category: R18 年上攻め×年下攻めカップル  1/8

年上攻め×年下攻めカップル(35)※学生編、最終話※

No image

翌年の4月。進級ボードに自分の名前を探しては、明の名前も探す。あれ、明の名前がないや。そういや、明の名字って、なんだっけ・・・?まあ、いいや。高校3年生ともなると、皆イライラカリカリするものなんだろうか。外の大学を受験する人は、そうなるのかな。ここはエスカレーターだから、高等部を卒業したら、そのまま大学部へ入る。でも、俺は行かない。高等部を卒業したら、フランスに戻るから。フルムーンで、フランスに行...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(34)※明視点…夢、見つけた※

No image

結局、佑哉は父親の拳骨を食らっては全治3か月の入院になった。それを見ていたハジメと誠は、2人揃って勉のベッドに近づいていき・・・。「ごめんなさい」と土下座をしていた。佑哉の父親は堅気ではないのだから、本来ならば明日香さん率いる警察とは犬猿の仲。その様子を見ていた勉は、どうしても腑に落ちないという表情をしていた。そうだろう。ついさっきまで謝れ、謝らないという言い争いをしていたのだから。4日後。勉は退...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(33)※勉…弟欲しい宣言する※

No image

 「本人が謝るのが一番良いのですが、どうやら謝る気が無い様で・・・。本当に申し訳ありませんでした。」深々とお辞儀をしてくる、その人達。お父ちゃんが、応じようとした。だが、俺が先に声を出した。 「親に言われて、むりやりに謝ってもらっても嬉しくないです。でも、これだけは本人に聞きたいです。どうして俺を狙ったのか。それと、俺を『エサ』呼ばわりしたのは、どういう意味なのか。それを知りたい。」1人が聞き返し...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(32)※勉…母にバレタ※

No image

そして…、3家の母子6人が入り混じっては言い争っている。ギャーギャーと煩く、俺の頭と耳は煩さと痛みを覚えた。俺は一人っ子だし、親子での言い合いなんて無いに等しいぐらいだ。あっても、こんなに大声で喚いたり、叩いたり等という事はしない。俺は、どこかに逃げたかった。明が、俺の手を握ってる。大丈夫だ、と言ってくれてる様だ。お父ちゃんの声が遠くから聞こえてきた。 「学園長。あなたのせいではなく、あの3人の周りに...

  •  0
  •  0

年上攻め×年下攻めカップル(31)※勉視点…再逮捕※

No image

俺は、何も言えなかった。明は、まさか俺のヤク漬けにされた身体に触れたのか?女警部の声が聞こえてくる。 「あんた達3人は、彼に何をしてたの?私がアジトに入った時、ハジメ、あんたは裸になっては、あの子の上に跨っていた。佑哉と誠も、違う部屋に居たけど、パンツ1枚だったよね。何をしてたの?」佑哉の母親が口を開いてきた。 「あ、明日香ちゃん。それって誘導尋問って言うのでしょ。そんな風に言って・・・」 「でも、...

  •  0
  •  0