BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 貴方への想い、それは禁忌(エド&アラン)
CATEGORY ≫ 貴方への想い、それは禁忌(エド&アラン)

貴方への想い、それは禁忌 (30)※最終話です※

アランは、地下も奥深い独房に入れられた。
日に2度の食事が出る。
アランはその食事を前にして、考えていた。
普通の人間なら10日間ほどで死に至るだろうの微量の毒が盛られてる。
だが、アランを含め、あの方のお側付きとして働いていた20人は、毒には耐性がある。
私の事を知らないのか、それともジュニアは何も言ってないのか。
それなら、1週間後には出よう。

毒盛りの食事を口にしたアランは、今までの毒とは違う事に気付いた。
ドイツの…あの屋敷で、自分達用に作られた毒入りの食事を、トモのクリニックの喫茶で作られた食事を思い出していた。

側付きの20人の内、ジョシュアは私が、この手で撃ち殺した。
本の虫のウィルは卒業しては、男の恋人がいる。
泣き虫のジョンも卒業しては、男と…。
そこで思い出した。あの眼光に、あの物言い。
ミスターだ。あの病院の室長をしていた男だ。
彼にオファーを掛けて貰ったドクターは、契約が切れて故郷に戻る。そして、そのドクターの口添えで、オファーのリクエストを彼は受け取る。契約が切れたドクターは、そのうち名医と呼ばれる程の力を、また太い人脈を持つようになる。

私は、どうしてあんな事をしたのだろう。
関係のない人間を、何人も手に掛けてきた。
毒を盛っては畑をダメにしたり、香港マフィアの裏のボスと言われる奴を殺したり…。
シンガポールでは、関係のないドクターを、観光客だと分かる人間を…。
他にも色々と・・・。

フィル。
あの20人の中で、私と対等の頭脳と身体能力を持つ、側付き。
シンガポールマフィアのドンとなられたホワン様に気に入られ、一緒に付いて行ってしまった。
フィルがいなくなり、張り合いのない日々を送っていた。
そうだな、あの泣き虫が言うだけあって、私は寂しかったのかもしれないな。

エド・・・。
貴方が好きだ。でも、所詮は手の届かない雲の上の人。
楽しかったよ、幸せだった。

ヒロト様とも再会できて、次代の御になるかもしれないトモと、彼の息子のジュン。
ジュン。
君とのお喋りは、とても楽しかった。
屁理屈ばかり言ってると、誰にもモテないよ。

トモ。
おそらく御にはならないだろう。そんな気がする。
それでも、君には君なりの人脈がある。香港マフィアにイタリア王子、そしてヒロト様。
御とは違い、全世界を味方に付けてる。

イタリア王子。
私やフィルを含めた20人の側付きに、色々と教えてくれた。世界の事、言語に銃器の扱い、コンピュータやスポーツ等。あの手刀は、本当に効いた。

ラーメン屋。
中国の広州でラーメンやってた奴。まさかパースに来てるだなんて知らなかった。あいつの、あの太刀捌きは見事だった。私の身体の中身は、壊れてるだろう。あんな思いは、もうしたくない。
この私がヤラレルだなんて思いもしなかったが、食い物の恨みは凄いね。

ジュニア。
傲慢で、他人を殺すことに躊躇しない人。イギリスで生まれた事を今でも根に持ってる。

貴方は、覚えてるだろうか。昔…、私達20人に言ってくれた言葉を。
 「いいかい、皆。人を殺してはダメだよ。人殺しの人間は、死んだら地獄には行かないんだ。
どこに行くと思う?
よく聞いて。そういう人はね、『無』に、なるんだよ。『光』にも『闇』にもならない。
まったくの『無』に、なるんだ。だから、決して人殺しにはならないでね。
僕からのお願いは、それだけだよ。」

あの頃の貴方は、まだ若かった。若かっただけの、それ故の言葉だった。
だから、あの言葉は嬉しかった。

だけど、ジュニア。そう言いながら…、その手で何人の人間を殺してきた?
お前も、私同様・・・『無』に、なるんだ。
お前を消したら、私も自分自身を消す。
首を洗って待ってろ。


毒を口にしては元気になったアランは、数日後には房を出た。

最終目的地を決めて。
目指すは、かつて自分達も暮らしていた、あの屋敷。
あの屋敷で、私達20人がお側付きとして働いていた。
それは、ジュニアの為ではない。
『御』、ただ1人の為だ。

ジュニアは、私の伝言を伝える事はないだろう。
だから、自分で『御』に伝える。

エドワード…。
貴方は、まるで陽の神様みたいで、明るく活発な人。
私にとっては一筋の光だった。
もう会う事は無いだろう。

好きだよ。
愛してる、エドワード。
元気で・・・。



※※ あさみからの、一言コメント※※
アラン&エドワード編の話しは、今回で最終話となります。
切ない系の話しですが、まだ生きてます。
はい、この時点では(←ここ強調w
絶対に結ばれない、この2人には考えも出来ない結果が待ち受けております。
それは、最終物語にて。

引き続き、『あなたの体温(ぬくもり)は気持ちいい』を、読んで下さると嬉しいです。
長い長い物語になってますが(-_-;)
よろしくお願いします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ      にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

貴方への想い、それは禁忌 (29)

その3人の様子を見ていたエドワードは、フィルにアランを重ねて見ていた。
 「フィル・・・。」
声を掛けたが、何て言おう。
そう思ってたら、フィルから言葉を掛けてきた。
 「エドワード様。私は、明日の便で帰ります。3ヶ月間、お世話になりました。
それに、私は私です。アランの身代わりなんて嫌です。」

エドワードは、アランの言葉を思い出した。
ここで、GPの受付で再会した時のアランの言葉を。
 「フィルは…、こいつは、この私が認めざるを得ない、唯一のライバルだ。」

そういえば、アランとフィルは1位を競い合っていた2人だ。
そう思い出したら、声を掛けていた。
 「フィルッ。君にオファーを掛けたい。」
すでにエドワードに背を向けては1メートルほど離れて歩いてたフィルは、驚いて立ち止まった。
 「え・・・?」
振り返ると、エドワードは、さっきまでの表情とは違い、仕事の顔になってる。
 「ただ、君はドンの気に入りだから、まずはドンに言わないといけない。ドンに手紙を書くので、それを渡してほしい。」
フィルは聞いた。
 「オファーの種類は、なんですか?」
 「コンピュータだよ。君の得意分野だろう。」
コンピュータ?それは嬉しいが、王子は・・・。
察したのか、エドワードは付け足してくる。
 「ああ、ユタカの事は大丈夫だ。彼は了承してくれたよ。相手が君ならOKだと。」
 「えっ!あの王子が、そんな嬉しい事を・・・?」
ユタカが割って入ってきた。
 「ふんっ。私だってシエスタ欲しいからな。お前は、私がシエスタしてる間だけで十分だよ。」
フィルは、絶句した。
 「シエッ・・・って、何それっ。この昼寝王子っ!!」

エドワードは溜息を吐いて、ユタカに言ってる。
 「ほんと、可愛くないね。ねえ、ユタカ。素直に言えば?」
エドワードは、今度はフィルに向かって言った。
 「フィル。ユタカはね、ここでコンピュータ会社を興すんだよ。私と、コンピュータ会社のボス・ユタカ。どっちのオファーが良い?」
フィルは即答した。
 「コンピュータ会社!」
 「だってさ。ユタカ、聞こえた?」
ユタカは大きく伸びをしては、ブツブツと言ってる。
 「んー…。腹減った…。初の指揮だったのに、良い所を取り返されて…。運動もしたし…。」


喫茶の方から、声が聞こえてくる。
 「夜食タイムだぞ!おにぎりとラーメン。それにユウマが持って来たカニが、あるぞ。
腹減った奴、食いたい奴は来いよっ!」

それを聞いたユタカは、真っ先に走り出した。
 「行く行くっ!握り飯にラーメン。それに、北海道産の、旬のカニー!!」
フィルも、それに続くように走っていた。
 「私も食べたいっ。」

 「フィルッ。お前、さっき食ってただろ。」
 「でも、ラーメンとカニは無かった。」

エドワードは、その2人の様子を微笑ましく見ていた。
 「アラン。君を忘れる事はできない。
たとえ君が死んでも、私は覚えておくよ。だから、君も、私を忘れないで。」

ふっ…。
私も、まだまだだな。

さっきの、ボロボロになったアランの姿が、まざまざと蘇る。
アラン、生きるチャンスがあれば、生きててくれ。
お前の代わりに誰かを、という気持ちは持たない様にするよ。
また、会う日まで。


らしくもなく涙が出てくる。
その涙を拭う事もなくエドワードは空を見上げた。

1月とはいえ…。
夏の夜空とは思えないほど涼しく、風は凪いでいた。



※※ あさみからの、一言コメント※※
アランは、警察に引っ張られて行った・・・。
そして、エドワードは…?

エドワードにオファーを掛けて貰えたのは良いけど、肝心の人の言葉に素直に頷けないフィル。
なにが、シエスタだよっ。
昼寝王子め、ずっと昼寝しとけっ。。。
と、言いたくなるフィルの気持ちも分かるよ(⌒^⌒)b うん
でも、まだまだ食い物に釣られてしまうユタカとフィルでした(^w^) ぶぶぶ・・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ      にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村

貴方への想い、それは禁忌 (28)

マルクは不機嫌な表情をしている。
フィルに言おうとして、声を掛ける。
 「フィル。」
フィルは。即答してきた。
 「嫌です。」
仕方ないので、今度はウィルに…。
 「ウィル…。」
ウィルも、即答だった。
 「既に卒業してます。」
そして、ジョンに…。
 「ジョン…。」
ジョンも、即答だった。
 「彼には、反省というものが必要だと思います。」
3人の、その言葉を聞きマルクは溜息を吐いた。
 「はあ・・・。揃いも揃って、3人とも否定の言葉か…。」
だが、ニュースに側付きが一面に出るのは避けたい。

くるりと振り向いたマルクは、エドに声を掛けた。
 「ところで、エド。ヒロトの居場所を知らないか?」
エドはヒステリックになってる。
 「今は、そんな気分じゃないっ!」
アランが、あの『ブラッディ』だったなんて・・・。
アランが殺人魔に、なってたなんて・・・。
なにより、まだ卒業してなかったなんて・・・。
アラン…、アラン…。

パンッ!

乾いた音が聞こえる。
マルクが、エドの頬を叩いた音だ。
 「エドワード!そんなに取り乱してどうする?言っておくが、お前は、まだエントリーから外れてないんだからな。しかも側付きにうつつを抜かして骨抜きにされおって・・・。
パトリッシュの名折れだ。恥を知れっ!!」
エドワードは、マルクに向かって今までの鬱憤を晴らした。
 「それを言うのなら、自分が再婚すれば済む話だろう!なにがエントリーだっ。とっとと再婚しろよ。・・・あぁ、そうか。こんな年寄を相手にしてくれる令嬢は1人も、おらんよな。」

マルクは、血管を浮立たせるほど、エドワードの言葉に怒ってる。
 「エドワードッ!」


やれやれ…、ウィルは、その2人を見ては呟く。
 「あの2人は、昔は仲良かったのにね…。」
同様にフィルも呟く。
 「ったく、ほんとだな。あの2人は犬猿の仲だよな。」
でも、ジョンは違ってた。
 「仲が良いほどケンカするって言うでしょ。それだよ。」

ジョンの言葉が聞こえたのか、マルクとエドワードは2人して言葉を重ねた。
 「「 ジョンッ!誰が、誰と仲が良いって?私は、こいつが嫌いなんだっ!」」

肩をすくめて、ジョンは言ってのける。
 「ほらね。」
 「ほんと、仲が良いな…。」と、フィルが。
 「さすが従兄弟。息がピッタリ合ってる…。」と、ウィルが言ってくる。
すると、マルクが切り札を持ち出してきた。
 「ウィルッ、ジョンッ!お前等の卒業を取り消してやるっ!」

そう言われたウィルとジョンは、2人して返していた。
ウィルは、 
 「私が何年前に卒業したか、覚えていらっしゃいますか?」と。
ジョンは、
 「私の愚痴を、またお聞きになりたいですか?」と。
それを聞いたマルクは、グッ…と詰まってしまった。

ウィルが、ジョンの言葉に反応した。
 「愚痴?ジョン、お前…マルク様に愚痴ったのか?」
 「うん。最後だと思って…。言いたいのを、ずっと我慢してたんだ。それを爆発させた。」
フィルが聞いてくる。
 「なんて言ったんだ?」
ジョンは、逃げながら言った。
 「それは教えない。ごめん、帰るねっ。…レイ、帰りましょう。」

ウィルは、飲んだくれのアーノルドに近寄ると、水を掛けた。
 「アーノルド、私達も帰りますよ。レイ達も帰るみたいだし…。ほら、起きて。」

フィルは、仲の良かった2人が、自分からずっと遠くに行ってしまった様に感じてしまった。
 「ふーん…。ジョンは室長と、ウィルはイタリア軍人のアーノルドね。」
すかさずウィルが口を挟んできた。
 「フィル、君はまだみたいだね。片思いの相手もいないなんて、寂しいねぇー。」
 「うっさい!とっとと帰れっ!」
片思いの相手ぐらい、いるわっ・・・。



※※ あさみからの、一言コメント※※
マルクは、どうしてもニュースに『御』の側付きが出るのを嫌ってる。
その為に、3人に声を掛けたのだけど・・・。
ものの見事に空振りになってしまった。
だけど、或る手を回していたのですね。
さすが、ドイツのジュニア・・・。

そして、ウィルとジョンは恋人と帰路の途に就く。
ウィルに対しての、フィルの言った言葉。
気になるぅ~(*≧m≦*)ププッ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ      にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村

貴方への想い、それは禁忌 (27)

エドワードだ。
 「アラン?8年前の黒幕って、実行犯って・・・」
 「エド・・・」
 「こんなにボロボロになって……。」
澄ました声が割り込んでくる。
 「無様な恰好だな。プロの殺し屋が、あんな奴等にやられるなんて。」
エドが、その言葉にすぐに反応した。
 「マルク。言って良い事と悪い事が・・・」
マルクは、それを遮る。
 「もちろん、それは分かってる。だが、あの人の側付きがニュースの一面に出るものではない。
貴様は、この私が殺してやる。」
 「マルクッ、やめろ!アランは卒業してるから、もう関係ない。」
 「卒業?誰がだ?ウィルは、私に正論を言い放っては、私を言い負かしてくれる。
ジョンは、私に面と向かっては愚痴を言ってくる。だけど、私は許したんだ。
ウィルは『本の虫』だけど、世界をもっと知りたいと言ってたから。
ジョンは『泣き虫』だけど、自分の任務を果たしてドイツに戻ってきては、強くなりたいと言ってきたから。だから、私は2人の卒業を許可したんだ。
でも、ソイツは卒業してない。だから任務は与え続けられる。
それに、貴様は自分の仲間を殺した。私の気に入ってた1人を、ジョシュアを…。」

ジュニアは、私を睨んでくる。
(ああ・・・。ジュニアは、それを知ってるのか。)

エドは目を見開いてる。
 「アラン…。本当は、卒業してない?してないのに、ここに来たのか?」
 「エド…。貴方が…、ここに居る。何度、捕まろうと…、私は…戻ってくる。」
私は、エドに言っていた。
 「私には、貴方だけだ。貴方が…、私の…だ。」
エドは首を振っては言い切った。
 「アラン、お前の主は『御』だ。間違えるな。今度、ここに…、私の所に戻ってくる時は、卒業してから来い。いいな、約束だぞ!な、アラン。」

 「マサ。もう少しいいか?」
溜息吐いて、マサは「1分で」と返した。
トモ・ボスだ。
 「アラン・ボルドー。ブラックにブラッデイ。色々と名前はあるが、ブラッディと呼ばせてもらう。」
エドが目を瞠った。
 「ブラッディ?アランがブラッディ…?」
トモは、エドをチラッと横目で見ては、私に言ってくる。
 「私は、君にリクエストをする。
シンガポールの、あの病院で、どうして、あの日に…。あそこの病院の前で起こしたのか。
大人数の負傷者や死者を出したが、そういう必要があったのか。
私はカズキではないから、左目を返せ、とは言わない。
私もそうだが、ニックも右腕を撃たれては、オペドクターの道を閉ざされた。
私は聞きたい。君の口から…。謝罪の言葉を聞きたいし、それらを知りたい。」

アランは顔を持ち上げてきた。
 「ジュニア。最終報告をさせて貰います。あの方に、『御』に伝えてください。彼は、人の上に立つ器だと。あの方の目は確かだ。
トモ。君は、ドイツの『御』に気に入られてる。次代の御となる継承者に選ばれてる。どの様な人物なのか、知りたいと仰られてた。その為に、私はパースに来た。
君のリクエストには応えられない。だが、君が次の御となり、その日まで私が生きていたら、ドイツからは出ない。死ぬまで、君の側付きとして仕える。その時に、今のを聞かれたら答えるよ。
エド・・・。私の事は、忘れて欲しい。貴方は、『御』の親族であり、私にとっては雲の上の人だ。」

フィルが側にやってきた。
 「アラン。それは出来ない話だな。私はドンから命を受けてパースに来た。トモに渡せと言われてね。ドンは、トモを気に入ってる。構成員の1人ではなく、次代のドンとしてだ。まあ、受け取っては貰えなかったけどね。チャンスはあったのだけどな…。」

私はフィルに言っていた。
 「フィル。君は、側付きのくせにドイツに戻ろうという気はないのか?」
フィルは即答だった。
 「ふんっ。その言葉、そっくりそのまま、お前に返してやるよ。」
ウィルが溜息を吐いては、ジョンが言ってくる。
 「アラン?私にはブラックとしか呼べないから、ブラックと呼ばせてもらう。
ブラック。君は寂しかったんだね。」
ジョンの言葉に、フィルが反応した。
 「えっ、寂しいって…こいつが?」
 「私はそう思うよ。逃げようと思えば、逃げれたはずだ。それをせずに、大人しく捕まってる。
私は、シンガポールで君と同じ病院に居た。だから、君の事は知ってるつもりだ。でも、知らない事の方が、たくさんあるな。」

私は言っていた。
 「ふっ・・・。泣き虫が、ナマ言うんじゃない。香港マフィアのジュニアの2発が凄く効いたんだ。
あと、王子の手刀と。あの3発が無ければ、逃げれただろう。お前等も、王子の本気の力を受けると分かる。」


 「タイムリミットだ。」
その言葉を最後に、アランは…インターポールのオーストラリア支局に引き渡された。



※※ あさみからの、一言コメント※※
エドワードが、ジュニアが、そしてトモ・ボスが。
フィルも、アランに対して自分の言いたい事を言ってきた。

だが、アランの返事は…。
エドとの別れを覚悟したアランは、忘れて欲しいと言った。
本心では、忘れて欲しくないと思っていただろうに。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ      にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村

貴方への想い、それは禁忌 (26)

ワンが吠える。
 「さすが殺人魔。もう一度だ。・・・ダンの仇っ!!」
ワンお得意の旋風脚が、決まった。
 「ぐっ・・・!」
(力が・・・さすが香港マフィアの息子。)

カズキが最高潮になった。
 「私の声を、苦しかった6年間を返せ!」
カズキお得意の歇歩擒打(足蹴り)も、下腹部に決まった。
 「っ・・・!」
(こいつ、なんて力だ・・・)

ユタカが入った。
 「アラン。私は、お前の気持ちが知りたいだけだ。それでも逃げるという事は、戦うと取る。
そう思って良いんだな。」
 「どうして、王子が…そこまで・・・」
 「さっき言っただろう。私の一番大事に思っているモノ。それはイタリアでもカズキでもない。
私自身が選んだ、トモに…お前が銃を向けて撃った!私は、あいつが生きてるだけで、自分も生きてられるんだ。」 
だから、相手が誰であろうと許さない。
・・・トォッ!
 「おぅっ・・・」
ユタカの手刀が決まった。

タカとユウマが叫んでる。
 「ユタカ、順番抜かすなっ!」
それらを見ていたヨウイチは、ボスに交渉していた。
 「ボス!私も参戦したいっ。あいつは、私の畑に毒を入れて食材をダメにしては、閉店を余儀なくさせられた。食い物の恨みを晴らしたい・・・。」
はあ・・・と、溜息を吐いてボスは言った。
 「一本だ。いいな。」
 「ラジャ!」

ヨウイチは、マサから警棒を2本引ったくり、向こうに走っていく。
 「えっ・・・ボス、ラーメンが…。」
 「あいつも、恨み晴らしたいってさ。」
 「まあ、私は仕事だから別にいいけど…。」

ヨウイチは叫んでいた。
 「おらおらおらぁー!最後の一本は私が決める。許可は貰った。ブラッディ!
私の畑に毒を巻き、食材をダメにしやがって…食い物の恨み、今こそ晴らしてくれるっ!」
え、なぜコイツが・・・?
 「そういう物を持たないと、出来ないって言うのか。ラーメンヤロー!」
ヨウイチは言い切った。
 「まだ声は出るみたいだな。お前に見せてやるよっ!
チュウヨーー・・・・・・」
腕を、警棒をグルグル回しながら左右に振り回す。
他の5人は様子見をしてる。
 「げ、ソレをやるのか。」
 「マジかっ・・・」
ヨウイチは構わず警棒を持ってる両腕を振りかざす。
 「ヒブッ・・・」

皆がガバッと、伏せる。
 「そっちかよっ。」
 「せめて秘儀の方にしてっ。」
 「あぶねぇ・・・」

ヨウイチは叫ぶと同時に、地を蹴り宙を舞った。
 「二刀輪!!」
二刀の警棒が、アランを地から浮かせては空中に持ち上げて滞空させる。
 「・・・・・・!!」
アランにとっては予想外の出来事だった。

アランの頭上にヨウイチは陣取る。
そして警棒は二本とも、ヨウイチの手から離れては…。
一本はアランの前身を、顔から脚へ。
もう一本はアランの後身を、頭から脚へ。
それぞれが、生き物のようにグルグルと回っては、体中のツボというツボ。
また、穴という穴に刺激を与えては、内臓がグチャグチャになる感覚を与える。

ヨウイチは着地すると、同時に二本が降りて来ては、それを両手で受け取る。
と同時に・・・、
まともに二刀輪を、その身に受けたアランは地に落ちてくる。
その二刀を、中腰のまま上に突き出した。
心の臓の位置に向かって。

グサッ!!

突いて数秒後、ヨウイチは身体と腕をすっと引いては二刀を抜く。

ドサッ!
・・・・・・。


マサの声がした。
 「8分49秒。こんなものだろう。久しぶりだったからな…。」
周りに声を掛けた。
 「撤収するぞ!8年前のシンガポール銃撃戦の黒幕と実行犯、逮捕だ!」

アランを囲むように、警官が、自衛隊が囲んでくる。

その時、声が聞こえた。
 「待ってくれ!!」



※※ あさみからの、一言コメント※※
今度は、指揮を執るのは慣れているヨウイチに。
やはり、ユタカにとっては慣れない事だったのでしょうね。

そして、スリー・ワン・ツーがスリー・ワンになっちゃって・・・(-_-;)
でも、食い物の恨みを晴らしたいのは、よく分かるわよ。
ガンバレ、ヨウイチ!
o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
     にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ