BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ あなたの体温(ぬくもり)は気持ちいい(レイ&ジョン)
CATEGORY ≫ あなたの体温(ぬくもり)は気持ちいい(レイ&ジョン)

あなたの体温(ぬくもり)は気持ちいい (54)※最終話です※

少しばかり迷ったが、クリニックの受付に、レイとジョンの様子を見学したいと申し出た。
どうぞ、と快く案内してくれた。
 「そこの階段を上がって、すぐですよ。」と、教えてくれた。


王子の背中が見える。
しかし、あの2人はどこに居るんだ?
王子が私に気が付いたのか、ドアに寄ってきた。
 「なにか用事ですか?」
 「いえ、2人はどうしてるかなと思いまして…。」
すると意外な言葉を返してきた。
 「大丈夫だよ。2人とも予定通り、来週の月曜にはスキルアップするから。安心して。」
ビックリした。
 「見学させて下さい。」
 「いいけど、ジョンにとっては気が散るんではないかな…。」
 「実は…、先ほど外に居たのですが、会話が窓から漏れ聞こえてきては、何をしてるのか気になりまして…。」

王子は、苦笑しながら言ってくれた。
 「何って、プログラムの差し込み方だよ。他の人達には、まだ内緒にしてると言ってたけど…。
ジョンは、今までの実力を見させてもらっては、応用を捻った差し込み方を。
ミスター・コウは、その補佐が出来るようなレベルを、教えてるよ。」

すると、王子の方から聞いてきた。
 「で…、声が漏れて来て、なんだと思ったの?」
 「あ…、いえ、別に。それでは、2人をよろしくお願いします。」


病院に戻ったら、ボスに報告しとくか。
いや、その前に・・・。
せっかく来たんだ、ランチ食べてから病院に戻ろうっと♪
メニューを見ると、テイクアウトできるメニューもある。
買って戻るか、と思い注文して持ち帰った。
出来上がるのを待ってる間、さっきの王子の言葉を考えていた。
それに階段の上り口には、会社の名前が書かれてる看板が立っているのが見える。
王子は、ここでコンピュータ会社を興してるのか。
それで、分かった。
あの漏れ聞こえた会話からエッチな方向に考えていた自分が、浅はかだった。

病院に戻ると、ボスがオフィスに居た。
 「早かったな・・・。」
 「はい。2人とも、王子にレクチャーを受けてました。」
 「王子?」
 「イタリア王子。」
 「ああ、ユタカね。」
 「なにやら、2人揃ってコンピュータのプログラムの差し込み方を学んでいる様子でしたよ。
ジョンは、応用を捻った遣り方を。レイはその補佐が出来るレベルだそうです。」

 「せっかくの休みなのに、マジメな2人だねぇ・・・」と、ボスは返してくれる。
 「そうですね。スキルアップの為の勉強だったら、そう書けばいいのに…。」
すると、ボスは言い切った。
 「いや、ジョンの事だ。そう言うのが恥ずかしいのでは?」
アランは、即答した。
 「ああ、それはありますね。
王子も言われてましたけど、『他の人達には、まだ内緒にしてる』と、言ってたって。」


そして、ランチタイム。
ほくほく顔して、アランは食べていた。
 「うん。美味いっ!さいこー!ボスのも、ありますからね。」
久しぶりに目にする郷土料理は、どれも美味しそうだ。
だが、それらが並んでるテーブルを見ては、ボスは思わずウィルに聞いていた。
 「ウィル…。」
 「なんですか?」
 「Quanto Costa ? 」(クォント コスタ?)
 「I don't know !! 」
 「え?」
 「だってレイの名前を出したから。」
なにしろ、私を振り回してくれたのだから、これぐらい安いもんですよ。


そう、ウィルは・・・。
あそこの喫茶で、テイクアウトメニューを見ては…。
イタリア料理のコースと、ピッツア2枚とデザート3種類2つずつをテイクアウトしたのだ。
オーナーのレイの名前を出して…。
でも1人では食べきれないので、ボスルームでボスと2人で食べてたのでした。
デザートは、オフィスの皆に配ったからね。





ボスはイタリア人の為、思わず国の言葉が口から出てしまったのでしょうね。
それほど驚いたという事ですね。
そのイタリア語に対して、ウィルは英語で返してしまう。
 「Quant Costa ?」 は、日本語では「いくらしたんだ?」という意味です。



※※ あさみからの、一言コメント※※
ジョン&レイの話しも、今回で終わりです。
結局、この2人はコンピュータで格闘していたのですね。
まったくジョンってば…、誤解を受ける事を言ってくれるのだから(^^ゞ
なんて、思われた方いらっしゃいませんか?
(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

次回からは、総集編みたいな物語となりますが、それでも色々とあります。
お楽しみに~v(*'-^*)bぶいっ♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ    
スポンサーサイト

あなたの体温(ぬくもり)は気持ちいい (53)


・・・・・・。
なかなか来ない。
イライラが募る。
ウィルはボス室へ入っていく。
 「ボスッ!オーナーが、まだ来ませんっ。それに、ジョンも・・・。何か聞かれてますか?」

溜息吐いてボスは言ってくる。
 「ウィル。お前、ちゃんと見えてるのか?」
 「何がですか?」
 「あれだよ、アレ。」

ん…、アレってなんだ?
略して言ってくるな。
そう思ってたら、ボスはオフィスに出てきた。
 「ほら、これだよ。」
そう言って指さしてきたのは、オフィスに掛かってるホワイトボードだった。
 「ほれ。」と言ってくる。
ウィルは、ボードに目をやると、目を瞠った。
 「なんっ・・・」
ボスは言ってくる。
 「私が許可した。」
 「ボッ…」
 「どっちみち、昨日はあんな事があって今日は来ないだろうなと思ったから許可したんだ。
それに、レイは上書きと称しては、ジョンをクタクタにするように抱くだろうと思ったからだ。」
お分かりかな?

ウィルは、溜息と共に零していた。
 「あの2人はぁ…、レイもレイだ。それに、それを許す貴方も貴方だっ。
ジョンも…。新人のくせに…、入ったばかりのくせに、こんなに休みを取ってからっ!」

何かを決心したのだろう。
ウィルはオフィス全体に響く様に言った。
 「早めのランチに行ってきます!」
皆は「え、もう?」と言ってたが、ボスは違ってた。
 「おー。2人に当てられて来い。」
 「冗談じゃない。レイだけでも、引っ張ってきます!」


・・・って、勢いよく出てきたのだけど。
車がない。
どこに行ったんだ、もしかしてランチか?
まさか、アソコだろうか・・・。
アソコに行ってみよう。
そして、勢いよく走っては目的地に着くと、レイの車が見えた。
ビンゴ!

喫茶に入ろうとしたら、建物の上から声が聞こえてきた。
 「・・・もう勘弁してくださいっ!」
ジョンの声だ。
上を見上げると、窓が開いてる。そこから聞こえてくる。

すると、王子の声が聞こえてきた。
 「よく吠える口だな・・・。あと1時間したら、ランチタイムに入る。それまで我慢しろ。」
そしたら、レイの声も聞こえてきた。
 「ミスター。ジョンのは、良いのか悪いのか…、どっちだ?」

え、この2人はここで何をしてるんだ?
王子の声が聞こえてくる。
 「良し悪しは、遣り終えないと分かりません。ジョン、手を離せっ。」

なんの話だ?
王子の言葉が続いてくる。
 「ミスター・コウ。あなたも、そうですよ。そういう無理な入れ方はしないで下さい。
もっと丁寧に、相手が恋人だと思って遣って下さい。
それに、意味のない事ではないのですよ。全てに、意味はあるのです。
私も手伝いますので。はい、もう一度。」
ジョンの声が、泣き声に似たような感じに聞こえてくる。
 「おぅ・・・、ミスターッ!」
レイの声が聞こえてきた。
 「煩いよ、ジョン。静かにしてくれ。入れるのに苦労してるんだから。」

王子の声が、イラついてるのが分かる。
 「いい加減にしろ。何回も何十回も言ってきてるだろう。
『王子とは呼ぶな』って。一々、そうやって王子と呼ぼうとするな!」

ジョンの泣き声が聞こえた。
 「そんなぁー…。レイの意地悪っ。」
レイの声が、
 「今度は、八つ当たりか。」
王子の声が、
 「こら、そこの2人。口よりも手を動かせ。」

ジョンの声が、
 「休憩させてください。」
王子の声が、
 「何がしんどいんだ?」
ジョンの声が、
 「この手触りが、何とも言えない…。」

レイの声が、
 「ジョン。お前が放棄して、誰がするんだ?」
 「レイが、するの。」
 
この2人は、ここで何をしてるんだ?
気になる…、どうしよう。



※※ あさみからの、一言コメント※※
しかし、この2人は一体何をしてるんだ?
ほんと、この会話だけだとチンプンカンプンだよね…。

そして、いよいよ次回は…。
ジョン&レイの最終話となります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ    

あなたの体温(ぬくもり)は気持ちいい (52)

※性描写あります※

その夜、レイは遅くに帰ってきた。
私は、昼間の事を思い出しては考えていた。
やっぱりレイが良い。
自分の部屋の、机の上で他のプログラムを考えていたら眠気が襲ってきた。
机に俯せては、そのまま眠っていた。

何かを感じる。
 「ぅ… っ… ん… ん……」
何かが、身体の中に入ってこようとしてる。
 「や…… ぁ・・・」
目が覚めると、目の前にはレイがいた。
 「アー……」
 「ジョン、大丈夫だ。ジョン。」
優しい声が聞こえてくる。
 「レイ、レイ…、レイ…、レ、イ…」
レイの熱の塊が、私の中に入ってくる。
レイの首に腕を回したかったが、レイは動き出した。
 「はあっ、ア…、ア…、ア…」
 「ジョン…。」
レイの声が掠れてる。
 「レイ、抱きたい、感じたい。抱きしめたいっ。」
 「待ってろ。」
 「嫌だ、待てない。レイ、レ・・・、んっ」
レイの動きが止まった、一瞬後。私の中で、レイのが弾けた。
 「ンンッ!!」

私は、レイの首に腕を回しては抱きついていた。
 「レイ!レイ…。私は言いたかった。言いたかったんだよ。あの時、貴方の名前を出そうとした。
でも迷惑かけたくなかった。だから黙ってたんだ。嫌だった。レイ以外の人に抱かれたくない。
嫌悪感で一杯だった。
お願い、レイ。あいつ等に付けられたとこ、全部消して。私は、貴方が良い。貴方しか欲しくない。ねえ、レイ。思いっきり抱いて。」
レイは、今まで以上に優しく微笑んでくる。
 「ジョン。壊れるぐらいに抱いてもいいか?私は腹が立ってるんだ。国外追放に減給?
殴ってやったが、それ位では気が収まらない。」
 「抱いて。もし壊れたら、作り直して。」
 「ああ、そうさせてもらう。」
初めて見た、レイの獰猛さ、怒り、情熱を。
そして、私自身の、体内の奥底からの歓喜。
もっと感じていたい。

レイ。
あなたの体温を、間近に感じていたい。
もっと強く、熱く、激しく。 
 「気持ちいい・・・。」
声に出ていた。
 「大丈夫か?」
 「うん、大丈夫。」

私は思いだしたので、レイに言った。
 「レイ、休みですからね。」
 「ん?」
 「ホワイトボード、見られてないのですか?」
 「直帰した。」
 「そうですか。それなら言っておきます。昨日、書いておきましたよ。だから安心して下さい。」
 「なにが?」
 「ホワイトボードに、レイと私の欄に書いておきました。2人とも、来週の月曜まで休みです。
ボスの許可は取ってます。」
 「は?」
レイの驚きの眼差しの向こうには、苦笑の色も見受ける。
 「ったく、仕方のない奴だな…。」
 「それに、私は力が入らない。動けません…。」
 「それもそうか。」
 
私は、自分の本心を口にしていた。
 「私は、貴方の温もりが気持ちいいんです。抱いててくださいね。」
レイは、私の頭に腕を回してきては、身体に寄り添うように抱きかかえてくれる。
 「はいはい。我儘な奴め。お前は泣いたり、恥ずかしかったりと…忙しいねえ。」

即答した。
 「私だって人間です。」

ハハハッ!
レイは笑いながら、強く抱きしめてくれる。
うん、私はもう大丈夫だ。



※※ あさみからの、一言コメント※※
Rあります。

昼間の事を思い、悔しくて悔しくて…。
思わず寝てしまっていた。
でも、レイの方がもっと怒っていた。

そのレイに、ジョンは言っていた。
『お願い、レイ。あいつ等に付けられたとこ、全部消して。私は、貴方が良い。貴方しか欲しくない。ねえ、レイ。思いっきり抱いて。』

本来なら言わないだろう言葉を、ジョンは言った。
そして、レイの激しさを体温(ぬくもり)を感じながら、気持ちよくなっていた。
内心は、こう思っていただろう。
 「あなただから、私は側に居るんだ。」

私も、言いたいっ(心の叫びw)
恋が、したーい!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ    

あなたの体温(ぬくもり)は気持ちいい (51)

そのメールは、フィルからだった。
 『これから機に乗る。お前も頑張れよ。
ちなみに、私のコンピュータIDとアドレスを教えておく。データ交換時に必要となる。
ID=++++++++ アドレス=---------  by フィル 』

 「ジョン?」
 「はい。」
 「会議に行ってくる。」
 「はい、行ってらっしゃい。…あ、そうだ。今、フィルからコンピュータIDとアドレスのメールを頂いたんですが、登録しても良いですか?」
レイは、なにやら考えてるようだ。
 「そうだな…。フィルだけでなく、あそこの病院のも登録しておけ。院内をやっていく内に問題が出てきても、あそことリンクしていれば、解決できるだろう。」
 「はい。では連絡取って、登録します。」


レイがドアノブに手をやる音が聞こえる。
が、・・・・・・。

 「どうしました?」

 「ノブが動かない…。」
 「ドアを蹴ってみてはいかがですか?」

ふむ…。

レイが足でドアを蹴る。

バンッ!!

ガタタッ・・・。

ガチャ。
 「開いた。」

笑い声が聞こえる。
あははははっ!
 「本当に学習能力のない人ですね。こういう人がボスをやってるなんて大丈夫なのか…。」
ウィルは、とんでもない事を言ってくれる。
私はウィルに声を掛けた。
 「ウィル、ちょっと良いかな?」
 「なに?」
 「こっち来て。」
やれやれ、と呟きながら来てくれた。
レイは動かない。
ウィルが来てくれたので、私は言った。
 「ウィル、助けてくれてありがとう。迷惑かけて、心配させてごめんなさい。」
 「もう大丈夫なのか?」
 「うん。もう大丈夫だよ。」
 「そうか、それなら良かった。シュワルツは国外追放されたし、他の5人はボスから6ヶ月間減給の刑を科せられた。」
ウィルの口調が変わった。
 「でも、久しぶりにあの言葉聞いたなー。昔はNo.で言ってたからな…。
でも、よく私のNoを覚えてたね。」
偉いねーと言っては、私の頭を撫でてくれた。
 「だって、続いてたじゃない。7がウィルで、8が私って。覚えやすいもん。」
そうだったね、と優しく微笑んでくれた、その笑顔は…。
昔の、あの頃のウィルの顔だった。

そして、またウィルの口調が変わった。
 「ところで、ジョン。お前、ちゃんと食べてるのか?」
 「食べてるよ。なんで?」
 「いや、お前を抱きかかえた時、やけに軽く感じて・・・。」
 「ドイツに居た頃、何をしていたのか忘れたの?」
 「忘れてはないよ。それにしても…、レイ、ちゃんと食べさせてあげてね。」
レイは溜息を吐いてはウィルに言ってくれた。
 「ウィル…。ジョンを侮るなよ。」
 「え?どういう意味?」
 「ジョンは食べっぷりがいいぞ。今日のランチなんて、トモのクリニックの喫茶で食べたけど…。
あそこの中華Bコース3人前を、1人でペロリと平らげてたんだからな。」
ウィルは、トモのクリニックという言葉には分からなかったようだ。レイに聞いてる。
 「トモのクリニックって…」
 「昨日行っただろう。フィルも一緒に居たな。患者限定でクッキーを売ってる所の喫茶だ。」
ウィルは、分かったみたい。そのウィルを先頭にして、皆が声を出してくる。 
 「あー。はい、あそこ…え、なにっ?あそこでランチ食べてきたの?」
 「限定クッキーを売ってる所の喫茶で?」
 「あの美味しくて、安くて、量のある・・・?」
 「中華Bコース?3人前って・・・」
 「それを1人で?」

レイは、答える。
 「そうだ。」

ボスが叫んでるのが聞こえてきた。
 「レイ、会議!」
ああ、すぐ行く。


ウィルが、私に聞いてくる。
 「あそこのコース3人前を1人で?大食漢…。その身体のどこに…。」
その言葉に、私は返した。
 「中華は、私の大好物だもん。」



※※ あさみからの、一言コメント※※
ウィルは、あんなことがあっても昔と変わらない顔を向けてくれる。

そういえば、王子であるユタカは言ってましたね。
 「1人でも知ってる人がいると嬉しくなるものだ。ウィルは心強い味方になってくれるだろう。」と。
その言葉に、ジョンは即答していた。
 「はい。私も、そう思います。」

私は、ジョンが羨ましいよ。
ウィル、味方になってあげてね(^_-)-☆

しかし・・・。
コース3人前を1人で食べきるなんて、食べ過ぎだよ。
だから、レイは感心していたんだね(-_-;)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ    

あなたの体温(ぬくもり)は気持ちいい (50)

※続けて、きわどく微妙な描写(-_-;)※

レイの指が奥まで突いてきた。
 「んー、んっ、んっ、んっ・・・ 」
 「ジョン。私は聖人君子ではない。争い事は嫌いだが、今回は違う。」
レイの息が耳に掛かってくる。
レイの指が、私の体内から抜けていく。
 「あっ…」
 「君を不感症だと言ってるが、そうでないのは私が良く知ってる。」
そう言いながら、レイは私をぐるっと半回転させては、私を腕の中に、胸の中に抱きこんでくれる。
レイは苦笑しながら、なおも言ってくる。
 「休ませておくか、私も一緒に上がってくるかのどちらかにするべきだったな。
・・・悪かった。」
 「いえ、レイのせいではありません。」

レイの顔が近づいてくる、キスされる…。いやダメだ、まだ顔の部分は終わってない。
そう思うと、私はレイから逃げていた。
 「なんで逃げる?」
 「まだ顔を洗ってないし、口の中も漱いでない。」
 「いらん。私がしてやる。」
 「レッ…、ッ……」
(レイ、レイ、レイ・・・。貴方が良い。貴方だから、私は感じるんだ。貴方が欲しい。)
レイに対し、私は貪欲になっていた。

レイのキスを受けながら、私はレイにしがみ付いてた。
全身が熱い、全身で貴方を感じていたい。
どれぐらい、そのままでいたのだろう。
レイの温もりを感じては、まったりと目を瞑っていた。


いきなり、大きな声が聞こえてきた。
 「レーイ!17時になるぞ!重役会議をサボる気か?」
ボスの声だ。
・・・・・・重役会議?
はっと気が付いた。
そうだ、ここは勤務先の病院。
もしかして、皆に知られてる?
 「レイ…」
 「気にしなくていい。」
 「皆に知られた?」
 「そうだろうな。」
ウソだろ…。
 「恥ずかしい…」

溜息吐きながらレイも言ってくる。
 「それ言うなら、私も言ってやる。」
 「なにを?」
 「裸のままで、下からここにジャンプしただろう。アーノルドは言ってたよ。
『2人して、ピョンピョンと飛んで跳ねて6階の窓に入ってった。1人は裸だし、もう1人は服を着てたので、よく目立ってた』ってね。」
それを聞いて、私は顔を隠しては出来る限り小さくなっていた。
 「穴があったら、入りたい……。恥ずかしいー。」
 
レイは笑ってるが、笑いごとではない。
 「さて、会議に行ってくるか。ジョン?」
 「先に出てください。私は、後で…」
 「ジョン。帰ったら私が磨いてやる。だからっ…」
 「違いますっ。」
 「なにが?」
本音を言うと、言いたくない。
だけど、私は言っていた。
 「まだ17時でしょ?仕事が終わるまで30分あるし…。もう少し温まってから出ます。」
レイは苦笑しながら言ってくる。
 「大丈夫だよ。部屋から出なければいい。」
 「気持ちの問題です。会議、行ってらっしゃい。」
って、言ったのに…。
レイは熱湯シャワーを浴びては、それを私にも掛けてくる。
お蔭で、目がパッチリと覚めた。

シャワーブースから出ると、着替えの服を取りに部屋に行った。
レイが声を掛けてくれた。
 「ほら、ちゃんと服を着ておけよ。」

服を着替えてる最中に、メールが着た音がした。



※※ あさみからの、一言コメント※※
レイの指が、自分の秘孔に入り、シュワルツのを流し出してくれる。
その指に感じてしまうジョン。

そして、レイの言葉に驚いた。
ボスが言っていた、という言葉を聞いたジョンは…。
ええ、そうでしょうね。
私だって、穴があったら入りたいぐらいよ
(*≧m≦*)ププッ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ    
FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ