category: 合宿、それは自分への挑戦  1/4

合宿、それは自分への挑戦  あとがき

No image

いつも読みに来て頂きありがとうございます。1年ぶりの登場となりました、英&夏生です。純粋な二人だったのですが、1年も経つと変わるものですね~英は情報収集に、夏生は姉の協力を得ながらの勉強。 『合宿、それは自分への挑戦』というタイトルですが。其の一は、『BLとはなんぞ?』其の二は、『兄を言い負かすこと』其の三は、『スカイダイビング』其の四は、『夏の夜とは…、肝試し』其の五は、『大学受験』の5つに取り組みま...

  •  0
  •  0

合宿、それは自分への挑戦 最終話 ※サクラ咲く※

No image

ドキドキ・・・。なんて言おうかな。 「ただいま?」それとも「こんにちは?」、それとも両方にするか…。ちょっと贅沢に北陸新幹線を使って、長野に来た。そう、あれから俺は英さんが使っていたという参考書を譲り受け、勉強していた。幾度もの長野・横浜の往復で、貯金も残り少なくなっていた俺には天の助けだった。しかもお金まで。 「こんなの貰えないよ…」 「どっちみち、ここに来るんだ。そう言うのなら、働きながら返して...

  •  0
  •  0

合宿、それは自分への挑戦 (12)※R18!!抵抗のある方はご遠慮ください※&『夏生の挑戦、其の五』結果は、次回の最終話にて

No image

※R18!!18歳未満&抵抗のある方はご遠慮ください※翌年の3月中旬。英さんからメールが着た。 『長野に戻って来た。一年間は会えないが、受かる事を祈ってるよ』その文面に思わず、ありがとうと、言っていた。塾に行くお金なんて無い。だから、ずっと溜めてきた貯金に手を出しては、受験対策の参考書を数冊買って勉強した。分からない箇所は、学校の先生に聞きながら。これは自己投資だ。そう思いながら、同時に就活もしていく...

  •  0
  •  0

合宿、それは自分への挑戦 (11)※自分の将来を考える夏生、その結果は…※

No image

 「さあ、今日は最終日だ。8時半から10時まで練習だぞ」環先生の、その言葉で四日目が始まった。お昼ご飯はバスの中で食べるので、各自がスーパーで土産と共に買って乗り込む。お兄ちゃんが土産を買ってるのを見て、言った。 「お兄ちゃんが土産を買うのなら、俺は横浜に着いてから夕食のおかずを買おうかな。」 「ああ、それは良いかもな」 帰りのバスの中では、寝ていた。恐らく、皆が皆、寝ていただろう。痛みを感じた。 ...

  •  0
  •  0

合宿、それは自分への挑戦 (10)※夏生の挑戦、其の四※夏の夜は・・・

No image

その後、荷物を受け取っては合宿所へ戻った。夕食後は、皆で涼む時間だ。だが、俺は・・・。そう、それは肝試し。そういったのが苦手な俺は、パス。したかったのに、環先生に無理矢理連れて行かれた。風に煽られた葉っぱが顔に当たる。 「ぎゃー!」環先生の腕にしがみ付いていた。そうしてると、肩をトントン…と叩かれる。 「ギャー!ゆーれーだー!」環先生の声がするので、俺はまだ安心出来ていた。 「ギャーギャーと煩いっ...

  •  0
  •  0