代をユタカに払わせ、無事にパースへ戻ってくる事が出来るのでしょうか?
おまけSSを、お楽しみ下さい。


そして、経済学部5人衆の内の、松井を筆頭とする桑田、元宗の御三家が登場しました。
残るは2人ですね。
はい、なんとかして経済学部5人衆を集合させたいと思っております。
その時も、読みに来て頂けると嬉しいです。


ありがとうございました。





  あさみより  2017/7/19







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

3shunen_banner_c.jpg


♪..・ヘ(。≧O≦)ノ ニゲ...━━━⌒ >+○(-_-メ;)テメ・・・!!この出しゃばり野郎、シバイたるっ

3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 (30)※最終話のおまけ的なレアもの part3 は、この人※

ジェットに乗って1時間後、パースに着いた。

あー、誰も邪魔者が居ない。
こんなに羽が伸ばせる日が来るとは思いもしなかった。

博人さんとベッドに横たわっていた。
 「博人さん…」
 「ん、もう1回」
 「ひろ…」
 「完全な二人きりだ。怖いか?」
 「全然怖くないよ。もっと早くにこうしてれば良かったと思ってる」
 「同じく」

言っていた。
 「ねえ、博人さん。私はね、この60年に一度のレアな日というのが、自分にどんな影響を与えるのか分からなかった。日本に戻って、分かった事はこれだけ。
皆、幸せそうだった。
父親の血しか引いてない弟もお爺ちゃんになってたし、香織もお婆ちゃんになった。
私は潤が結婚するのかどうかも分からない。だけど、そればかりは特別な出会いがない限り出来ないだろう。博人さん、ありがとう」
 「友…」
 「私を選んでくれて、留まる事を決めてくれてありがとう。本当に感謝してる」

その言葉に照れたのか、テレ顔で博人は照れ隠しも含めて言っていた。
 「思ったんだが…」
 「何を?」
 「福岡の空港で聞こえてきた言葉…」
 「ん?」
何ともレアなテレ顔に見入っていた友明は(何か言ったっけ?)って思い出そうとしてると、相手はとんでもない事を言ってきた。

 「私が、彼の意思を継いでやる」
 「彼の意思とは…」
 「お前のマザコン直し」
 「はあ?」

その言葉で、思いっきり目が覚めた友明は一気に現実に引き戻された。
だが、博人は続けて言ってくる。
 「私も思ってたんだ。どうやったら、そのマザコンを直せるのかなあって。
誰しも同じ事を思うんだなと思ったね」
 「ちょ、ちょっと待ってよ。私はマザコンではない。ただ母親が好きなだけだ」
 「それを世間一般ではマザコンと呼ぶ」
 「ちょっ」

先程の超レアなテレ顔とは打って変わり、自信満々な表情で言ってのけた恋人に憤りを感じたのは言うまでもない。



お母ちゃん。
お母ちゃん、好きだよ。
そりゃ、私の初恋の人はお母ちゃんだよ。
でも、叶わないのは知ってた。
その代り、お母ちゃんの子供で良かったと思ったんだ。
それが、血の繋がりがなく、全くの無関係の人だった。
それを知った時、本当に怒りが湧いた。
お父ちゃんのクソヤロウってね。

でも、私は博人さんと出会って色々な経験をしてきた。

お母ちゃん。
私を育ててくれてありがとう。

生きてる間の、一番レアな日は、お母ちゃんと出会って暮らした事だね。
本当に感謝してるよ。
どんなに虐められても、
どんなに泣かされても、
『お母ちゃん』という存在が居た。
来世でも、会えたらいいな。
その時も親子という関係で。
離れたくないから。
その縁を切りたくないから。

お母ちゃんに会えたのを感謝するなら、会わせてくれたお父ちゃんにも感謝するのか。
いや、まー…。
まあ、そこは目を瞑ろうか。

60年に一度のレアな日。

だけど、香織の言葉に気付かされた。
 「七夕の星座はずっと連なってるんだよ。一年に一度の出会いではなく、本当は繋がってるのだけど、たまたまはっきりと見えた。その日が7月7日なんだ。
だから、私の結婚記念日は7月7日なのー」

そうだな。
あの能天気でおバカな出戻り姉にしては、良い事を言うなと思ったもんだ。
出会いに感謝だな。
お前の解釈の仕方にも感謝だな。




この世はレアな日で埋め尽くされればいいな。
でも、感謝したくない事もある。
感謝したいと、したくない。
その両方の思いがあるからこそ、生きてるんだと実感できるんだよな。
人間の心情って奥深いよな。




おっと、眠りに落ちないうちに…。
このブログの子たちの代表として、言わさせて下さい。
このブログに足を運んでくれ、読んでくれてる皆様に出会えた事。
またメッセージやコメント等の、お言葉を頂けた事にも感謝しております。
ありがとうございます。

これからも、末永くお付き合いくださいます様、よろしくお願い致します。 
      ( 「BL風味の小説」ブログ うちの子代表、福山友明 )
  
 















 3周年記念特別SS 『君と交えた、このレアな日に感謝』 完  




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

3shunen_banner_c.jpg

そして、おまけ的なレアものpart3 は、博人のテレ顔でした~

読んで頂き、ありがとうございました。
のちほど、後書きを書かさせて貰います。
<(_ _)>

 ≡≡┌ο≡┌ο≡≡┌ο≡┌ο≡≡┌ο♪ダッシュ!((( 三εεεεε・ヘ(。≧O≦)ノ ニゲロー!!

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ