BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ R18 年上攻め×年下攻めカップル

年上攻め×年下攻めカップル(35)※学生編、最終話※

翌年の4月。進級ボードに自分の名前を探しては、明の名前も探す。
あれ、明の名前がないや。
そういや、明の名字って、なんだっけ・・・?
まあ、いいや。


高校3年生ともなると、皆イライラカリカリするものなんだろうか。
外の大学を受験する人は、そうなるのかな。
ここはエスカレーターだから、高等部を卒業したら、そのまま大学部へ入る。
でも、俺は行かない。
高等部を卒業したら、フランスに戻るから。
フルムーンで、フランスに行った時に、お父ちゃんは話をしたみたいだ。

お母ちゃんは、あれから頑張ったみたいで・・・。
現在は、6ヶ月の妊婦さん。
双子だそうな・・・。
本当に、よく頑張ったね。
18歳も年下の弟か妹・・・。

フランスに行くのは来年の8月だから、1年間しか兄できないが、許してね。
そう思ったら、1ヶ月ほど早く生まれた。
2人とも、女の子だった。
2人とも、黒髪に黒目で、体毛も黒色だ。
小っちゃくて、可愛い。

良かったね、虐められなくて済むよ。
俺はフランスに行くから、「お前の兄ちゃんは…」なんて言われることも少ないと思う。

お父ちゃんも喜んでるし、お母ちゃんも嬉しそうだ。



元々フランスで生まれた俺は、国籍はフランス人。
だからフランス語に英米語はお手の物。
だけど、心配なのはドイツ語。
読んだり喋ったりするのは良いのだけど、日本に来てからは書くことをしていなかった。
だから、この1年半は頑張って書く様にしたよ。

いきなり一人暮らしというのは不安だけど…。
でも、そのフラットには従兄弟も居るし、そこの管理人だから大丈夫だろう。
というのは、両親の思い。

でも、俺の思いは違う。
自分の生まれ故郷。
10歳まで、そこで暮らしていた。
それに、婆ちゃんがお父ちゃんの為に残してくれたモノ。
そのモノであるフラットを、お父ちゃんが俺に譲ってくれた。
そして、従兄弟もそうだけど他の従姉妹や親戚達も、俺の事を忘れずにいてくれてる。

なにしろ、従兄弟とは日本に来てからでも交友は続いている。
MACを使ってのチャットで、メールでと。


 「退職金の内の半分は勉に残して…」
と言ってた言葉。
お父ちゃんは再度言ってきたが、俺は半分も要らない。
なにしろ、そのフラットを譲り受けたから。
それに、まだ子供が2人居るんだからね。

それなら、3等分して、そのうちの少しだが・・・。
と言われ、フランス銀行の通帳とカードを渡された。
その通帳には、毎月のように振り込まれていた。
そして、この大きい数字は、フルムーンで行ってた時に振り込んでおいた。
遅かれ早かれ、お前はあっちに戻るだろう。
そう思ったからだ。
と、お父ちゃんに言われた。

ありがたく、頂きます。


お父ちゃん、お母ちゃん、今までありがとう。
そして、18歳年下の妹の双子ちゃん。
俺と一緒に映ってる写真は、引っこ抜いたから大丈夫だよ。
4人家族として、新たな人生を送ってね。

未練は無い。
唯一、気に掛かるのは…。
明のことだ。


そして、俺は出発日を言わずにフランスに戻った。
俺の生まれ故郷へ。
日本の土は、もう踏むことはないだろう。









 『続・年上攻め×年下攻めカップル』≪ in フランス編≫ に続く…。



☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
勉視点の話になります。

そして、学生編は、終わります。
でも、まだまだ物語は完結してません。

※※※※※
ランキングに参加してます。押してくださると、嬉しいです♪
ポチッと押してね↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


↓↓携帯用のランキングです。クリックしてくれると、嬉しいです。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ
にほんブログ村 BL小説
 
 
スポンサーサイト

年上攻め×年下攻めカップル(34)※明視点…夢、見つけた※

結局、佑哉は父親の拳骨を食らっては全治3か月の入院になった。
それを見ていたハジメと誠は、2人揃って勉のベッドに近づいていき・・・。
「ごめんなさい」と土下座をしていた。

佑哉の父親は堅気ではないのだから、本来ならば明日香さん率いる警察とは犬猿の仲。

その様子を見ていた勉は、どうしても腑に落ちないという表情をしていた。
そうだろう。
ついさっきまで謝れ、謝らないという言い争いをしていたのだから。


4日後。
勉は退院して学校に来た。
そして、定年退職した筈の井坂常務は復職したらしい。
あのフルムーンは、なんだったのか…。


俺は、これを機にある考えを行動に移していた。
冬休みを利用して、卒業した大学に行った。
こっちで働きたいと言うと、3月からなら空いてると言われ、早速採用通知を貰った。
どちらにせよ、今すぐではない。
それは、大学側もそうだったし、俺もその方が良い。
そして、住むためのフラットも手配した。


1学年が7クラスある中、3年間顔を見ない奴は半分以上居る。
しかも、顔と名前を一致できる人間は、一握りの人間だけだ。
各学年とも、クラス替えがあるからな。
だから、勉も・・・、クラス替えして俺と同じクラスではない。
そう思ってくれるだろう。


そして、翌年の2月下旬。
俺は飛行機に乗っていた。
勉の言葉が胸に残ってる。
 『自分の好きな事、やりたい事をしていくと趣味になる。
夢は叶える為に見るものではない。自分の心を癒してくれるものだと思ってるよ。』

勉。
俺の夢はこれだ。
 「勉と、一緒に居たい。」
でも、それは叶わぬ思い。
だけど、あの2ヵ月間は楽しかった。



☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
明視点の話になります。

明は、自分の思った事を行動に移した。
そして、自分の夢を見つけた。

※※※※※
ランキングに参加してます。押してくださると、嬉しいです♪
ポチッと押してね↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


↓↓携帯用のランキングです。クリックしてくれると、嬉しいです。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ
にほんブログ村 BL小説
 
 

年上攻め×年下攻めカップル(33)※勉…弟欲しい宣言する※

 「本人が謝るのが一番良いのですが、どうやら謝る気が無い様で・・・。
本当に申し訳ありませんでした。」

深々とお辞儀をしてくる、その人達。
お父ちゃんが、応じようとした。
だが、俺が先に声を出した。
 「親に言われて、むりやりに謝ってもらっても嬉しくないです。
でも、これだけは本人に聞きたいです。
どうして俺を狙ったのか。それと、俺を『エサ』呼ばわりしたのは、どういう意味なのか。
それを知りたい。」

1人が聞き返してきた。
 「エサって・・・?」

声が聞こえてきた。
 「暇だから教えてやるよ。明様は、2ヵ月間全く顔を出さない。
誰でも弱みを握られると、それを取り返しに来るだろう。そんな事も分からないのか。
お前の身体は肌スベスベで気持ち良かったのに、頭の方はパーなんだな。」

俺が、明の弱み?

 「佑哉っ!」
 「いってぇなー。なに叩くんだ、このクソ親父。」
 「お前は、何をしていたんだ。」
 「ハイな気分だったからさ、そのコーコーセーを相手に遊んでたの。」

ゴキッ!


と、音がした。
え・・・ゴキッ?
バキッ、ではなく、ゴキッ?

でも、俺は痛みを感じで叫んでいた。
 「い…いたいたいたいたいたーい!」
明が、俺の方を見る。
 「え・・・。」

明は、俺の手をずっと握ってるのを忘れてたみたいだ。
 「あ…ああ、悪い。ごめん、ごめん。」

明は握ってた手を外しては、今度は優しく包み込んできた。
 「痛かったねー。ごめんねぇ。」
と、まるで小さい子を相手にしてるような言い方をしてくる。


俺は、思った事を口に出していた。
 「お母ちゃん…」
 「なに?」
 「弟が欲しい。」
 「っ?!」

何も反応が無い。
なので、もう一度付け足した。
 「お母ちゃん、まだ30代なんだから、もう1人位平気でしょっ。」

・・・あなた、頑張る?
定年だけど・・・。

2人とも小声で言ってる。
なので、もう一言付け足してやった。
 「お母ちゃんが働いて、お父ちゃんが主夫すれば?」

すると、奥の方から声が聞こえてきた。
 「井坂君。戻ってきてくれると嬉しいんだけどね。」

あ…、あの橋口と呼ばれてた男と一緒に入ってきては後ろに控えていた奴だった。
お父ちゃんは、驚いた声を上げていた。
 「え…ふっ、副社長?何時から、そこに・・・。」

なに、副社長だと…。
その副社長は言ってきた。
 「保高(ほだか)君は、どうやら1人では無理みたいで…。最近は、私に泣き付いて来るんだ。
井坂さん、カムバーックってね。」

社長の声も聞こえてくる。
 「最初の内は、私に泣き付いて来てたんだよ。
1週間ほどで来なくなったから慣れたのかな、と思ってたんだが…。
どうやら違ってたみたいだな。」

副社長が即答してる。
 「私の所に来る前は、穂高(ほたか)君の所に行ってたみたいですよ。」
社長は苦笑してる。
 「やれやれ。穂高君は理事の仕事で手一杯だって事を、知ってるくせにね。」

社長が、お父ちゃんに笑顔を見せては詰め寄ってる。
 「井坂君・・・。」
それを副社長が止めに入った。
 「社長。こうなれば、理事2人と保高君を連れて来た方が良いですよ。もしかしたら、専務の3人にも泣き付いてたかもしれないですね…。専務も連れて来た方が良いのかな…」




☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
勉視点の話になります。

勉は、きっぱりと言い切った。
だけど、聞きたい事は聞きたい。
その答えに、明は…勉の手をも一緒に握りしめていた。

※※※※※
ランキングに参加してます。押してくださると、嬉しいです♪
ポチッと押してね↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


↓↓携帯用のランキングです。クリックしてくれると、嬉しいです。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ
にほんブログ村 BL小説
 
 

年上攻め×年下攻めカップル(32)※勉…母にバレタ※

そして…、3家の母子6人が入り混じっては言い争っている。
ギャーギャーと煩く、俺の頭と耳は煩さと痛みを覚えた。
俺は一人っ子だし、親子での言い合いなんて無いに等しいぐらいだ。
あっても、こんなに大声で喚いたり、叩いたり等という事はしない。

俺は、どこかに逃げたかった。
明が、俺の手を握ってる。
大丈夫だ、と言ってくれてる様だ。
お父ちゃんの声が遠くから聞こえてきた。
 「学園長。あなたのせいではなく、あの3人の周りにいる親が原因みたいですね。」
学園長は焦ってるみたいだ。
 「あ、あの井坂さん・・・」
社長さんの声も聞こえてくる。
 「どうやら井坂君の息子さんは、一方的に被害を被ったみたいだな。」

明は、俺の手を握ってるのも忘れてるほど自分の手を強く握りしめてる。
 「申し訳ありません。私が、この2ヵ月間、一度も彼らの所に顔を出さなかったからです。
だから、私のせいです。」

ん…2ヵ月間、一度も?
俺は、明に言っていた。
 「それは、俺の家に居たからだろ。俺の監視役として2ヵ月間居たのだから。
あ…、でも出かけようと思えば出かけられた筈だ。どこにも外出しなかったのは、どうして?」
即答だった。
 「楽しかったから。」

え・・・。
驚いて、すぐには言葉が出なかった。
明も、自分で言っておきながら、ついさっき発した自分の言葉に驚いた様子だ。
 「あ…あ・・え、と・・・俺は末っ子だし、弟が出来たみたいで嬉しかったんだ。
色んな事があったけどね…。」

まあ、たしかに色んな事があったよな。
でも、弟?
弟って、なに?


 「勉…。」
 「ん?」
一呼吸置いて、言葉が返ってきた。
 「もう足を滑らせてシャンデリアにぶら下がって、1階まで落ちる事はするなよ。」

げっ・・・。
なんで今頃それを言う。
担任には、足を滑らせて4階から1階まで落ちた、という事しか言ってないし。
しかも、親には何も言ってない・・・。

俺の斜め後ろ辺りから、おどろおどろしい声が聞こえる。
 「ほー…。そういう事があったの。ねえ、勉君?」
お母ちゃんの声が怖い…。
なので、俺は即答した。
 「す、すぐ病院に行きましたっ。」
担任も口を挟んできた。
 「ああ、あの時か。頭はパーにならずに、その後の中間試験では、成績アップしたよな。
打ち所が良かったんだな…。」
ありがと、センセー。
 「そうそう。」
と、頷いては相槌を打った。
さすが担任、ナイスフォロー。


いきなり、何かを叩いた音が聞こえてきた。

しーーん・・・、と静かになった。
すると、3家の父3人が、俺のベッドに近づいては3人共ハモっていた。
 「この度は、うちの息子がとんでもない事をしてしまい、申し訳ありませんでした。」




☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
勉視点の話になります。

明は勉の2ヵ月間の様子をザックリと話した。
そのザックリの部分とは、勉は親には言ってなかった事だった。

そして…3家の母子6人は感情的になってるが、父親は冷静だ。
その父親の1人が、場を鎮めた。

※※※※※
ランキングに参加してます。押してくださると、嬉しいです♪
ポチッと押してね↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


↓↓携帯用のランキングです。クリックしてくれると、嬉しいです。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ
にほんブログ村 BL小説
 

年上攻め×年下攻めカップル(31)※勉視点…再逮捕※

俺は、何も言えなかった。
明は、まさか俺のヤク漬けにされた身体に触れたのか?

女警部の声が聞こえてくる。
 「あんた達3人は、彼に何をしてたの?
私がアジトに入った時、ハジメ、あんたは裸になっては、あの子の上に跨っていた。
佑哉と誠も、違う部屋に居たけど、パンツ1枚だったよね。
何をしてたの?」

佑哉の母親が口を開いてきた。
 「あ、明日香ちゃん。それって誘導尋問って言うのでしょ。
そんな風に言って・・・」
 「でも、麻薬に手を出してるのですよ。しっかりと3人の指紋に顔も裏が取れてる。
それでも、貴方達は子供を庇うのですか?」
 「それが親というものよ。ねえ、あなた。」
 「佑哉。お前はどこで何をしていたんだ?」
 「え…。暇だったからハジメに付いて行って…、えーとぉ…気が付いたら警察署だった。」

誠の父親も、息子に聞いてる。
 「誠。お前はどうなんだ?」
 「・・・・・・。」
 「誠っ!」
 「か、金…金が欲しいんだよっ!この金髪坊主を強請って金をふんだくろうと思ってたんだ。
なのにハジメが殴るから・・・。」
ハジメが、誠の声を遮るように叫ぶ。
 「誠っ!お前、何を喋って…」

警部の声が大きく聞こえてきた。
 「あーー!煩いっ!!
あんた達、謝ろうと言う気はないの?どうして、私がここに連れて来たのか分からないの?」

ハジメも叫んでる。
 「けっ!謝る気なんてこれっぽちもないねっ!するだけ時間の無駄なんだよ。」

 「ハジメッ!あんたは、どうしてそういう・・・ちょっとっ…」

いきなり布団を剥ぎ取られた。
まさか、また殴られる?
そう思うと、ギュッと目を瞑り、出来るだけ小さくなった。

 「へっ、お前は男のくせに、女より感度の良い身体してるよな。もう一度ヤラセロッ。」
しかも、ここは病院だ。洗ってもらえばいいだろ。
その前に、一発・・・。

な、なにを言って・・・。
一発って、また殴られるのか…。
いやだ、お母ちゃん、お父ちゃん助けて。
どこに居るの?

そしたら、乾いた音が聞こえた。

パンッ!!

ビクッ…、と俺は身体を揺らした。
ん…、痛く、な、い・・・?

声が聞こえた。
 「明、貴様ぁ…。邪魔する気かっ!」
 「俺は、明日香さんにも父親にも言った。勉を守りたい、と。
ハジメ…。俺を殴った、この力で、勉を何発も殴ったのか…。」
 「コノヤロッ・・・」

カチャッと音が聞こえた。
 「ハジメッ!現行犯で逮捕っ!!」
今ので、罪状が一つ増えて、あんたは5つよ。

ハジメは呟いていた。
 「クソッタレ…。うん?…博巳か、助けてくれ。なんで、そんな所に隠れてるんだ・・・。
法律に勝てるのは、法律だけだ。お前の十八番だろ。
お前、何もしてないのだから、これ位はしてくれよな。」

博巳は、ハジメを睨んでは断言していた。
 「俺は大樹の監視役だ。大樹がツルムのを止めたと言った時点で、俺もお前から離れた。
忘れたわけではないだろう。
人殺しとヤクには手を出すな、と最初にルールと称して言っておいた筈だ。」



☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
勉視点の話になります。

事情を女警部が話していく。
それを黙って聞いてる勉。
そうしたら、その弟は再び勉に手を出すべく、布団を剥ぎ取った。

※※※※※
ランキングに参加してます。押してくださると、嬉しいです♪
ポチッと押してね↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


↓↓携帯用のランキングです。クリックしてくれると、嬉しいです。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ
にほんブログ村 BL小説
 
FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ