BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 福山博人&福山友明

卒業、それは過去からの決別 #2 ~SSは最終話~

 「卒業かあ…」
しつこいほどにぼやくユタカの声に、イラつきのあるタカの声が応じてくる。
 「でも、今は生きてるんだ。そうだろ、違うか?」
するとマサの声が聞こえてきた。
 「そうだよ。昔の事を思っても、時は戻らない。今、この時を生きてる事に感謝しろよ」

そのしんみりとした雰囲気をぶち壊すかのように明るい声が聞こえてきた。
 「あれぇ、皆して、そこで何をしてるの?」
ジュンヤの声が聞こえてきたので振り返った。
 「おま…」
 「えっ」
 「そのっ」
絶句したタカとマサとユタカに、ウインクしてジュンヤは聞いてきた。
 「似合う?」

3人は脱力してしまったが、暫らくして口を開いてきた。
 「ジュンヤ、お前は、自分で似合うと思ってるのか?」
 「うん、思ってるよ。マサも着てみたい?」
 「誰が着るもんか」

 「そうだよ。需要とかあるのか?」
 「可愛いと思うんだ。ユタカは…、似合わないな」
 「ったりまえだ」

 「どっかの誰かさんに着ろ、とでも言われたのか?」
 「いや別に、全く誰にも何も言われてないよ。あのね、今年の6月下旬で、このブログは3周年目に入るんだよ。だから、宣伝も兼ねて着てみたんだ」
 「へえ、もうそんなに経つんだ」
 「タカも、一緒にどう?」
 「やだね」

マサは聞いていた。
 「なあ、ジュンヤ」
 「ん、やっぱり着たいってか?」
 「違う。絶対に着ないからな。その…、卒業って言葉を聞いて、何を思う?」
 「卒業、ね…」

ジュンヤは、ゆっくりと言葉を紡ぐ様に言ってきた。
 「人によりけりだと思うんだよね。私は大学卒業してもモデルを続けてきた。医者なんて、世界を飛び回ってる時にバイトでやっていただけなんだ。ドクターの資格を持っていたせいか、それは役に立つ時が多かった」

ジュンヤはユタカの表情が曇っているのを見て、ユタカに顔を向けて言いだした。
 「だけど、ユタカ。
お前さん、ボスの事を思い出すんだろう。
大学卒業した直後の、あの事故で死んだと聞かされたが、ボスは悪運が強いんだ。
お前の、あの家で起きた事件を憶えてるだろう。骨折紛いな事をされたが、骨折どころかひびも入って無かった。本当に運が強く、ボスもまた生きようとしてたんだ。
卒業というのは、寂しく感じる言葉だが、私は、こう思ってるんだ。
 『卒業とは、今迄とは違った挑戦に向かうのに必要なものだ』とね。
だから、おめでとうと言うんだよ。
ま、私の自分勝手な解釈だけどな」


3人は溜息を吐いていた。
 「ジュンヤって」
 「強いな」
 「前向きな言葉だな」

ジュンヤは口を開いた。
 「そもそも、モデルというのは本当に人によりけりなんだよ。服を着るのか、服に着られるのか、服を自分のモノにするのか、服は自分の一部なのか。それらを踏まえたうえで、モデル業というのは成り立つものなんだよ。医者は誰でもなれるし、出来る職業だ。
しかし、モデルは違う。
いかに自分を魅力的に魅せることが出来るか。
自分を演出していくものなんだ。
高2の時から引退するまでの26年間、頑張ってやって来た。
ミラノ、パリ、ニューヨーク等を中心にして色々な賞を頂いたけど、自分というのをしっかり持っていないと、流されて干されていくんだ。
いいか、謎野郎にハーフ野郎に…、なんとか野郎」

タカに殴られた。
 「って…」
 「なんとか野郎って何だよっ」
 「あ、思い出した。ごっついの、だ」
 「この野郎、殴られたいか」
 「やだねー。さっきも殴っただろう。
あの時も言ったが、私の忠誠心は変わらない。ボスがボスでいる限り、私はボスに付いて行く。
『自分の夢を持ちながら、悩みながら進んで行けば良い。疲れたら私が癒してあげる』と言った言葉は、無期限ものだ。だから、私はパースに来てるんだ」


ジュンヤの言葉で、3人は思い出していた。
大学時代、ボスは襲われ骨折紛いな事をされた事件を。
ユタカは、自分の屋敷の一部を壊された事をも思い出した。
 「私は…、私は、あの男を絶対に許さない!だから、めちゃめちゃに殺してやったんだ。
私にとって、ボスは…、トモは小学校の時からの腐れ縁だけど、あいつしか見てこなかった。
トモの行く先を阻む奴は、誰であろうと蹴散らしてやる」

タカは頷いてる。
 「あの時は、場所がそうだったからハーフが助けたが、私も助けたいんだ。
この命を賭けてでも、盾になっても守りたい。あんな熊野郎にでなく、この私が助けたいんだ」

その言葉に、マサも頷く。
 「親の七光りでなく己の力を知りたい、という願望は今でも持っている。
ボスが生きてる限り、ボスの側に居たい。あの忠誠心は、今でもある。だから、パースに来ることに決めたんだ」



声が聞こえてきた。
 「誰が何をほざいてるのやらと思ったのだが…、お前等は何年経とうが変わってないな」

声がした方を向くと、サトルだ。
 「ボスは何時まで経っても強がりの塊だからな。まあ、直せと言っても、こればかりは無理だろう。
それに、私も忘れてないからな。『バカになって。バカになれないのなら、私たちが甘やかしてバカにさせてあげる』という言葉は、今でも有効だ。
言っておくが、私は、これから東京に帰る。
あの忠誠心を知ってる者は、5人だけだ。他の奴等には一言も喋るなよ」

その言葉に、マサとユタカとタカとジュンヤの4人はハモッていた。
 「分かってるよ、澄まし野郎」
その言葉を聞き、澄まし野郎ことサトルは苦笑していた。
懐かしい呼び名だ…、と。

 「で、何しに帰国するんだ?」とユタカの言葉に、
 「父が死にかけなんだ」とサトルは返すと、
 「え、『御』が?」と、マサが驚いた。
 「昌平でなく、隆星の方が言ってくるんだ。もう駄目なんだろう…」

タカは聞いてくる。
 「で、何時の便で帰るんだ?」
 「ワンがパスポートの更新で帰国するって言うんで、便乗させてもらうんだ」
 「ワンのジェットか…」
 「ところで、その着ぐるみはジュンヤか?」
 「そうだよ、よく分かったな」
 「よく似合ってるな」
 「ありがとー。サトルだけだよ、そう言ってくれるのは」
 「色違いとか模様違いで、他に無いか?」
 「どうするんだ?」
 「優介に着せたい」

わはははっ…。
サトルの、その言葉に4人は大笑いしてしまった。
優介君、可哀想に。
サトルの玩具になっちゃって、御愁傷様。


茶色のプチ模様を着こんでいるジュンヤの後を4人は付いて歩き、店に向かった。
茶色と黒色の2色しかないが、トラ模様、ミケ模様、プチ模様、縞模様の4種類がある。
茶色のミケ模様を買ってサトルは4人に声を掛けた。
 「もう、ここへは来ない。優介が先に死んだら来るけど、私が先に死んだら、ここへ来るようにと優介には言ってあるんだ。その時は、よろしく」
 「分かった」
 「気を落とさずに」
 「お大事に」
 「恋人は大事にしろよ」
その4人の言葉に微笑み、サトルは目を瞑り、意識を学生時代の頃に戻す。
目を開くと、学生時代によくしていた腕組みと冷笑を見せ、別名『左腕は澄まし野郎』と呼ばれてた頃にしてた冷ややかな口調で声を掛ける。
 「お前等も元気でな。ありがとう」

そう言って、サトルは店を出た。


 
他の3人は、色々と物色している。
 「へえ、色んな物を置くようになったな」と言うタカの声に、
 「この時期は、まだ暑いからね」と返すジュンヤに、
 「ここだからこそ置ける物だな」と返してくるマサの声に気が付いたジュンヤは、ユタカをチラリと見て納得した。
 「ああ、なるほど。遅かりしのホームシックなのか」

言い当てられたユタカは悔しくて…、悔しさのあまり手直に掛けてあったタイガーの着ぐるみを頭からすっぽりと被り、顔を隠した。
 (くそっ。本当に、医学野郎は、何かの言葉で言い当ててくる、うんちく野郎だよなあ…。
そうだよ、ホームシックだよ。トモと一緒に日本に帰りたいんだ。それには、あのクマヤローをどうにかしないといけないんだよ…)


3人の笑い声が聞こえてくる。
 「あはははっ…、ユタカがタイガー着てるー」と笑うジュンヤと、
 「王様は、さすが動物の王様を選ぶんだな」と呟いてるマサと、
 「ははっ…、タイガーになってボスを守ってるクマヤローを狙い撃ちだな」と、これまた笑い転げてるタカの3人を心の中で罵っていた。
(そうだな、これでクマヤローを狙い撃ち…、出来るわけないだろっ!あいつには腕力どころか知力や帝王学や武術にも負けてるんだからっ)



そして…、サトルに対して言えなかった言葉は胸に秘めて、結束力を再び強めた4人でした。

サトル、俺たちは何時まで経っても最強の仲間だからな。
何かがあろうが無かろうが、頼ってこい。
待ってるからな。














To be continue...





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

福山さんシリーズのSSは最終話です。

そして、引き続き『弟と兄』をお楽しみに~
スポンサーサイト

卒業、それは過去からの決別 #1 R18!性描写有ります。18歳未満&抵抗ある方はスルーして下さい。

※性描写あります。18歳未満&抵抗ある方はスルーして下さい※



 「卒業かあ…」
 「そうだね、卒業シーズンだね」
 「一体、何年前なんだろう…」

そのしんみりした空気を吹き飛ばすかのように、明るい声が聞こえてきた。
 「さてさて、私はパスポートの更新で日本に帰国するからな。5ヶ月程留守にするが、お前等、後をよろしくっ」

 「ったく、本当に…」とユタカが言うと、
 「いつまで経っても…」と、ワンが後を繋ぎ、
 「元気な奴め…」と、タカは締めくくった。

村上洋一は、「なーに、しんみりしてんだよ」と言いながら、その3人の頭を順番に叩いていく。
 「ユタカ君は私が居ないと寂しいのかな」
 「全然っ」
 「ワン君。いつも周りに気を張らないと、ミスターの跡は継げんぞ」
 「私は表の方を継ぐんだっ」
 「タカ君は元気が出ないのかあ?それなら私が診てあげよう」
 「お前の診察なんて必要ない」

ユタカとワンとタカの3人に言いたい様に言われてるが、スズメこと洋一はさらっと聞き逃して、次なる人物の居る所へ向かった。
コンコンッ。

ノックすると、しばらく間があったが応えがあった。
 「…誰だ?」
 「私、スズメちゃんですよ~」
 「なんだ?今は、手が離せないんだ」
 「今夜の便で帰国するから、ご挨拶に寄ったんだ」
 「そっか、…無事に戻れよ」
 「ありがと。それじゃね」
 「ああ」

足音が聞こえなくなった。



 「…っ」

 「やっと、煩いのが居なくなったか」
 「も、もぅ…、だ・め…」
 「ん…、もう少しだ」

博人は、友明の中に突っ込んだまま動きを止めていたが、スズメが去ったのを確認して再度、動き出した。

 「くぅ…、ひ・ひろっ…」
 「声、抑えてろ」
 「あっ…」

あ、駄目だ。
それ以上されると…。

 ――出る。




 「やっぱり、家でするのとは大違いだな」
 「も、もうっ…。ここでしないで、と、何回言えば分かるのっ」
 「お前の感じ方が違うんだよ」
 「バカッ」
ははっと笑いながら博人さんは、静かに言ってくる。
 「そう言えば、今頃時分の日本は卒業シーズンだな」
 「卒業……」
 「卒業旅行なんて言葉も流行った時があったけど」
 「そうだね。でも私は旅行をしようという気はなかったからね」
 「勉強ばかりで頭でっかちだったよな」

その言葉に、むぅっ…とムカついたが、あながち嘘でないので文句は言えない。
 「友明は、卒業という言葉に何を感じる?」
 「何って、何の事?」
 「私は、大学卒業後は、父親の病院に入るのが決まってた。だから、卒業旅行したんだ」
友明は、それ以上聞きたくなかったので、違う事を聞いていた。
 「どこへ行ったのですか?」
 「日本国内旅行」
 「なに、それ」
思わず笑っていた友明の額にキスをして、博人はきっぱり言っていた。
 「普通の人なら国外だろうが、私は日本の事を知らなかったからね。だから車で行ける距離を選んだんだ。友明は、行くのなら、どこを選んでた?」
 「うーん…」
 「言わないと、もう1回するぞ」
 「え?ちょ、ちょっと…、考えてるのに」
 「はい、5秒経った。考え時間終了ー」
 「はあっ?」


卒業。

その言葉は、嫌な事を思い出させる。
それは友明だけではない、他の9人もそうだ。
それは、『事故に遭い死んだ』と聞かされていたからだ。
が、博人は自分の病院に搬送されてきたので知っている。
その時のやり取りは、何十年経とうが忘れられない。
忘れられるものでは無い。
あの事故の後、友明はふっくら顔が凹み、変形して頭を15針縫った。
あの時の事が蘇る。
あの時の…。
搬送されてきた時の、友明の顔が浮かんできた。
思い出すと、今でも胸を締め付けられる。

博人は、あの時の約束の一つがまだ実行されてない事に、今、気が付いた。
 「ドイツ料理…」
 「え、何?」
 「卒業した祝いに、ドイツ料理を食べに行こうって約束してたのを、今、思い出した」
 「え…。あぁ、あの事故に遭う前の」
 「日本に…、東京に」
 「食べに行かなくていいよ。それよりも博人さんの手料理が食べたいな」
 「え、私の?」
 「ドイツ料理なら失敗もなく作れるのでしょ?私にだけ、私の為に作って」
 「友明…」
 「だから…」


再度、ソファに強く押された。
 「だ・か・らっ!ここではしない様にしましょうっ」
 「遅い」
 「もう…」



神聖なる職場で…、クリニックのボスルームで3回戦目のエッチタイムに入り、満喫していた博人と恥ずかしがり屋の友明でした。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

福山さんシリーズでは、初のSSです。

卒業、それは過去からの決別

いつも読みに来て頂き、ありがとうございます。

今後の作品たちにおける立ち位置的なものもあり、卒業という言葉を使わさせて貰いました。
敢えて、この卒業シーズンと被せて貰いました。


福山博人&友明シリーズのSSです。
登場人物は、この御方達です。

サトル、マサ、ユタカ、タカ、ジュンヤ
スズメ、ワン(チョイ出)
福山博人&友明(チョイ出)


#1(スズメ、ユタカ、タカ、ワン、博人、友明)
#2(サトル、マサ、ユタカ、タカ、ジュンヤ)




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

サドなアイツと俺 ~あとがき~

いつも読みに来て頂きありがとうございます。

 『サドなアイツと俺』は、いかがでしたでしょうか?

中学を卒業と同時に、ドイツの高校へと留学したジュン。
大学を卒業と同時に、フランスへ飛んで行ったトニー。
この二人の物語でした。


元々、この二人は同じオーストラリアのパースで中学までを過ごしていたのに、それぞれが留学したり、社会人としてフランスに行ったりしてる間に、疎遠になっていたのですね。
それが、ジュンは大学の講義の一環としてフランスに来た。
虐めっ子トニーと分からず、ジュンはトニーに密かに惹かれていってしまうのですが、それが本人からのフルネームと言い回しを聞いて、あのトニーだと分かった時の驚きったら、本当に思ってなかった事でしょうね。でも、最後には自覚してしまうという、お約束のパターンですが…。

ドイツでの暮らしぶりが見え隠れしているジュンに、鞭の才がある事が分かりました。
でも、トニーには効かず。
 「一度見てる」という言葉があったように、見破られてしまいましたね。


1歳しか違わない、この年齢差。
この二人を書いてる間は、本当に楽しく自分でもなりきってました。
ぽんぽんと言葉が出てくるのが不思議でした。


そして、忘れてはならない大事な事。
この物語で、全ての物語はジュンの父親である福山友明に繋がってしまいました。
出しゃばりなマザコン友明からのコメントです。

 「皆さま、いつも読みに来て頂きありがとうございます。
”全ての道はローマに通ずる”という言葉があります。
ですが、この『BL風味の小説』というブログに関しましては…。
(ゴホンッ)咳払い…。

”全ての物語は、福山友明に通ずる”と言っても過言ではありません。
今作では最初しか出演出来なかったダメ親父でしたが、息子が主役をやりとげたみたいで安心しました。
もっと出番を増やして欲しいのですが、こればかりは作者あさみの力量が低いという事になりますので、次作を待つのみです。
これからも、当ブログをよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

が、一言だけ言わせて下さい。
私はマザコンではありません。母親が好きなだけです。
死しても、私にとって母が一番です!(声、高らか)」
 [壁])≡サッ!!ε=ε=ε=ε=ε=ヘ(。≧O≦)ノ ニゲロー!!友



はい、一言余計な事を書き逃げされてしまいましたが、今回は許しましょう。



そして、エピローグ的な物語へと繋がります。
 『年齢も国籍も関係ない、欲しいのは一言だけ』の後編です。
お楽しみにして下さい。



これからも、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。




   2016/12/28   byあさみ

 




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


サドなアイツと俺 (41)最終話ですが、性描写有ります。抵抗のある方はスルーして下さい。

※ジュン視点※性描写有ります。18歳未満&抵抗のある方はスルーして下さい



何を言われたのか分からないトニーはジュンの上に覆い被さっていたのだが、次の瞬間、下敷きにされ、ジュンの指が自分の尻穴に突っ込まれていた。
 「ちょ、おま」
 「力抜いて」
 「お前ねっ」
 「トニーってエッチし慣れてないでしょ?下手過ぎて、かえって感じてしまうんだよね」
 「良いじゃねえか」
 「だから、俺の方が上なの。Understand?」
 「No――――――!!!」



ジュンの指が、自分の身体の中を擦ってくる。
しだいにそれがジュンのモノになり、トニーは乱れてしまう。
 「は、は、は……」
 「トニー…、イイ顔だ…」
 「あ…、あぅ…」
 「トニー、イッていいよ」

 「アッ!………ッ」

少し遅れてジュンのも弾けた。
そう、トニーの中へ中出ししたのだ。



しばらくトニーの汗臭い身体にすり寄っていた。
心身共に満足した俺は、もう一つ気がかりだった事を聞いてみた。
 「ねえ、トニー」
 「くそったれ、今度は何だ?」
 「トニーはどうやって仕事先を見つけたの?」
 「は?」

全く脈絡のない言葉を聞き、トニーは戸惑っている。
 「だってパースに居たのに、ここに居るんだもの」
 「あー…。たまたまパースにパスポート更新で帰国した人と会って話をしてたら”おいで”と言われてオファーを貰ったんだ」
 「稀だよね?」
 「そうだな…。で、残り3年なんだ」
 「3年かあ…。俺は大学生を3年間だよ」

鼻を抓まれる。
 「勉強好きな奴め」
 「だって…」
 「で、どこの学部?」
 「情報学部システム科」
 「おお、SEやコンピュータ関連だな」
 「引く手あまた?」
 「それこそ、色んな職種に就職出来るぞ」
 「へえ、そうなんだ」


もう一つ思い出し、声を掛けようとする。
 「あ、そうだ。ねえ、ト」
だがトニーに遮られる。
(これ以上、何も言わさんっ)という思いで。
 「喧嘩もするだろうが、これからは仲良くしていこうな」


今度はジュンがパチクリとする番だ。
でも、その言葉が嬉しくて、こう返していた。
 「うん!よろしくっ」
 「こちらこそ」

そう言うと、お互いを抱きしめ、目を瞑り唇を重ねた。























にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

ジュン&トニーのお話は終わりです。
読みに来て頂きありがとうございました<(_ _)>
次は『年齢も国籍も関係ない、欲しいのは一言だけ』の後編になります。

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ