category: 正月旅行、嬉しいのだけど…(2014~2015年末年始SS)  1/3

正月旅行、嬉しいのだけど… ※2014~2015 年末年始特別SS※ あとがき

No image

明けましておめでとうございます。本年も、よろしくお願い申し上げます。2014年から2015年の年越えSSでしたが、いかがでしたでしょうか?大学生になった治は、俊平のマンションで2人暮らしをしている。年末年始の過ごし方を考案していた治は、俊平が当てた商店街の福引でゲットしたモノ。そのゲットしたモノは、箱根にある旅館の招待券。そして、舞台は箱根!その箱根で、年末年始を迎えたのですね。むふふ~な旅行を終えて、東京...

  •  0
  •  0

正月旅行、嬉しいのだけど… ※2014~2015 年末年始特別SS※ (10)最終話!

No image

俊平は言ってきた。 「どっちにしろ、新宿で買い物をして帰って来たんだ。夕食を食べながらでも、こうして抱いていたい。」俺は、嬉しかった。 「うん。抱いてて。」俊平は、ギュッと抱いてくれた。そして、俊平はポツリと呟くように言ってきた。 「治。お前、あの時言ってきただろう。」 「いつの事?」 「初日の夜。」何か言ったっけ…、と考えてしまった俺に、俊平は嬉しそうに言ってきた。 「お前を抱こうと思ったんだよ...

  •  0
  •  0

正月旅行、嬉しいのだけど… ※2014~2015 年末年始特別SS※ (9)R18!

No image

そのまま、俺は俊平の浴衣にしがみ付いて寝てしまっていた。俊平は、俺を温める様にギュウっと抱きしめてくれていた。目が覚めると、俺は俊平の少し肌蹴気味な浴衣の上部分にある胸に、顔を埋めていた。えーとぉ・・・。少しばかり考えていたが、昨夜のことを思い出しては、その胸の突起部分を口に含んでは思いっきり噛んでやった。声が聞こえてきた。 「ってぇ・・・」 「ふんっだ。昨夜のお返し。」 「はいはい。ごめんね、悪...

  •  0
  •  0

正月旅行、嬉しいのだけど… ※2014~2015 年末年始特別SS※ (8)R18&S?M?

No image

俺は、腕は縛られては、目隠しをされてしまった。俊平の息遣いだけが聞こえてくる。 「ふっ…、くぅ・・・」 「治、力入れるなよ。」俊平の手が、舌が、俺の身体を舐めまわす。触られるたびに、声が出てしまう。 「あ、あ、あ、・・・あぁ」身体が震える。次は何をされるのか。触られるのだろうとは思うが、目が見えないのでは少し恐怖感がある。 「くっ、ぅ…」俺の身体を触りまくりながら、俊平は俺の臍辺りを舐めてる。 「ん...

  •  0
  •  0

正月旅行、嬉しいのだけど… ※2014~2015 年末年始特別SS※ (7)R18!

No image

もう、ほんとにグッタリとなっていた俺は、俊平のされるがままだ。俊平は、嬉しそうに言ってくる。 「治。やっぱり、お前の声が一番色っぽいよ。」 「もう・・・。俊平ったら…。」俺は幸せだった。温泉風呂で温まったので、今度は寝室に向かった。すでに布団は敷いてあった。 「お前が居なかったので、楽に敷けたよ。」 「ありがとう。」と、素直に言っていた。俺は布団に潜りこんでは、俊平は部屋の電気を消した。だが、枕元...

  •  0
  •  0