category: 続・年上攻め×年下攻めカップル  1/6

続・年上攻め×年下攻めカップル ※あとがき※

No image

いつも読みに来て頂きありがとうございました。今回の作品はどうでしたでしょうか?簡単な、紹介です。 『年上攻め×年下攻めカップル』 ※高校生時代※高校2年生の井坂勉と、同じく高校2年生の羽鳥明。勉は、フランスで生まれたが為のハーフですが。明は、本来は大学生なのに帰国子女という枠だったもので、高校からやり直さないといけない羽目になってしまった。それは、父が社長をしている会社では、いくら社長の子供だからと言...

  •  0
  •  0

続・年上攻め×年下攻めカップル※オマケ※

No image

~おまけ~ 「ちょっ…ちょっと、なにアレ?」 「まーまー、いいから落ち着いて…」 「離せ、治」 「いや、離さない。」俊平は、恋人である治をひたと見据えて言ってくる。 「あのフランス野郎は、俺達の事を言ってるんだよ。」 「ホントの事でしょ?」 グッときたが、当の本人がこれなんだから…。溜息を吐いて、近くに居る人物に声を掛けた。 「なあ、お宅もそうだろ?」お宅、と呼ばれた人物は「は?なにが…」的な表情をし...

  •  0
  •  0

続・年上攻め×年下攻めカップル(24)※最終話~R18有り!オマケ付き※

※R18!!性描写あります※その夜。早速、明は行動に移してきた。俺は、明を睨んでは文句を言ってた。 「・・・で、これはなんのつもりだ?」 「ん。いいだろ。」俺の腕はベッドのヘッド部分と紐で結ばれており、自由に出来るのは足だけになっていた。あ、口も自由に喋れる。案の定、明は上に乗っかってくる。キスはまだ良い。が、それ以外の事をすると上下反対だからな。そう思い、明に身を委ねていた。 「勉…」 「んっ…んっ...

  •  0
  •  0

続・年上攻め×年下攻めカップル(23)

No image

俺は、はっきりと言ってやった。 「これからは俺が主導権握るからな。俺は上以外、絶対にやらないからなっ!」強調して言ってやった。明は不服そうに言ってくる。 「えー…。お前は重いからな…」キッと睨んでやると、苦笑しながら言ってきた。 「お前ね、高校の頃は細かったのに、身体がデカくなってるんだよ。食べ盛りだからなのかな…。」俺は言ってやった。 「食べ盛りもあると思うけど、俺はフランス人の血を引いてるんだよ...

  •  0
  •  0

続・年上攻め×年下攻めカップル(22)※ライバル対決…※

No image

 「ハイ!そこまでっ!!」いきなり大声が聞こえては、俺は明から引き離された。クリスが明に向かって吠えてる。 「コノヤロー…。いい度胸してるな、俺の目の前で…。」明も負けてないみたいだ。 「ふんっ。誰が遠慮なんかするもんかっ。」 「この猫かぶりっ。」 「勉は俺のだ。」 「てめぇは大学に戻ればいいだろっ。」 「俺は、ここの裏方がメインだが、店にも出る。」 「貴様っ…」 「知ってるか?一人減ると人件費がカ...

  •  0
  •  0