BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ BL漫画の感想
CATEGORY ≫ BL漫画の感想
      

【ミッドナイトドッグショー】 漫画感想

この間の発情のイラストレーターである、鳥海よう子先生のBL漫画です。

最新のが欲しかったのだけど、2013年4月発行の本です。


攻めの調教士と、受けの犬。
名前が載ってないのが残念・・・

とにかく犬を飼うようになり、ベッドでの調教がメインなお話。

他の場所では、仕事場だったり・・・

ボケとツッコミの、漫才風味で、面白い!



もう一話あるのだけど、そちらは大学の先輩後輩が、社会人になったお話。

後輩は、いきなり自分を襲った先輩に復讐するため、先輩と同じ会社へ就職。
エレベーターという密室で・・・
先輩のマンションという部屋で・・・

後輩は、結局・・・ 
先輩とは両思いなのに、口に出しては言わないのでドンドンとワダカマリが強くなっていく。

でも、昔の先輩後輩に戻れる機会があり、そこでついに後輩は先輩に。
「あなたが好きです」と。

それを受けた先輩は、俺もだ!的になり・・・以下、略。




もう一話は、ニヒルなモテ男とバーテンのお話。
自称、モテ男の瞬ちゃん。
浮気がバレて、宿無し文無し・・・
それを、バーテンのKさんが「仕方ない的」に、瞬ちゃんがKさんのアパートに住むことを許した。

でも、恋人となっても・・・
自分に注目してくれないバーのお客さんを、自分に注目させるように頑張ってるが・・・
Kさんと一緒だと、漫才になってしまう。

その漫才センスに、バーのママは目をつけた!
という所で、話は終わった。

目立ちたがりやな瞬ちゃん。
バーテンダーのKさん。
この2人は、良いコンビです♪



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ランキング参加しています。
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト
BL漫画の感想 | Comments(0) | Trackbacks(-)

【発情】 漫画感想

岩本薫先生の原作で、作画は鳥海ようこ先生。

私、この漫画は、途中からしか知らないのよね。
だから、嬉しかった♪




主人公の峻王(たかお)は、任侠の世界の人。
発情期に、「つがい」となる人を見つけ一生を遂げる。

でも、その峻王が見つけた「つがい」は、通ってる高校教師だった。
もちろん、男性教師の立花先生。
メガネもかけ、真面目な教師だけど、峻王の真実を知りつつも強く惹かれていく。

そう、峻王の真実とは、人狼。
人狼と身体を抱き合う事に関しては、嫌な気持ちになるだろうに、当の立花先生は、天然ボケ(-.-;)
向かい合ってた峻王は、そんな様子の立花先生に対しての気持ちが苦笑モノになったのであろう。

家族のことを思いやっての、兄の行動。
それに対し、峻王は立花先生の防御のための行動。

峻王は、兄と対峙するも、立花先生のある行動によってなし崩しとなる。


そして、番外編がありました。
その番外編で、私は月夜さんに惚れた( ´艸`)


鳥海先生の描かれる画は、とても綺麗。
峻王が好きだったのだけど、峻王の父である月夜さん。
さすが、任侠のドン!
人狼のドンでもあるので、睨むと貫禄がある。

もぅ、虜になってしまいました。

峻王、ゴメンm(_ _)m
月夜さんに浮気してます(*´∀`*)





最後に愚痴らせて・・・
発売当日、本屋に行ったのよ。
そしたら発売日にもかかわらず、置いてなかった某本屋さん。

違う本屋さんで・・・
2日遅れで、ゲットしました。


それと、来月の7月7日。
新作「青の誘惑」が出ますね~
「碧の王子」の続巻みたいです。
碧の王子は、私とっても好きなんだ(´∀`*)ウフフ
鏑木さんが、私の好みさ( ´艸`)
BL漫画の感想 | Comments(0) | Trackbacks(-)

【異国色恋浪漫譚 (いこく いろこいろまんたん)】

やまねあやの先生著の漫画です。

主人公のらん丸(アルが呼ぶ時)は、イタリアの地中海で挙式。
その初夜に、イタリア人のアルと過ごした。

という物語から始まり・・・

(#^.^#)ふふふ


ヤクザだけど昔気質な、天然が入ってるキャラの、らん丸。
その主人公に、アルは惚れていくのですね~


もぅ、めっちゃ良い感じ\(//∇//)\


なにやらCDも出てるそうですね。

サブキャラの権藤さん、とっても良い味が出ていて好き。
らん丸の奥様の薫さん、これまた楽しいキャラで^0^


続感はあるのでしょうか?
結局、らん丸はアルに拉致(?)されて・・・


開放的で良いです(*^^)v


突っ込みどころ満載ですが(*≧∀≦*)

書ききれないのが実情(-。-;


最後、あのシーンで終わらせないで。
パスポートやビザ関係を、無視してるでしょw

BL漫画の感想 | Comments(0) | Trackbacks(-)

【憎みきれないろくでなし】

イラストはやまねあやの先生ですが、その表紙に釘づけになった私の第一声は「麻見様~」でした。
すると、周りの人達がこっちを向き、お陰で注目の的になってしまいました。

で、残りの1冊を手にしてたもので、おかげで周りの人達が店員に探させてました。
ゴメンネm(_ _)m」


天然で正義感の強い大学生の朗に、麻見様そっくりの変装得意な弁護士の橘高様。

父親大嫌いな朗ですが、結局は腹を割って話すことができず、私はこの朗が、まるで自分みたいに感じたのよね。
父親の後は継がないと言い張ってた朗だったけど、橘高様とコンビを組んでは楽しそうに過ごしていく。


それでも、ある事件に巻き込まれながら、やっと父親と話をしようという気になってきた。

明はその事件で入院していたが、その間に橘高はどこかへ雲隠れしてしまった。

その後、法曹界にはいかない!と言いながらでも修習を終えた後、朗は離れ離れになってた橘高を探すということをしなかったらしい。
それでも、橘高の知り合いから会ってやって、と言われ向かった先は。。。

橘高の本当の自宅。


そこでうつらうつらと寝ていた明は、橘高が戻ってきたので、一緒に入浴&Hを。
そして、今の自分の立場を話しては、やっぱり橘高と一緒に居たい!

そう言ったら、橘高も「お前を迎えに日本に戻ってきたんだ」と。


これから2人は、天敵に向かっていくのだけど、でも大丈夫だよね?


そうそう、麻見様といえば高羽君なのだけど。。。
この朗は、どちらかと言うとフェイロンに似てるんだよね。
フェイロン、飛様。


なので、少し違和感覚えながらでも、楽しめて読めました。

次作、出るかなぁ~

BL漫画の感想 | Comments(0) | Trackbacks(-)
FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ